· 

幕府の動揺、応仁の乱(標準)

1.4代将軍足利義持の時代

※在職:1394~1423年

日明貿易(勘合貿易)の中断

 →6代将軍足利義教のときに再開

 

・1416年、上杉禅秀の乱:前関東管領上杉禅秀による反乱。幕府が鎮圧

 

2.土一揆の発生

正長の徳政一揆(土一揆):1428年

※代初めの徳政(6代足利義教) 

近江の馬借が徳政(借金の帳消し)を求めて蜂起

・京都近郊の農民たちも京都の土倉酒屋を襲った

 ※襲われた理由:土倉や酒屋は高利貸しを営んでいたため

 

・史料

柳生徳政碑文:「正長元年ヨリサキ者(は)カンヘ四カンカウ(神戸4カ郷)ニヲヰメ(負い目)アルヘカラス」

→『大乗院日記目録』:「日本開闢以来、土民蜂起是れ初め也」

 

②播磨の土一揆:1429年

・播磨で発生。赤松氏の家臣の国外追放を要求

・守護赤松満祐が鎮圧   

 

3.6代将軍足利義教の時代

※在職:1429~1441年

・専制政治を展開

 

永享の乱:1438年

・背景:鎌倉公方足利持氏と関東管領上杉憲実の対立

足利義教は上杉氏を支援し、足利持氏を討伐

 

結城合戦:1440年

結城氏朝が足利持氏の遺児を担いで挙兵するが鎮圧される

 

嘉吉の変:1441年

・有力守護赤松満祐が将軍足利義教を暗殺

→幕府の権威が動揺。幕府の実権が有力守護に移る

 

嘉吉の徳政一揆(土一揆):1441年

・6代将軍足利義教の死後、京都で発生

・「代始めの徳政」を要求 

・幕府はついに徳政令を発令し、一揆は終息

 

4.8代将軍足利義政の時代

※在職:1449~1473年

 

享徳の乱:1454年

ⅰ.概要

鎌倉公方足利成氏(足利持氏の子)が上杉憲忠を殺害

 

ⅱ.鎌倉公方の分裂

古河公方足利成氏下総古河に逃れて反抗を継続

堀越公方:上杉氏が将軍足利義政の兄弟足利政知伊豆堀越に迎えた

 ※関東はいちはやく戦国時代に突入

 

応仁の乱:1467~1477年

ⅰ.背景:将軍の跡継ぎをめぐる争い

足利義政とその妻日野富子には男子がいなかった

→義政は弟の足利義視を還俗させて将軍の後継ぎとした

→翌年、日野富子に男子(足利義尚)が誕生。家督をめぐる争いに

→さらに有力守護大名の細川勝元山名持豊(宗全)が介入して対立、その他の守護大名もからんで応仁の乱が起こる

※9代将軍には足利義尚が就任

 

ⅱ.西・東両軍の対立関係

※1468年ごろ

・西軍総大将・山名持豊(宗全)VS 東軍総大将・細川勝元

 ※両者とも1473年没

・足利将軍家:足利義視 VS 足利義政足利義尚

・斯波氏:斯波義廉 VS 斯波義敏

・畠山氏:畠山持国畠山義就 VS 畠山持富畠山政長

↑左が西軍、右が東軍

 

③応仁の乱の影響

足軽の登場:軽装で機動力に富む。略奪も行った 

・将軍権威の失墜

・京都の荒廃

 →公家が戦火を逃れて地方に移住し、中央の文化が地方に波及

  例)大内氏の城下町・山口の繁栄  

・各地に争乱が波及:日本は戦国時代

 

5.下剋上の風潮と一揆

下剋上…下の者が実力で上の者をしのぐこと。伝統的権威を否定する社会的風潮

・各種一揆の発生、戦国大名の登場、戦国時代の幕開けなどに象徴される

 

山城の国一揆:1485年

・応仁の乱終結後も両派に分かれて争っていた畠山氏(畠山義就、畠山政長)を追放

・1493年まで、8年間にわたる南山城の自治を実現 

 ※史料:『大乗院寺社雑事記

 

加賀の一向一揆:1488年

・加賀の一向宗浄土真宗)門徒が国人と結び、守護の富樫政親をほろぼす

 ※蓮如兼寿)の布教による勢力の拡大が背景にあった

 →約100年にわたる自治を実現

・1580年、織田信長に制圧され、石山本願寺が降伏


↓よろしければタップ・クリックをお願いします

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ

 

漢字の読み方

 

足利義持:あしかがよしもち

・上杉禅秀:うえすぎぜんしゅう

・土一揆:つちいっき(どいっき)

正長の徳政一揆(土一揆):しょうちょうのとくせいいっき(つちいっき)

近江:おうみ

・馬借:ばしゃく

・土倉:どそう

・酒屋:さかや

・柳生徳政碑文:やぎゅうとくせいひぶん

・大乗院日記目録:だいじょういんにっきもくろく

・開闢:かいびゃく

・播磨の土一揆:はりまのつちいっき

・赤松満祐:あかまつみつすけ

 

足利義教:あしかがよしのり

永享の乱:えいきょうのらん

足利持氏:あしかがもちうじ

上杉憲実:うえすぎのりざね

結城合戦:ゆうきかっせん

・結城氏朝:ゆうきうじとも

・遺児:いじ

嘉吉の変:かきつのへん

嘉吉の徳政一揆(土一揆):かきつのとくせいいっき(つちいっき)

 

足利義政:あしかがよしまさ

享徳の乱:きょうとくのらん

足利成氏:あしかがしげうじ

・上杉憲忠:うえすぎのりただ

古河公方:こがくぼう

堀越公方:ほりごえくぼう

足利政知:あしかがまさとも

応仁の乱:おうにんのらん

日野富子:ひのとみこ

足利義視:あしかがよしみ

足利義尚:あしかがよしひさ

細川勝元:ほそかわかつもと

山名持豊(宗全):やまなもちとよ(そうぜん)

・斯波義廉:しばよしかど

・斯波義敏:しばよしとし

・畠山持国:はたけやまもちくに

・畠山義就:はたけやまよしひろ(よしなり)

・畠山持富:はたけやまもちとみ

畠山政長:はたけやままさなが

足軽:あしがる

 

下剋上:げこくじょう

山城の国一揆:やましろのくにいっき

・大乗院寺社雑事記:だいじょういんじしゃぞうじき

加賀の一向一揆:かがのいっこういっき

富樫政親:とがしまさちか

蓮如(兼寿):れんにょ(けんじゅ)

・石山本願寺:いしやまほんがんじ