· 

幕藩体制の成立(標準)

1.徳川家康の江戸入城

・1590年、北条氏滅亡後、豊臣秀吉の命により江戸に移る

・豊臣政権下では五大老筆頭、250万石の大大名であった

 

2.関ヶ原の戦い

①開戦

・1598年、豊臣秀吉が死去

徳川家康(東軍総大将)と五奉行の石田三成(西軍)の対立

→1600年、関ヶ原の戦いで激突

東軍の勝利

西軍の総大将は毛利輝元(参陣せず)

 

②戦後処理

ⅰ.西軍諸大名

・処刑:石田三成小西行長

改易(領地没収):西軍諸大名93家・506万石

 ※宇喜多秀家は改易後、八丈島に配流

減封(領地削減):毛利輝元(120万石→37万石)、上杉景勝(120万石→30万石)

 

ⅱ.東軍諸大名

・西軍から没収した領地を配分し、譜代大名の創出へ

 →幕府要職への就任など、幕藩体制の基礎となる

 

3.江戸幕府の成立

・1603年、徳川家康後陽成天皇により征夷大将軍に任命され、江戸幕府を開いた

・各国に国絵図郷帳の作成・提出を命じる

・1605年、家康の三男・徳川秀忠が2代将軍になる

 →家康は駿府に引退。大御所(前将軍のこと)とよばれ実権を握り続ける

 

4.豊臣氏の滅亡

※江戸幕府成立後の豊臣氏

豊臣秀頼:秀吉の子。摂津・河内・和泉60万石の一大名として存続

 

大坂の役

ⅰ.開戦の口実

方広寺鐘銘問題:豊臣家が再建した京都方広寺の鐘銘について、徳川家康が問題視

※鐘に刻まれた「国家安康」の文言を「家康を切り裂いている」などと追及

 

ⅱ.大坂冬の陣:1614年

・和議が結ばれる

 

ⅲ.大坂夏の陣:1615年

・豊臣秀頼の自害。豊臣家の滅亡

元和偃武とよばれる平和な時代へ

 

5.大名・朝廷の統制

①大名の統制

ⅰ.一国一城令:1615年

・大名の居城を1つに限らせる。領内にあるその他の城は全て破却

 

ⅱ.武家諸法度(元和令):1615年

・家康が南禅寺の金地院崇伝に起草させ、2代将軍徳川秀忠の名で発布

 

※以後、各将軍が武家諸法度を発布

→3代家光:寛永令、4代家綱:寛文令、5代綱吉:天和令

 

ⅲ.軍役

・各大名が主君である将軍に対して負う軍事的な負担

 →石高に応じて負担させた

普請役(お手伝い普請):平時の軍役として、城の修築や河川の工事などを負担

 参勤交代も軍役

 

②朝廷の統制

ⅰ.禁中並公家諸法度:1615年 

金地院崇伝が起草

・内容:天皇は学問を第一とする、など

 

ⅱ.京都所司代

・幕府の役職。朝廷の監視など

 

ⅲ.武家伝奏

公家から2名選出

・朝廷と幕府の連絡係

 

有力大名の改易

ⅰ.福島正則

・1619年、2代秀忠のとき、武家諸法度違反を理由に改易(安芸の広島城を無断で修理)

※福島正則は豊臣秀吉の武将の1人で、石田三成と対立。関ヶ原の戦いでは東軍で参陣

 

ⅱ.加藤氏

・1632年、3代家光のとき、肥後の加藤忠広を改易

加藤清正(豊臣秀吉の武将)の子

 

6.徳川家光の政治

※3代将軍(在職1623~51年)

・1632年、肥後の加藤氏を改易

 

・1635年、武家諸法度寛永令の発布:参勤交代の制度化

→大名は在府(江戸)1年・在国1年、大名の妻子は人質として江戸に在住

 

・1637年、島原の乱の発生

 →1639年、ポルトガル船の来航を禁止

 

7.幕藩体制

・強力な領主権を持つ将軍と大名(幕府と藩)が土地と人民を統治する支配体制

 

①大名の種類

大名…将軍と主従関係を結んだ1万石以上の武士

 

ⅰ.親藩

・徳川氏の一門

・親藩のなかでも三家が最高の格式(将軍家の血筋が絶えた場合、将軍を輩出)

三家尾張藩紀伊藩水戸

※三家はいずれも家康の子が祖となった

 

ⅱ.譜代大名

・三河以来の家臣(家康が三河の一大名の時代からの家臣)が大名に取り立てられたもの

・石高は少ないが全国の要地に配置

・幕府の要職にも譜代大名から就任 

井伊家彦根藩が最高の35万石

 

ⅲ.外様大名

・関ヶ原の戦いの頃から徳川氏に従った大名

・石高は多いが遠隔地に配置。幕府の政治には参加できない

前田家加賀藩(約100万石で最高)

島津家薩摩藩、伊達家の仙台藩など

 


↓よろしければタップ・クリックをお願いします

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ

 

漢字の読み方

 

関ヶ原の戦い:せきがはらのたたかい

石田三成:いしだみつなり

毛利輝元:もうりてるもと

・小西行長:こにしゆきなが

改易:かいえき

宇喜多秀家:うきたひでいえ

・八丈島:はちじょうじま

・減封:げんぽう

・上杉景勝:うえすぎかげかつ

・後陽成天皇:ごようぜいてんのう

・国絵図:くにえず

・郷帳:ごうちょう

徳川秀忠:とくがわひでただ

駿府:すんぷ

・大御所:おおごしょ

 

豊臣秀頼:とよとみひでより

大坂の役:おおさかのえき

・方広寺鐘銘問題:ほうこうじしょうめいもんだい

・国家安康:こっかあんこう

大坂冬の陣:おおさかふゆのじん

大坂夏の陣:おおさかなつのじん

・元和偃武:げんなえんぶ

一国一城令:いっこくいちじょうれい

武家諸法度:ぶけしょはっと

・元和令:げんなれい1615年

・南禅寺:なんぜんじ

・金地院崇伝:こんちいんすうでん

・寛永令:かんえいれい

・家綱:いえつな

寛文令:かんぶんれい

・綱吉:つなよし

・天和令:てんなれい

軍役:ぐんやく

・普請役:ふしんやく

・お手伝い普請:おてつだいぶしん

禁中並公家諸法度:きんちゅうならびにくげしょはっと

京都所司代:きょうとしょしだい

武家伝奏:ぶけてんそう

・福島正則:ふくしままさのり

・加藤忠弘:たとうただひろ

・加藤清正:かとうきよまさ

 

参勤交代:さんきんこうたい

在府:ざいふ

大名:だいみょう

親藩:しんぱん

・三家:さんけ

尾張藩:おわりはん

紀伊藩:きいはん

水戸:みとはん

譜代大名:ふだいだいみょう

・井伊家:いいけ

・彦根藩:ひこねはん

外様大名:とざまだいみょう

・加賀藩:かがはん

・薩摩藩:さつまはん