· 

中学理科:物質の分解(基礎)


化学変化(化学反応)

・もとの物質とは別の物質ができる変化のこと

 

1.分解

・ある物質が2種類以上の物質に分かれる変化

・もとの物質とは性質が違う

 ※化学変化の1つ

 

熱分解

・物質を加熱して起こる分解

例)炭酸水素ナトリウム酸化銀の熱分解

 

 

電気分解

・電流を流すことで起こる分解

例)水、塩化銅の電気分解

 

2.分解の例(実験)

①熱分解の例

ⅰ.炭酸水素ナトリウム

・炭酸水素ナトリウム→炭酸ナトリウム二酸化炭素

※下図のように行う

結果

・熱した試験管に残った白い個体は、炭酸ナトリウム

・熱した試験管の内側についた液体塩化コバルト紙につけると、赤くなった

 →この液体は

・石灰水は白くにごった二酸化炭素が発生した

 

以上のことから、炭酸水素ナトリウムを熱すると、炭酸ナトリウム二酸化炭素分解されたことがわかった。


ⅱ.酸化銀

・酸化銀→酸素

酸化銀を熱すると、酸素に分解される

 

酸化銀黒色電気を通さない

白色電気をよく通す 


②電気分解の例

ⅰ.

・水→水素酸素

 

※水に少量の水酸化ナトリウムをとかしてから行う

理由電流を流れやすくするため 

結果

陰極(-極):水素が発生

 →火のついたマッチを近づけると、気体がポンと音を立てて燃える

陽極(+極):酸素が発生

 →火のついた線香を近づけると、線香は炎を上げて燃える

 

※気体の体積比は

水素:酸素2:1