· 

政治経済:参政権、請求権(概略)

Ⅰ.概略

1.参政権

・政治に参加する権利

・国家権力の形成・行使に参加する権利

 

2.請求権(国務請求権)

・国家に対して国民が行使できる権利の総称

・基本的人権を確保するための権利

 

 

Ⅱ.参政権と請求権のまとめ

1.参政権

①公務員の選定・罷免権(憲15条①③)

 

国民審査(憲79条)

・最高裁判所の裁判官の罷免権

 

③地方公共団体の長や議員の選挙権・被選挙権(憲93条)

 

地方特別法住民投票(憲95条)

・1つの地方公共団体のみに適用される法律については、地元住民の同意が必要

 →住民投票を実施

 

憲法改正国民投票(憲96条)

※憲法改正の手続きで行われる国民投票

 

 

2.(国務)請求権

請願権(憲16条)

・議会や行政機関に対し、損害の救済や法の改廃を請願する権利

 

国家賠償請求権(憲17条)

・公務員の違法行為により損害を受けた時、国や地方公共団体に損害賠償を請求する権利

 

裁判を受ける権利(憲32条)

・権利や自由を侵害された場合に、公平な裁判により救済を求めることができる権利

 

刑事補償請求権(憲40条)

・刑事事件で身体の拘束を受け、裁判で無罪になった場合、国に補償を求める権利

 


漢字の読み方

 

・罷免:ひめん

 ※辞めさせること、クビにすること

国家賠償請求権:こっかばいしょうせいきゅうけん

刑事補償請求権:けいじほしょうせいきゅうけん