· 

中学理科:物質の性質と密度/解説(基礎)

1.物体と物質

物体は、物の形や外観に注目した呼び方。

物質は、物体をつくる材料に注目した呼び方。

 

これだけだとちょっと難しいかもしれません。

 

理解しながら覚えるためのコツとしては、

「○○は、××でできている」と言ったときの、○○が物体××が物質です。

 

「コップは、ガラスでできている」ので、コップが物体ガラスが物質、となります。プラスチックでできているのであれば、プラスチックが物質ですね。

 

 

2.金属と非金属

金属には、亜鉛アルミニウムマグネシウムなどさまざまな種類があります。

 

これらの金属には共通した特徴があって、みがくとかがやいてみえます(金属光沢をもつ)。

また、電気をよく通す、引っ張ると細くのびる、たたくとのびてうすく広がる、熱をよく伝えるなどの特徴があります。

これらは、すべての金属に共通した特徴です。これらの条件をすべて満たすのが金属です。

 

なお、磁石にくっつく金属は限られていて、上に列挙した金属の中で磁石につくのはだけです。

磁石につかない金属も多いので注意しましょう。

 

 

非金属は金属以外の物質で、プラスチックガラスゴムなどがあります。

 

ちなみに、えんぴつのしんは電気を通しますが、金属の条件を全部は満たさないので非金属となります。

 

 

3.有機物と無機物

有機物炭素をふくむ物質。無機物炭素をふくまない物質です。

 

有機物は、燃やすと二酸化炭素ができるのが特徴です。砂糖、エタノール、ロウなどがあります。

 

無機物には食塩、金属、二酸化炭素などがあります。二酸化炭素には炭素がふくまれていますが、無機物に分類されるので注意しましょう。一酸化炭素も無機物です。

 

 

4.プラスチック

プラスチックについて、簡単に特徴をおさえておきます。

プラスチックは石油を原料としてつくられる有機物です。金属ではなく、電気も通しません。

 

 

5.密度

理科では計算問題がけっこう出てきます。最初に出てくるのが密度です。

密度とは物質1cm あたりの質のことで、物質によって決まっています。

 

密度は「質量÷体積」で求めることができます。

単位はg/cmです。「グラムまい立法センチメートル」と読みます。

 

ちなみに、単位そのものが計算式を表しています。g/cmというのは、g÷cm、つまり質量÷体積。あるいは「体積 分の質量」ということです(/は分数の横棒)。

 

 

※ついでのついでの話

速さを求める公式も、速さの単位さえ分かっていれば大丈夫です。

速さの単位が「km/h(時)」「m/秒」などとなっていることから、速さ=距離(道のり)÷時間とすぐにわかりますね。あとは式を変形すれば、距離の求め方・時間の求め方も出てきます。

「はじき(みはじ)の法則」とかありますが、無理に暗記する必要はないのです。


漢字の読み方

・物体:ぶったい

・物質:ぶっしつ

・亜鉛:あえん

金属光沢:きんぞくこうたく

・非金属:ひきんぞく

有機物:ゆうきぶつ

無機物:むきぶつ