中学理科:力の合成・分解、物体の運動(基礎)


1.2力のつり合い

・1つの物体にはたらく2つの力がつり合う条件

(物体が静止しているとき、2力はつり合っている)

ⅰ.2力の大きさが等しい

ⅱ.2力の向きが反対である

ⅲ.2力が一直線上にある

 

2.力の合成

・合力を求めること

合力…2つの力と同じはたらきをする1つの力

 

①一直線上にある2力の合力

ⅰ.2力が同じ向き

・力の大きさは2力の

・向き:2力と同じ向き 


ⅱ.2力が反対向き

・力の大きさは2力の

・向き:大きい方の力の向き 


②一直線上にない2力の合力

・2力を2辺とする平行四辺形の対角線が合力となる


3.力分解

分力を求めること

分力…1つの力と同じはたらきをする2つの力

 

力の分解の手順(下図参照)

・1. 力Fを分解する向きを決める

・2. 力Fが行四辺形の対角線になるような平行線をかく

3. 分力A分力Bをかく


4.物体の運動

①速さ

・一定時間に物体が動く距離

 

※速さを求める公式

・速さ(m/s) = 動いた距離(m) ÷ 動いた時間(s)

(mはメートル、sは秒)

 

②記録タイマーを使った実験

・テープの長さ:物体の動いた距離

・テープの打点の数:動くのにかかった時間

※1秒間に50打点の場合、5打点で0.1秒

 

例:テープの長さが6.5cm打点数が5の場合の速さを求める

→6.5÷0.1=65 なので、65cm/s (秒速65cm)

 

等速直線運動

・同じ速さで一直線上を動く運動

・記録タイマーの打点数が同じであれば、テープの長さは同じになる

 

 

5.慣性の法則

・静止している物体は静止し続け、運動している物体は同じ速さで移動(等速直線運動)を続ける法則

 

慣性…物体が同じ運動の状態を保とうとすること 


漢字の読み方

合力:ごうりょく

分力:ぶんりょく

慣性:かんせい