建武の新政(標準)

建武の新政(1334~36年)

後醍醐天皇による親政

※親政:天皇自ら行う政治のこと

 

1.新政の開始:1334年

後醍醐天皇の政治

・年号を建武と改め、親政を開始

 ※光厳天皇の廃位

 摂政・関白の廃止、幕府の廃止

 

②大内裏造営計画

・資金調達のため銅銭・紙幣の発行を計画(実現せず)

 ※鎌倉時代前半に焼失していた


2.新政の機構

①中央(京都)

ⅰ.記録所

・国政の最高機関。一般政務を担当

 

ⅱ.雑訴決断所

・所領関係の訴訟・裁判を担当

・鎌倉幕府の引付を受け継ぐ

 

ⅲ.恩賞方

・恩賞事務の担当

 

ⅳ.武者所

・京都の警備・治安維持、武家の統轄

 

②地方

ⅰ.国司守護

・国ごとに併置

・国司は貴族、守護は武士から任命         

 

ⅱ.鎌倉将軍府

・関東10か国を統治

 

ⅲ.陸奥将軍府

・東北地方の陸奥と出羽を統治


3.建武の新政の性格

綸旨

・天皇の意志を伝える文書

 

②公家重視の政策

・武士よりも公家を重視

→武家の不満が高まる

 

③政治機構の特徴

・公家的機関と武家的機関との混在

 

④「尊氏なし」

・軍功第一の足利尊氏を除外


4.政治の混乱 ※武士の不満増大

二条河原(の)落書

※史料『建武年間記』に収録

・建武の新政の政治混乱を批判・風刺

 

②混乱の要因

・土地訴訟の爆発的増加による政務の停滞

・土地の安堵はすべて綸旨を必要とした

・武士の慣習を無視した政策

・恩賞の不公平:公家に厚く、武士に薄い

など


5.建武の新政の崩壊過程

中先代の乱:1335年

北条高時の子北条時行が反乱

 ※鎌倉幕府再興をめざす

 →一時期、鎌倉を占拠

足利尊氏が乱の鎮圧のために関東に派遣され、鎌倉を回復

 

②足利尊氏の反乱(1335~36年)

中先代の乱の鎮圧後、京都に戻らず

 

ⅰ.湊川の戦い:1336年

足利尊氏が摂津湊川で新田義貞楠木正成らに勝利

 

ⅱ.建武の新政の崩壊

・足利尊氏が入京

 →建武の新政は3年足らずで崩壊


漢字の読み方(タップで開きます) ・建武の新政:けんむのしんせい
・後醍醐天皇:ごだいごてんのう
・光厳天皇:こうごんてんのう
・大内裏造営計画:だいだいりぞうえいけいかく
・記録所:きろくしょ
・雑訴決断所:ざっそけつだんしょ
・恩賞方:おんしょうがた(おんしょうかた)
・武者所:むしゃどころ
・鎌倉将軍府:かまくらしょうぐんふ
・陸奥将軍府:むつしょうぐんふ

・綸旨:りんじ
・足利尊氏:あしかがたかうじ
・二条河原(の)落書:にじょうがわら(の)らくしょ
・建武年間記:けんむねんかんき

・中先代の乱:なかせんだいのらん
・北条高時:ほうじょうたかとき
・北条時行:ほうじょうときゆき
・湊川の戦い:みなとがわのたたかい
・摂津:せっつ
・新田義貞:にったよしさだ
・楠木正成:くすのきまさしげ