政治経済:日本国憲法(概略)

1.大日本帝国憲法(明治憲法)

・発布:1889年2月11日

・主権:天皇主権

法律の留保臣民の権利は法律の範囲内で認める

・その他:統帥権の独立

 

2.日本国憲法

①制定過程

・大日本帝国憲法(明治憲法)の改正という形式をとった

・1945年8月、ポツダム宣言を受諾し降伏

松本案:日本側が憲法改正草案を提示

 →GHQは拒否

マッカーサー草案:GHQが提示

 →日本政府はこれをもとに憲法改正案をまとめる

・帝国議会で審議:一部修正のうえ可決・成立

 

②成立・公布・施行

・公布:1946年11月3日

・施行:1947年5月3日

 

③三大原理

国民主権基本的人権の尊重平和主義

 

④天皇の地位

・天皇は日本国および日本国民統合の象徴

・天皇は国事行為のみを行う

 

⑤日本国憲法の特徴

・国の最高法規

 

⑥改正の手続き

・衆参両議院の総議員の3分の2以上の賛成

→国会が発議

国民投票で有効投票の過半数の賛成

→天皇が公布