· 

室町幕府(標準)

1.足利義満の政治

第3代将軍。在職1368~1394年

・幕府の全盛期を築く

 

①「室町幕府」の成立

・1378年、京都の室町に壮麗な邸宅花の御所)を建設

室町幕府と呼ばれる

 

南北朝の合体(合一)

・1392年、南朝の後亀山天皇が京都に帰る

 →北朝の後小松天皇に譲位。南北朝が統一

 

③有力守護大名の討伐

ⅰ.土岐康行の乱:1390年

・美濃・尾張・伊勢の3カ国の守護を兼ねる土岐康行を討伐

 

ⅱ.明徳の乱:1391年

・11カ国の守護を兼ね、「六分一衆」とよばれた山名氏の内紛に介入

山名氏清を滅ぼす。山名氏の領国は3カ国に削減

 

ⅲ.応永の乱:1399年

・6カ国の守護を兼ねる大内義弘を滅ぼす

 

④北山文化

・1397年、鹿苑寺金閣を建立

 

⑤外交・貿易

・1401年、日明貿易開始

→1404年、勘合貿易開始

 

⑥天皇権威の利用

・1407年、自分の妻を天皇の准母(天皇の名目上の母)とした

・義満死後、朝廷は太上法皇の尊号を与えようとするが4代将軍足利義持が辞退

 

2.室町幕府の機構

①中央

管領…将軍の補佐。その他の中央機関を統轄

三管領細川斯波畠山の足利氏一族3氏が交代で管領に任命された

 

侍所政所問注所評定衆などは鎌倉幕府に引き続き設置

四職赤松一色山名京極の4氏が侍所長官(所司)に任命された

 

②地方

ⅰ.守護

・有力守護は在京し、幕府に出仕

→そのため、地元に守護代を置いて領国経営にあたらせた

※室町幕府の守護は守護大名とも呼ばれる

 

ⅱ.鎌倉府

・足利尊氏が鎌倉に設置

鎌倉公方:鎌倉府の長官

 →尊氏の子足利基氏が初代鎌倉公方に就任

東国10カ国を支配:関東8カ国+伊豆・甲斐

 →のち陸奥・出羽も加えて12カ国

・鎌倉府の権限は非常に大きく、しばしば京都の幕府と対立

 

ⅲ.関東管領

・鎌倉公方の補佐役

上杉が世襲した

※鎌倉府・関東管領の下にも侍所・政所・問注所・評定衆などが置かれた

 

ⅳ.九州探題

・九州の守護大名の統制、南朝の勢力討伐を任務

・1371年、今川了俊今川貞世)が就任

 

ⅴ.奥州探題

・陸奥の軍事・民政を担当

 

ⅵ.羽州探題

・奥州探題から分立

・出羽国の軍事・民政を担当

 

3.室町幕府の経済基盤 

御料所

・室町幕府の直轄領

→将軍の直轄軍である奉公衆が管理

 

②日明貿易(勘合貿易)

・朝貢形式で明側の負担が大きく、幕府は大きな利益を得た

 

③さまざまな税

※幕府は多くの収入源を確保。荘園(土地)からの年貢よりも、貨幣経済の浸透を背景に銭貨の徴収が増える

 

土倉役倉役)…京都の高利貸し業者・土倉に課した税

酒屋役…奈良や京都の酒造業者に課した税

 

関銭…交通の要所に関所を設けて徴収した通行税

津料で徴収する入港税

 

段銭田畑一段ごとに課された土地税。臨時に徴収

棟別銭家屋の棟数に応じて課された家屋税。臨時に徴収

 

分一銭…徳政令発令の際、債務の一部だけを幕府に納めさせた


↓よろしければタップ・クリックをお願いします

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ

 

漢字の読み方

 

足利義満:あしかがよしみつ

花の御所:はなのごしょ

南北朝の合体(合一):なんぼくちょうのがったい(ごういつ)

・後亀山天皇:ごかめやまてんのう

・後小松天皇:ごこまつてんのう

・土岐康行の乱:ときやすゆきのらん

明徳の乱:めいとくのらん

・六分一衆:ろくぶんのいちしゅう

山名氏清:やまなうじきよ

応永の乱:おうえいのらん

大内義弘:おおうちよしひろ

北山文化:きたやまぶんか

鹿苑寺金閣:ろくおんじきんかく

日明貿易:にちみんぼうえき

勘合貿易:かんごうぼうえき

准母:じゅんぼ

太上法皇:だいじょうほうおう

足利義持:あしかがよしもち

 

管領:かんれい

三管領:さんかんれい

細川:ほそかわ

斯波:しば

畠山:はたけやま

四職:ししき

赤松:あかまつ

一色:いっしき

山名:やまな

京極:きょうごく

・所司:しょし

守護代:しゅごだい

鎌倉府:かまくらふ

鎌倉公方:かまくらくぼう

足利基氏:あしかがもとうじ

関東管領:かんとうかんれい

九州探題:きゅうしゅうたんだい

今川了俊今川貞世):いまがわりょうしゅん(いまがわさだよ)

奥州探題:おうしゅうたんだい

羽州探題:うしゅうたんだい

 

御料所:ごりょうしょ

・直轄領:ちょっかつりょう

奉公衆:ほうこうしゅう

 

土倉役倉役):どそうやく(くらやく

酒屋役:さかややく 

関銭:せきせん

津料:つりょう 

段銭:たんせん

棟別銭:むなべつせん(むなべちせん)

分一銭:ぶいちせん