鎌倉時代の武士の生活(標準)

1.武士の生活

を構えて生活

→周囲に堀・溝・塀をめぐらせる

・直営地:門田正作、用作など


2.惣領制

①特徴

・武家社会における一族の結合体制

・一族の血縁的統制を柱とし、分家は宗家(本家)を首長とする

・戦時になると一門(一家)は団結して行動した

 

総領家督

・一族の宗家(本家)の長

 ※嫡子…家督(家長権)を相続する者

 

庶子

・嫡子以外の子

 

④相続

・所領の相続は分割相続が原則

※女性も相続の対象。女性の御家人・地頭もいた

 

⑤変容

分割相続のくり返しにより所領の細分化が問題に

 →鎌倉時代末期には単独相続になる


3.武芸の重視

①騎射三物

以下の3種の馬上弓技

ⅰ.流鏑馬

・走っている馬から、一定間隔に置いた3つの的を射る

 

ⅱ.笠懸

・馬上から笠や板を的にして射る

 

ⅲ.犬追物

・放された犬を馬上から射る

 

②その他

巻狩…広い野原で行われる大規模な狩猟


4.武士の道徳と武士道の起源

・武士の道徳は、「武家のならい」「兵の道」「弓馬の道」などとよばれた

・質素な生活を重視


5.武士の土地支配

①多くの荘園は二重支配の状況

ⅰ.地頭

幕府が任命

 

ⅱ.荘官

・荘園領主が任命

 

※1つの荘園に2つの支配者が存在する

 →地頭と荘園領主の対立が発生

 

②解決法

ⅰ.地頭請

・荘園領主が荘園の管理を地頭に全て任せ、一定の年貢納入を請け負わせる制度

※荘園領主は「年貢さえ払ってくれればいいよ」というスタンス

 

ⅱ.下地中分

・土地を折半して土地や人を支配し、互いに干渉しない

例:伯耆国東郷荘下地中分の絵図が残っている


漢字の読み方(タップで開きます) ・館:やかた(たち)
・堀:ほり
・溝:みぞ
・塀:へい
・佃:つくだ
・門田:かどた
・正作:しょうさく
・用作:ようさく

・惣領制:そうりょうせい
・分家:ぶんけ
・宗家:そうけ
・本家:ほんけ
・一門:いちもん
・一家:いっか
・総領:そうりょう
・家督:かとく
・嫡子:ちゃくし
・家長権:かちょうけん
・庶子:しょし
・分割相続:ぶんかつそうぞく
・単独相続:たんどくそうぞく

・騎射三物:きしゃみつもの
・流鏑馬:やぶさめ
・笠懸:かさがけ
・犬追物:いぬおうもの
・巻狩:まきがり

・武家:ぶけ
・兵の道:つわもののみち
・弓馬の道:きゅうばのみち
・荘官:しょうかん
・地頭請:じとううけ
・下地中分:したじちゅうぶん
・伯耆国:ほうきのくに
 ※現在の鳥取県の中西部
・東郷荘:とうごうのしょう