· 

文化・文政時代、天保の改革

文化・文政時代(大御所時代)

・11代将軍徳川家斉の治世(約50年間)

大御所政治:1837年、12代将軍徳川家慶に将軍職をゆずるが、退任後も大御所として実権掌握

 

1.文化年間(1804~18年)

・寛政の改革路線(質素倹約)は維持された

 

2.文政年間(1818~30年)

・放漫財政:品位の劣る文政小判の発行により、幕府財政は好転

→将軍・大奥の生活の華美化、幕府財政の圧迫

・商人の経済活動の活発化、化政文化の起こり

 

3.治安維持

・特に関東の農村で無宿者や博徒らによる治安の悪化

 

関東取締出役の設置:1805年

・関八州を巡察、領主の区別なく逮捕が可能

※幕領・私領等にとらわれず、広域的な警察活動が可能に

 

寄場組合改革組合村)の設置:1827年

・関東の全農村に対し、幕領・私領・寺社領を問わず近隣の村々で結成させた組合村

→関東取締出役の配下に置かれ、地域の治安維持等にあたる

 

4.天保の飢饉(1833~39年)と混乱

百姓一揆の発生

・1836年、甲斐国で郡内騒動郡内一揆):80カ村・1万人

・1836年、三河国で加茂一揆:240カ村・1万2000人

※いずれも幕領で発生

 

大塩の乱

・1837年、大坂町奉行所の元与力で陽明学者大塩平八郎が反乱

・大塩は隠退して家塾洗心洞を主宰、門弟に陽明学を講義

→反乱は半日で鎮圧されたが、直轄地で幕府の元役人が起こした反乱に衝撃が走る

 

③全国への波及

生田万の乱:「大塩門弟」と称して越後柏崎で代官所を襲撃

・大塩の乱に共鳴する百姓一揆の頻発

・幕府の対応(江戸):救い小屋を設け、江戸で打ちこわしは起こらず

 

5.モリソン号事件

①事件の概要

・1837年、通商要求と漂流民を送り届けに来たアメリカ船モリソン号を、異国船打払令にもとづき砲撃した事件

 

②幕府への批判

渡辺崋山:著書『慎機論

高野長英:著書『戊戌夢物語

 

蛮社の獄

・1839年、幕府を批判した渡辺崋山と高野長英を処罰

・渡辺崋山は永蟄居、高野長英は永牢

 

6.天保の改革

①特徴

・老中水野忠邦による改革

大御所徳川家斉の死後、1841~43年に実施

※12代将軍徳川家慶の時期

・背景:財政難と内憂外患

※内憂:大塩の乱

 外患:モリソン号事件

 

②改革のおもな内容

ⅰ.倹約令・風俗取締令

・高価な菓子・料理の禁止

・歌舞伎劇場(江戸三座)を浅草のはずれに移転

人情本作者為永春水合巻作者柳亭種彦の処罰

※寛政の改革で処罰されたのは、洒落本作者山東京伝、黄表紙作者恋川春町

 

ⅱ.株仲間解散令

・物価上昇の原因は株仲間による流通の独占にあると判断し、十組問屋などの株仲間を解散させる

・結果:江戸への商品輸送量が減少して逆効果に終わる

→1851年、株仲間再興令が出され、株仲間再結成

 

ⅲ.人返しの法

・百姓の出稼ぎ禁止

・江戸流入の貧民の帰郷を強制

 

ⅳ.棄捐令

・旗本・御家人の救済が目的

・札差らに低利の貸し付けを命じる

※寛政の改革でも発令

 

ⅴ.三方領知替

・武蔵川越藩を出羽庄内藩へ、庄内藩を越後長岡藩へ、長岡藩を川越藩へ領地入れ替え

領民の反対などにより撤回

 

ⅵ.上知令

・江戸・大坂周辺の領地約50万石分の直轄化を命じた

・財政の安定、対外防備の強化のため

→大名・旗本の反対で撤回

※幕府権力の衰退、幕府に対する藩権力の自立を示す結果

・これを機に水野忠邦失脚

 

ⅶ.印旛沼掘削工事

・水野忠邦の失脚で中止

※田沼の政治では印旛沼・手賀沼の干拓(失敗)


漢字の読み方

徳川家斉:とくがわいえなり

徳川家慶:とくがわいえよし

文化:ぶんか

文政:ぶんせい

化政文化:かせいぶんか

関東取締出役:かんとうとりしまりしゅつやく

・関八州:かんはっしゅう

 ※関東の8カ国のこと

寄場組合:よせばくみあい

・改革組合村:かいかくくみあいむら

 

天保の飢饉:てんぽうのききん

郡内騒動:ぐんないそうどう

加茂一揆:かもいっき

・与力:よりき

陽明学者:ようめいがくしゃ

大塩平八郎:おおしおへいはちろう

・洗心洞:せんしんどう

生田万:いくだよろず

・柏崎:かしわざき

 

渡辺崋山:わたなべかざん

 ※華:× 崋:○

慎機論:しんきろん

高野長英:たかのちょうえい

戊戌夢物語:ぼじゅつゆめものがたり

蛮社の獄:ばんしゃのごく

・永蟄居:えいちっきょ

・永牢:えいろう

 

天保の改革:てんぽうのかいかく

水野忠邦:みずのただくに

内憂外患:ないゆうがいかん

人情本:にんじょうぼん

為永春水:ためながしゅんすい

・合巻:ごうかん

柳亭種彦:りゅうていたねひこ

洒落本:しゃれぼん

・山東京伝:さんとうきょうでん

・黄表紙:きびょうし

・恋川春町:こいかわはるまち

株仲間解散令:かぶなかまかいさんれい

十組問屋:とくみといや

株仲間再興令:かぶなかまさいこうれい

人返しの法:ひとがえしのほう

・棄捐令:きえんれい

三方領知替:さんぽうりょうちがえ

上知令:じょうちれい(あげちれい)

・印旛沼掘削工事:いんばぬまくっさくこうじ