· 

政治経済:国民所得と経済成長/解説(概略)

1.アルファベット表記と日本語表記の対応

国内総生産(GDP

国民総生産(GNP

国民純生産(NNP

国民所得(NI

 

などの用語(日本語、漢字)と、アルファベットをセットで憶えるために、押さえておくと良いポイントを書いておきます。

 

これは日本語と英語表記とを対応させればわかりやすいです。

 

GDPは、gross domestic product

GNPは、gross national product

NNPは、net national product

NIは、national income

です。教科書には必ず本文中に出てくるアルファベット略称の下に小さく書かれているはずですので、確認してみてください。

 

そして、このアルファベット3文字を、1・2・3文字目と分けて見ていけば、わかりやすく、丸暗記にならずに憶えることができます。

ただし、NIは2文字ですが、1文字目が空白の3文字の用語と考えて下さい。つまり、Nは2文字目、Iは3文字目という扱いです。

 

・1文字目:G/N

まず、1文字目から見ていきましょう。

1文字目は原則としてGかNになります。

grossnet です。ですので、対応する日本語は、は「総」は「純」となります。

 

・2文字目:D/N

次に、2文字目。2文字目は原則としてDかNです

domesticnational ですね。対応する日本語は、は「国内」は「国民」となります。

 

・3文字目:P/I

3文字目はPかIです(他のケースもありますが、後で確認します)。

productはincomeです。対応する日本語は、は「生産」は「所得」です。

 

あとはこれらをパズルのように組み合わせればいいのです(アルファベットの1文字目と2文字目が日本語だと前後するので少し注意が必要です)。

 

GDP

G=gross(総)

D=domestic(国内)

P=product(生産)

なので、

国内総生産」です。

 

GNP

G=gross(総)

N=national(国民)

P=product(生産)

なので、

国民総生産」です。

 

NNP

N=net(純)

N=国民

P=生産

なので、

国民純生産」です。

 

NI

1文字目は無し

N=国民

I=incomeで所得

なので、

国民所得」です。

 

※他にも教科書や資料集には、GNI、GNE、NNWなどが出てきます。これも、以上の原則で対応できます。

 

GNI

G=総

N=国民

I=所得

なので、

国民総所得」です。

 

GNE

が初めて出てくる用語ですが、GとNについてはこれまで通りなので、「国民総○○」という用語なのだと推測できます。

Eはexpenditureで、「支出」の意味です。「国民総○○」の「○○」には「支出」が入るので、GNE国民総支出となります。

 

NNW

これも、W以外はわかりますね。NとNなので「国民純○○」となります。3文字目のWはwelfareで、「福祉」という意味です。したがって、NNWは「国民純福祉となります。

 

このようにして押さえていけば、混乱することもなくなると思います。ついでに英単語の勉強にもなりますね。