· 

中学理科:気体の性質と集め方/解説(基礎)

1.さまざまな気体と特徴

中学理科では多くの気体が登場します。ここでは、そのなかでも代表的な気体をかんたんに説明したいと思います。

 

酸素

酸素は物質を燃やすはたらきがあります。酸素を集めたびんの中に火のついた線香を入れると、線香は炎をあげてはげしく燃えます(酸素そのものは燃えません)。

 

酸素は水にとけにくいので、水上置換法で集めるのに適しています。

 

 

二酸化炭素

二酸化炭素の特徴は、石灰水を白くにごらせることです。

 

二酸化炭素は水に少しとけます。

空気より重いので、下方置換法で集めるのが適しています。 

 

 

水素

水素は、空気中で燃えてができる気体です(水素そのものが燃えます)。

 

水素は水にとけにくいので、水上置換法で集めるのに適しています。

 

 

アンモニア

アンモニアは、鼻をさすようなにおいがあります。

アンモニアは水によくとけ、空気より軽いため、上方置換法で集めるのが適しています。

なお、アンモニアの水溶液は、アルカリ性になります

 

 

2.気体の集め方

気体の集め方には3つの方法があります。

 

酸素など、水にとけにくい気体は水上置換法

アンモニアのように、水にとけやすく、空気より軽い気体上方置換法、 

水にとけやすく、空気より重い気体下方置換法が、それぞれ適しています。

 

二酸化炭素下方置換法が適していますが、水に少しとける程度なので、水上置換法で集めることもできます。

 

 

下に、3種類の気体の集め方をイラストにしたものをのせておきますので、確認しておいてください。

 

↓図:気体の集め方 3種類


漢字の読み方

・石灰水:せっかいすい

水上置換法:すいじょうちかんほう

上方置換法:じょうほうちかんほう

下方置換法:かほうちかんほう