· 

鎌倉幕府の成立(標準)

1.鎌倉幕府の成立過程

※源頼朝の支配権拡大の過程

 

①寿永二年十月宣旨:1183年

後白河法皇源頼朝東海道・東山道の支配権(東国の支配権)を認める

 

②源頼朝の権限拡大1185年

・諸国に守護、荘園・公領に地頭を任命する権限

段別5升の兵粮米を徴収する権限(ただし翌年停止)

在庁官人を支配する権限

 

奥州藤原氏を滅ぼす

・1189年、頼朝自ら軍勢を率いて出陣

※4代目:藤原泰衡

陸奥・出羽の2か国も支配下に

・奥州総奉行を設置

 

④源頼朝が右近衛大将に就任:1190年

 

⑤源頼朝が征夷大将軍に就任:1192年

鎌倉幕府が名実ともに成立

 ※後白河法皇の死去後に就任

 

2.鎌倉幕府の支配機構

①中央

ⅰ.侍所

・御家人の統率、軍事・警察を担当する機関

・初代長官(別当)は和田義盛

 

ⅱ.政所

※はじめは公文所とよばれた

・一般政務を担当する機関

・初代長官(別当)は大江広元

 

ⅲ.問注所

・裁判・訴訟事務を担当

・初代長官(執事)は三善康信

 

②地方

ⅰ.守護

各国に1人、東国の有力御家人を任命

・平時は治安維持・警察権の行使

・戦時は国内の武士を統率

 

大犯三カ条:平時の守護の任務

京都大番役の催促:諸国の御家人に天皇・院の御所の警護をさせる

 謀反人の逮捕

 殺害人の逮捕

 

ⅱ.地頭

・荘園・公領ごとに任命

・年貢の徴収・納入、土地の管理などを任務

 

平家没官領(平家一門の所領。500以上の荘園)を御家人(地頭)に配分

※朝廷が没収し、頼朝(将軍)へ、将軍から御家人へ(地頭に任命され、支配)

 

ⅲ.京都守護

・京都の警備・裁判を担当。幕府-朝廷の仲介

・承久の乱後、六波羅探題に改められる

 

ⅳ.鎮西奉行

・九州の御家人の統率、軍事・警察を担当

 

ⅴ.奥州総奉行

・奥州の御家人の統率、訴訟の取り次ぎを担当

 

③主従関係

・将軍と御家人をつなぐ関係。

・所領を媒介とした主従関係。個別的主従関係

 

ⅰ.御恩

・将軍から御家人へ。主人としての役割

本領安堵…先祖伝来の所領の支配を保障

新恩給与…新たな所領を与える

 

ⅱ.奉公

・御家人から将軍へ。従者としての務め

・戦時:軍役(軍事動員)の負担。「いざ鎌倉」を鎌倉に参集

・平時:京都大番役鎌倉番役(幕府の警護)など

 

封建制度…土地の給与を通じて、主人と従者が御恩と奉公の関係で結ばれる制度

 

3.鎌倉幕府の経済基盤

関東御領

将軍が所有する荘園

平家没官領500か所以上

 

②関東知行国(関東御分国)

将軍の知行国

・有力御家人を国司に任命

・最大時9か国 


漢字の読み方

 

・寿永二年十月宣旨:じゅえいにねんじゅうがつせんじ

・東山道:とうさんどう

・段別5升:たんべつごしょう

兵粮米:ひょうろうまい

・在庁官人:ざいちょかんじん

・藤原泰衡:ふじわらのやすひら

・陸奥:むつ

・出羽:でわ

・奥州総奉行:おうしゅうそうぶぎょう

・右近衛大将:うこのえたいしょう

征夷大将軍:せいいたいしょうぐん

 

侍所:さむらいどころ

・別当:べっとう

和田義盛:わだよしもり

政所:まんどころ

・公文所:くもんじょ

大江広元:おおえのひろもと

問注所:もんちゅうじょ

・執事:しつじ

三善康信:みよしのやすのぶ

 

大犯三カ条:だいぼんさんかじょう

・京都大番役:きょうとおおばんやく

謀反人:むほんにん

殺害人:さつがいにん 

・平家没官領:へいけもっかんりょう

六波羅探題:ろくはらたんだい

・鎮西奉行:ちんぜいぶぎょう

御恩:ごおん

・本領安堵:ほんりょうあんど

・新恩給与:しんおんきゅうよ 

奉公:ほうこう

 ※「奉行」と書くミスが多い。「奉行」だと「ぶぎょう」である

・鎌倉番役:かまくらばんやく

封建制度:ほうけんせいど

 

関東御領:かんとうごりょう

・関東知行国:かんとうちぎょうこく

・関東御分国:かんとうごぶんこく

 


↓タップ・クリックしていただけますと励みになります

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ