· 

室町時代の外交・貿易(標準)

1.元との貿易

※私貿易。国交なし

 

建長寺船

・1325年、鎌倉幕府(当時の執権は北条高時)が派遣

・目的:建長寺修造の費用を得るため

 

天龍寺船

・1342年、足利尊氏・直義兄弟が夢窓疎石のすすめにより派遣

・目的:後醍醐天皇の冥福を祈るための天龍寺建立の費用を得るため

 

2.倭寇の台頭

倭寇…対馬・壱岐・肥前松浦地方などを根拠地とする海賊集団

 

前期倭寇

日本人中心

14世紀(南北朝の動乱期)に活動

足利義満が取り締まり、日明貿易の開始とともに沈静化

 

後期倭寇

中国人中心

日明貿易の断絶後16世紀後半に活動

豊臣秀吉が海賊取締令で禁止

 

3.の成立と貿易

・1368年、朱元璋太祖洪武帝)が建国した、漢民族の王朝

・明は中国を中心とする国際秩序の回復をめざす

 →日本に対し、倭寇の禁止通交を求める

 

日明貿易の開始

・1401年、明の呼びかけに応じた足利義満が使者を派遣

※正使:僧祖阿

 副使:博多商人肥富

 

・貿易の形態は朝貢貿易

・各国の「国王」が、明の皇帝に朝貢する

 →足利義満が明の皇帝から日本国王と認められ、貿易を許される

・滞在費・運搬費は明が負担したため、日本側に大きな利益をもたらす

 

勘合貿易の開始:1404年~

・明との貿易に勘合を使用

勘合:明から交付され、倭寇と正式な貿易船を区別するために使用

・輸出品:武器・武具類、工芸品、鉱産物(硫黄

・輸入品:銅銭生糸、書籍、書画、陶磁器など

 

③貿易の中断と再開

・4代将軍足利義持が朝貢形式を嫌って中止

・6代将軍足利義教のときに再開

 ※貿易による利益を重視。貿易の利益は幕府の重要財源の1つ

 

④日明貿易の変化

・15世紀後半以降、幕府の衰退にともない貿易の実権が移行

 商人と結んだ細川

 博多商人と結んだ大内

→両者は対立し、1523年、寧波の乱で衝突。勝利した大内氏が貿易を独占

 

・16世紀半ば、大内氏が滅亡(下剋上で滅ぼされる)

 →日明貿易は断絶後期倭寇の出現を招く

 

4.朝鮮の建国と日朝貿易 

・1392年、李成桂が高麗を倒して朝鮮を建国

 →日本に倭寇の禁止と通交を求め、足利義満がこれに応じて国交開始

 

日朝貿易

・朝鮮は三浦富山浦乃而浦塩浦)の3港を開港して日本と貿易

倭館:三浦と首都の漢城に設置。日本の使節の接待と貿易に使用された

・輸出品:硫黄、蘇木・香木など

・輸入品:木綿を中心とする織物類、大蔵経など

 

・1419年、応永の外寇:朝鮮軍が対馬を倭寇の本拠地とみなして襲撃

→貿易が一時中断

 

三浦の乱

・1510年、三浦に住む日本人が、与えられていた特権の縮小に不満を持ち暴動を起こす

 →以後、日朝貿易は衰退

 

5.琉球

①三山の対抗と統一

北山中山南山の3勢力が争う。それぞれ明に朝貢

→1429年、中山王尚巴志が三山を統一し、琉球王国を建国

 

②琉球王国の繁栄

・首都:首里

中継貿易で栄える:明、日本、朝鮮、東南アジア諸国との貿易を展開

・引き続き明に朝貢

→明滅亡後は清に朝貢

 

6.蝦夷ヶ島

・現在の北海道南部

 

和人の進出と交易、対立

アイヌ…古くから北海道に住む人々。漁労・狩猟、交易を生業とする

 ※鎌倉時代は安藤(安東)氏と交易

…土塁や空濠で囲まれた小規模な城砦 

道南十二館:12あった和人の城館。アイヌとの交易や領域支配の拠点とした

 例)志苔館:現在の函館市。約37万枚の中国銭が出土 

 

・1457年、大首長コシャマインの蜂起:不利な交易・圧迫への不満から

  →和人居住地の大部分を攻め落とすが、蠣崎が鎮圧

 

②その後の蝦夷地

蠣崎氏が道南地域の和人居住地を支配

蠣崎氏は江戸時代に松前となり、蝦夷地を支配する大名に成長 


↓よろしければタップ・クリックをお願いします

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ

 

漢字の読み方

 

建長寺船:けんちょうじせん

天龍寺船:てんりゅうじせん

・夢窓疎石:むそうそせき

倭寇:わこう

対馬:つしま

・壱岐:いき

・肥前松浦:ひぜんまつら

:ミン

・朱元璋:しゅげんしょう

・太祖洪武帝:たいそこうぶてい

日明貿易:にちみんぼうえき

・祖阿:そあ

・肥富:こいつみ

日本国王:にほんこくおう

勘合貿易:かんごうぼうえき

・硫黄:いおう

銅銭:どうせん

・生糸:きいと

足利義持:あしかがよしもち

足利義教:あしかがよしのり

寧波の乱:ニンポーのらん

 

李成桂:りせいけい

朝鮮:ちょうせん

日朝貿易:にっちょうぼうえき

三浦:さんぽ

・富山浦:ふざんほ

・乃而浦:ないじほ

・塩浦:えんぽ

倭館:わかん

・木綿:もめん

・大蔵経:だいぞうきょう

応永の外寇:おうえいのがいこう

三浦の乱:さんぽのらん

 

・北山:ほくざん

・中山:ちゅうざん

・南山:なんざん

尚巴志:しょうはし

琉球王国:りゅうきゅうおうこく 

・首里:しゅり

中継貿易:なかつぎぼうえき

・蝦夷ヶ島:えぞがしま

和人:わじん

・安藤(安東)氏:あんどうし

:たて

・土塁:どるい

・空濠:からぼり

・城砦:じょうさい

道南十二館:どうなんじゅうにたて

志苔館:しのりだて(しのりたて)

蠣崎氏:かきざきし

松前氏:まつまえし