· 

中学理科:遺伝の規則性(基礎)

※注意

2017年9月より、日本遺伝学会は、優性を「顕性(けんせい)」、劣性を「潜性(せんせい)」という表現に変更することを決定しました。優性・劣性という表現は、優れた遺伝子・劣った遺伝子という誤解をまねきやすいためです。

これにより、教科書の記述も変更になる可能性がありますので、注意しましょう。新しい中学校の教科書は、2021年(令和3年)度より使用されます。


1.遺伝のしくみ

形質

・生物の特徴となる形や性質のこと

→種子の形が「しわ」「丸」など

 

遺伝

・親の持つ形質が子に伝わること

 

遺伝子

形質を決めるもとになるもの

・細胞の核の染色体にふくまれている

DNA遺伝子の本体である物質

 

2.メンデルの実験と遺伝のしくみ

・遺伝子は必ずになっている

 (AAaaAaなどの組み合わせになっている)

 

①純系の丸い種子と、純系のしわの種子を受粉させる

※丸形純系の遺伝子はAAしわ形純系の遺伝子はaaという組み合わせのになっている

 

・1. AA・aaの遺伝子が減数分裂をする

 →生殖細胞の遺伝子は、丸形はAしわ形はaになる

 

・2. Aaが受精すると、子の遺伝子はすべてAaで形質は丸形になる

 

 

優性の法則

・異なる形質をもつ純系の両親から生まれた子に、一方の親の形質(優性形質)だけがあらわれること

・①の実験では、丸形優性形質、しわ形劣性形質


 

②.①の実験で得られた丸形の子(AaとAa)を受粉させる

孫の遺伝子の組み合わせは、AAAaaaの3通りになる

 (AAとAaが丸形aaがしわ形)

 

・丸形としわ形の割合は、3:1になる。

 (AAが1Aaが2aaが1) 

 

 

劣性形質しわ形は、の世代ではあらわれず、の世代にあらわれる


漢字の読み方

遺伝子:いでんし

DNA:ディーエヌエー

・対:つい