作成者のプロフィール

こんなページまで見て下さってありがとうございます。管理人の堀井博道といいます。

 

簡単にまとめようと思っていましたが、書いているうちにどんどんと長くなってしまいました。。文字ばかりですが興味のある方は読んでみてください。

 

◆1.小・中学校~高校受験

私は生まれも育ちも埼玉県です。小学校ではほとんど勉強しませんでしたが、単元が終わるたびに行われるテストでは85~100点くらい。5段階評価で4~5は取れていました。図工や家庭科などは3が多かったと思います。

 

中学校ではそれなりに勉強しました。学年が8クラス・310人くらいいて、定期試験の順位は最高で16位、最低で64位だったと記憶しています。埼玉県の人ならご存じの北辰テストでは(公立高校入試に合わせた模試のようなものです)、5教科で偏差値71.6くらい、3教科で70.7が最高でした。学校の定期試験よりも、模試の方ができていましたね。

 

基礎をがっちりかためていたこともあって、高校受験では第一志望の県立浦和高校に合格することが出来ました。とはいえ、ギリギリの合格でした。

多くの人が併願して合格する県内の私立高校には不合格でした。応用的な内容はほとんど対策しなかったし、やっても理解できなかったためです。中学校の先生から公立合格を期待されなかったのも当然かもしれません。

 

「公立高校に落ちて、すべり止めの私立に進学」というのはよくあるパターンですが、自分はその逆でした。正直なところ、私はそのよくあるパターンが当時は理解できませんでした。公立高校の入試は基礎基本の内容が中心なので、そこをしっかり押さえておけば点数は取れるだろう、と。

もちろん公立入試でも応用的な内容は出題されますし、最難関校受験者であっても全教科満点なんて人はまずいません。ですので、公立入試では1つ1つの問題で確実に点を取り、失点しないことが重要になってきます。

 

 

◆2.高校に入学して落ちこぼれる

高校に入ってからは、勉強をしなくなりました(当時はわかりませんでしたが、自分の性格は怠け者のようです)。「勉強しろ」と口うるさく言ってくる学校ではないこともあり、勉強ではほとんど頑張ることはありませんでした。一口に進学校といっても、受験塾のように学校がビシビシやってくれるところもあれば、学校は放任で生徒が自主的に頑張って(浪人して)合格している学校もあります。前者は受験刑務所とか受験少年院なんて言われることもあるそうですね。。

 

在学中は、定期試験の直前になって、赤点を取らぬよう、留年しないよう、間に合わせで対策する程度でした。当然、定着しないですし、試験が終わったら全て抜けていきます 

 

学年は1クラス42人が10クラスで420人。1年生の1学期末試験はクラス順位が41位でした。夏休み明けの実力試験では、学年順位が404番か408番くらいだったと思います。このとき思ったのは、「これじゃダメだ。勉強しなくちゃ…」という反省ではなく、「俺より下がいるのか…!」という驚きでした。 結局、3年間の評定平均は5段階で2.9でした。

 

3年生の夏休みから、ようやく勉強らしい勉強を始めるようになりました。この時、初めて大手予備校の全国模試を受けたのですが、全教科の偏差値は40台になっていました。高校受験時には全県偏差値は70ちょっとあったのですが…。

 

また、このとき気づいたことは、いくら勉強しても翌日には頭にほとんど残っていなかった、ということです。理解力・記憶力が驚くほど低下していました。勉強が苦手な人の気持ちが具体的に想像できるようになりました。「やってもすぐ忘れちゃう→だからやらない。やる気も起きない」なのかな、とか。

 

 

◆3.浪人生になる

成績が悪いくせに望みだけは高いので、当然のごとく大学は全て不合格で浪人となりました。で、家から一番近い予備校に通いました。しかし・・・当時の自分はせいぜい偏差値が50くらいしかないのに、最難関の大学向けの授業を受けるとどうなるか。 

授業を理解するための基本的な勉強が必要となるので、授業の予習はおろか復習もほとんどやらなくなりました。2学期には出席しない授業も増えていきました。さぼっているつもりはなく、自分の成績を上げるためにベストだと思った選択をしていたつもりでした。

 

また、当時は「こうやれば効率がいい」とか考えることもなく、根性ばかりでひたすら勉強に打ち込んでいました。高校では運動はけっこうさせられたので体力はあったから無理ができたのでしょう。とはいえ、1週間~1か月くらいやる気が出ないこともありました。ムダ・ムラが多すぎました。。

 

こういう勉強のサイトを運営したり勉強法を発信したりしている人たちは、みなさん「試行錯誤しながら独自の勉強メソッドを確立し、成績が急上昇! 一気に志望校突破!」といったストーリーをお持ちなのですが、私の場合はまったくそんなことはなく、奇跡の逆転劇みたいな話は起こりませんでした。私はそのような逆転ストーリーを読むと「すごいなあ。自分とは違うな。自分には無理だ」と思ってしまう側の人間です。

まして当時の自分には、このサイトでススメている、「まずは全体をざっくり学んだ方が絶対に良い」ということなど、まったく思いもつきませんでした。根性論で頑張って、ときどきサボって、また頑張ってのくり返しでした。

 

さて、本当に成績が上がったのを実感したのは、9月頃です。成績が上がった実感を得るまで、高3の夏から1年以上かかってしまいました。9月の模試で手ごたえを感じ、成績優秀者として初めて名前が載りました(3教科で偏差値68.6でした(英語68.1、国語70.0、日本史67.8)。その模試は最後に数学もあったのですが、面倒だったので帰ってしまいました)。

いわゆるGMARCHくらいの大学なら受かるかな、二浪しなくて済むな、とホッとしたのを覚えています。

 

2度目の大学受験ではGMARCHを2つ(うち1つはセンター利用。不合格…)、慶應大学、あと国立の4つを受けました。 

年が明けて受験。「受かるわけないだろ」という気持ちで臨んだ慶應義塾大学文学部の入試。毎年2月15日に実施されます。10日後には国立大学の試験があるので、「休んで家で勉強していたい」とすら思っていました(GMARCHの大学の1つに受かっていたので、国立がダメならそこに行けばいいやと思っていました)。

 

慶應大学文学部の入試は、英語の試験で辞書が2冊持ち込めます。合法的にカンニングし放題です。ひたすら辞書を引きまくりました。また、国立大学の対策が功を奏したようで、文章記述形式問題が思いのほか解けました。プレッシャーもゼロだったので普段以上の実力が発揮されたのか、「意外といけるかも」という感じがしました(ちなみに、12月31日にあった慶應の模試ではD判定でした(A~E判定でEが最低)。小論文の偏差値は39.1。最近その模試結果を久しぶりに見ることがあって、「これ、採点者がおかしいだろ!」と思いました。と同時に、受験生の当時も模試結果を見て同じ感想を抱いたのを思い出しました)。

 

結局、慶應大学の文学部に補欠合格でした。国立には案の定不合格。2勝2敗。ということで、慶應に入ることに。慶應のための勉強はほとんどしていなかったので(国立向けの勉強が結果的に慶應にも役に立った、という感じです)、自分の受験勉強は何だったんだろうという気持ちもありました。。ちなみに早稲田大学には絶対に受からないとわかっていたので、受験はしませんでした。

 

 

◆4.大学生になるが

一生懸命に勉強する必要がなくなってしまったので、大学では単位認定試験以外ではほとんど勉強しませんでした。。「○○の資格を取ろう」などと何か目標を立ててはみますが、三日坊主にもならずに飽きてしまうことのくり返しでした。

 

学生の時は学習塾でのアルバイトのほか、受験情報誌(分厚い中学・高校案内の本)の校正を手伝うアルバイトもしていました。大学内の単位認定試験が終わる1月末くらいから翌年度の始まる4月初めくらいまで、平日だと1日10時間前後は入っていました。この時期で1年間のバイト代の大部分をかせいでいました。

 

大学では教員免許も取りました。ふと3年生に進級する段階で思い立って、教職課程を受講しました。授業を無理くり詰め込んで、4年生までの2年間で社会と国語の免許を取ることができました。

とはいえ先生になりたいなどとはこのとき全く考えていませんでした。「取っておくか」といった気持ちになったので、教員免許取ってみたという感じです。


就職後

 学校を出てからは、塾を母体とする教育産業の会社に就職しました。日中は塾用テキストの作成・編集をするのがおもな仕事で、時期によってはDVD教材の監修なども担当しました。夕方以降になると、教室に移動して、塾の先生として生徒の指導にあたっていました。

 

◆1.長時間労働の毎日・・・

 最初の数か月は本当にしんどかったです。「塾」なので仕事の時間は午後1時から10時まで、間に1時間の休みで8時間労働、ということになっていたのですが、塾の授業で3時間くらいとられるため、テキスト製作は実質5時間しかできません。しかしそんな短い時間では締め切りに間に合わないので、出勤時間がだんだんと早くなり、だいたい8時前後~9時前には出勤することにしました。入社後2週間くらいです(当時は働き方改革とかなかったので)。

 早く出社したぶん早く帰れるということもなく、8~9時から23~24時まで仕事をしていました。1時間休んだとしても13~15時間働いていたことになりますね。。だいたいテキストの原稿の締め切りが金曜日発送だったのですが(毎日宅配便業者のお兄さんが事務所に取りに来る)、それに間に合わない場合は土曜日に出勤して作業して、昼から夕方くらいに宅配業者の営業所に持ち込んで発送してもらいました。

 こんな感じで、月曜日から金曜日までは毎日14時間前後働き、本来は休日の土曜日も朝から出勤して夕方くらいまで、場合によっては1日中作業をしていました。友達との飲み会の約束があっても最初の半年間はほとんど行ってなかったと思います。若いとはいえ疲労はたまるので、日曜日は家で寝てばかりいました。

 きつい毎日でしたが、「なんてひどいブラック企業なんだ」などとは思っていませんでした。社畜と言われればそうかもしれませんが、やりたい仕事でもあったので充実はしていました。精神的ストレスもありましたが、もっぱら体力面での疲れが大きかったです。

 このときの「わかりやすいテキスト」「読むだけで成績が上がるテキスト」を目指して頑張っていた経験が、その後の学校での授業プリントの作成や、このサイトの作成につながっていることは間違いありません。

 

◆2.表彰される

 入社から5か月後に、ボーナスの支給がありました。ボーナスそのものは各社員の銀行口座に振り込まれるわけですが、支給時期に合わせて会社全体で集まるイベントがありました。その際に社員全体の前で表彰も行うのですが、受賞者の発表は社長がその場で名前を言って初めて知らされます。そこで私が「社長賞」を受賞しました。そもそもそんな賞の存在も知らなかったし、まさか自分がという思いでした。実際、受賞するのは現場(塾)で働いている人ばかりだったそうです。

 また、聞いた話では入社半年未満で受賞するのは最速とのことでした。先輩社員が「頑張っていれば誰かが見てくれるというのは本当なんだな」と、よく聞く話をそのまんまつぶやいていましたが、苦労が報われたと思いました。

 

◆3.二刀流になる

 そんな感じで何年か経った頃、学校で教えたい、と思うようになりました。上司に相談し、会社とも話し合った結果、いったん会社を退職して個人事業主となったうえで、引き続きテキストの作成の仕事を請け負いつつ、非常勤講師として学校でも教える、という働き方になりました。

 大学で「なんとなく」の気持ちで取得していた教員免許が役に立つときがきたわけです。