· 

中学理科:圧力(基礎)

1.圧力

・単位面積あたりの面に対して垂直にはたらく力

・単位:PaN/m2 N/cm2  など

・公式:圧力=面を垂直におす力 ÷ 力がはたらく面積

 ※Pa=N÷m2 

 

①おす力が同じ場合

面積が小さいほど圧力は大きくなる

例:とがっている方が痛い

 

↓図:ペットボトルの底よりもふたのほうが面積が小さいので、スポンジは深くへこむ

 

②面積が同じ場合

おす力が大きいほど圧力は大きくなる

 

↓図:水が多く入っている分、圧力は大きくなり深くへこむ


2.水圧

水中で あらゆる向きからはたらく圧力

・同じ深さでは水圧も同じ

・水面からの深さに比例して大きくなる

 →深いほど水圧も大きい

 

↓図:深さと水圧

上の図において、ゴム膜のへこみが大きいほど、水圧が強い

 

水圧の大きさは、

D<C

A=B=C

 

①D<Cの理由

Dよりの方が深いので水圧が強くなりの方が大きくへこむ

 

②A=B=Cの理由

→いずれも同じ深さなので、かかる水圧は3か所とも同じ


3.浮力

・水中で物体にはたらく上向きの力

 

 

4.大気圧

・空気の重さによってはたらく圧力

・単位:hPa

 ※1hPa100Pa

 

・海面と同じ高さの大気圧は約1000hPa(=100000Pa)

 →これを1気圧という

 

標高が高くなるにしたがって、大気圧は小さくなる

※標高が高なった分の空気が少なくなるため


漢字などの読み方

圧力:あつりょく

・垂直:すいちょく

N/m2:ニュートンまいへいほうメートル

N/cm2:ニュートンまいへいほうセンチメートル

水圧:すいあつ

・膜:まく

浮力:ふりょく

大気圧:たいきあつ

hPa:ヘクトパスカル

・Pa:パスカル