· 

享保の改革、社会の変容

1.享保の改革

①吉宗の将軍就任

・8代将軍に紀伊藩主徳川吉宗が就任

※家康以来の本家が途絶し、御三家から初の将軍就任

※在職:1716~1745年

 

②人材登用

ⅰ.大岡忠相

・旗本から登用

町火消制度、小石川養生所の設立に尽力

・のち江戸町奉行→寺社奉行→大名に

 

ⅱ.荻生徂徠

・儒学者(古文辞学派

・政治意見書『政談』を著した

蘐園塾を開いた

 

ⅲ.室鳩巣

・儒学者(朱子学派)

 

ⅳ.田中丘隅

・川崎宿の名主、農政家

・荻生徂徠に学び『民間省要』を著す

 

③財政再建策

ⅰ.倹約令

・幕府・大名が倹約を強制

・贅沢(奢侈)の禁止

 

ⅱ.上げ米(の制)

・大名は石高1万石につき100石を献上

 ※見返りに参勤交代の在府期間を半減

 →幕府の年貢収入の約1割が集まる

・実施は1722~1730年

 

ⅲ.足高の制

・役職ごとに基準となる石高を定め、その石高に満たない者が就任する場合、在職期間のみ不足分の石高を補う

(それまでは、役職に就任して一度給料が上がったら、その役職をやめても給料が下がらないので、人件費がかかって財政を圧迫していた)

・少ない財政負担で人材登用するために実施

 

ⅳ.年貢増徴

検見法を改め定免法を採用

・年貢率の引き上げ

 

ⅴ.新田開発

・商人資本を利用した町人請負新田

 

ⅵ.殖産興業

甘藷(さつまいも):青木昆陽を登用

さとうきび、櫨、朝鮮人参の栽培奨励

 

ⅶ.実学の奨励

漢訳洋書の輸入緩和を実施

・オランダ語の習得:青木昆陽野呂元丈

 →蘭学の発展につながる

 

④商業政策

・「米価安の諸色高」(米の価格が安く、物価が高い状況)への対応:米価上昇を図る

※吉宗は米公方とも呼ばれた

大坂堂島米市場を公認

株仲間の公認

 

※1732年、享保の飢饉:逆に米価が高騰

江戸で初の打ちこわしが発生

 

⑤都市政策・その他

・江戸町奉行に大岡忠相を任命

 

ⅰ.消防制度の整備

広小路火除地:延焼防止のための空き地

町火消:「いろは」47組の創設 

 

ⅱ.相対済し令

・9割以上を占める金銀貸借の訴訟(金公事)を不受理とする

→当事者間で解決させる 

 

ⅲ.目安箱

・1721年設置

・庶民の意見を投書で聞く為に設置

・住所・名前を記名する

町火消の創設、貧民用医療施設の小石川養生所の創設などが実現

 

ⅳ.公事方御定書

・1742年制定

・裁判の基準を定める

 

※『御触書寛保集成』:1615年以降の法令を整備した

 

三卿の創設

※将軍継承の安定を図るため

田安家:吉宗の子・宗武が祖

一橋家:吉宗の子・宗尹が祖

清水家:9代将軍徳川家重の子・重好が祖

 

2.社会の変容、一揆と打ちこわし

①農民層の分解

ⅰ.豪農

成長した有力百姓

・地主として田畑を集積

村役人(名主・組頭・百姓代)も務めた

・農村の商品作物生産や貨幣経済の中心に

 

ⅱ.小作人(小作農)

・没落し、自分の土地を失った百姓

※自分の土地(農地)がないので、地主のもとで農作業をし、地主に小作料(収穫物の大部分)を納めた

・年季奉公や日用稼ぎに従事した

 

②農村内の対立

・豪農VS小百姓・小作人

村方騒動の発生:小百姓らが村役人の不正を追及し、領主に訴える

 

③飢饉

・飢饉が発生すると、農村で百姓一揆都市で打ちこわしが増加

 

※三大飢饉

享保の飢饉(1732年):江戸で初めての打ちこわし

天明の飢饉(1780年代):江戸で天明の打ちこわし

 ※東北地方の冷害、浅間山の噴火の影響で発生

天保の飢饉(1830年代):洪水や冷害による全国的な凶作

 ※江戸で打ちこわしは起こらず

 

百姓一揆

・直接行動をともなう百姓の反抗運動

 

ⅰ.代表越訴型一揆:17世紀

・村の代表者が百姓全体の要求を領主に直訴。年貢の減免などを要求

越訴:正しい手続きを経ずに訴えること。筋違いの訴訟

義民:下総の佐倉惣五郎、上野の磔茂左衛門など

 

ⅱ.惣百姓一揆:17世紀末~18世紀

・全村民による一揆。広域化・大規模化

・新税反対、専売制の撤廃要求など

傘連判状:円形の署名。指導者を隠すため、一揆の団結を示すため

 

ⅲ.国訴:19世紀

・合法的な農民闘争

・領主・特権商人の独占に反対。畿内で発生

 

ⅳ.世直し一揆:19世紀

・幕末に多発

 

⑤都市部と農村の結びつき

ⅰ.問屋制家内工業

・都市の問屋と豪農の連携

・問屋商人が原料・器具を家内生産者に貸し与え、生産品を買い上げる制度

 

ⅱ.工場制手工業(マニュファクチュア)

・労働者が1カ所(工場)に集まり、分業と協業による手工業生産を行う形態


漢字の読み方

 

享保の改革:きょうほうのかいかく

徳川吉宗:とくがわよしむね

大岡忠相:おおおかただすけ

町火消:まちびけし

・小石川養生所:こいしかわようじょうしょ

荻生徂徠:おぎゅうそらい

・古文辞学派:こぶんじがくは

政談:せいだん

蘐園塾:けんえんじゅく

室鳩巣:むろきゅうそう

田中丘隅:たなかきゅうぐ

民間省要:みんかんせいよう

倹約令:けんやくれい

・贅沢:ぜいたく

・奢侈:しゃし(贅沢と同じ意味)

上げ米(の制):あげまい(のせい)

足高の制:たしだかのせい

検見法:けみほう

定免法:じょうめんほう

町人請負新田:ちょうにんうけおいしんでん

甘藷:かんしょ

青木昆陽:あおきこんよう

・櫨:はぜ

野呂元丈:のろげんじょう

蘭学:らんがく

米価安の諸色高:べいかやすのしょしきだか

堂島米市場:どうじまこめいちば

株仲間:かぶなかま

享保の飢饉:きょうほうのききん

広小路:ひろこうじ

・火除地:ひよけち

相対済し令:あいたいすましれい

目安箱:めやすばこ

公事方御定書:くじかたおさだめがき

御触書寛保集成:おふれがきかんぽうしゅうせい

三卿:さんきょう

田安家:たやすけ

・宗武:むねたけ

一橋家:ひとつばしけ

・宗尹:むねただ

清水家:しみずけ

・重好:しげよし

 

豪農:ごうのう

小作人:こさくにん

村方騒動:むらかたそうどう

百姓一揆:ひゃくしょういっき

打ちこわし:うちこわし

天明の飢饉:てんめいのききん

天保の飢饉:てんぽうのききん

代表越訴型一揆:だいひょうおっそがたいっき

・越訴:おっそ

義民:ぎみん

・佐倉惣五郎:さくらそうごろう

・磔茂左衛門:はりつけもざえもん 

惣百姓一揆:そうびゃくしょういっき

・傘連判状:からかされんぱんじょう

・国訴:こくそ

世直し一揆:よなおしいっき

問屋制家内工業:といやせいかないこうぎょう

工場制手工業:こうじょうせいしゅこうぎょう