· 

日本史:弥生時代(概略)

Ⅰ.弥生時代の年代

・BC4世紀頃~AD3世紀中頃

 

Ⅱ.弥生時代の特徴

1)道具・生活

①金属器の伝来・使用

青銅器銅鐸銅剣銅矛銅鏡など

 →祭りの宝物として使用

鉄器武器工具として使用。実用的

 ※打製石器、磨製石器も引き続き使用

 

②土器

弥生土器…高温で焼かれ赤褐色。うすくてかたい

 

稲作の開始

・大陸・朝鮮半島から九州北部に伝来

 →日本列島各地に広がる

 北海道・南西諸島では農耕は行われず

 

石包丁…稲の穂を刈るために使用した磨製石器

高床倉庫…収穫した稲をたくわえた建物

 

④生活・遺跡

ⅰ.戦いに備えた軍事的・防御的な集落の出現

環濠集落…周囲に深い濠や土塁をめぐらせた集落

 例)吉野ヶ里遺跡(佐賀県)、唐古・鍵遺跡(奈良県)

高地性集落…山頂などに築かれた集落

 

 

ⅱ.縄文時代からの変化

貧富の差身分の差の発生

・小さな国々が各地に成立

 

⑤埋葬

伸展葬…死者の両脚を伸ばした状態で埋葬

方形周溝墓…方形(四角形)の低い墳丘の周囲に溝をめぐらせた墓

 ※他に支石墓甕棺墓など

 

2)中国の歴史書の記述

 ①『漢書』地理志

・紀元前後の(日本)は約100の小国が分立

楽浪郡に定期的に使者を送った

 

『後漢書』東夷伝

ⅰ.奴国王の朝貢

西暦57年、九州北部の奴国の王が後漢に使いを送る

 →皇帝(光武帝)から漢委奴国王と刻まれた金印を与えられた

 ※この金印は江戸時代に志賀島(福岡県)で発見

 

ⅱ.倭国王帥升の朝貢

・107年倭国王帥升らが後漢に使いを送る

・皇帝(安帝)に生口(奴隷)160人を貢物として贈る

 

『魏志』倭人伝

・239年、邪馬台国の女王卑弥呼に使いを送り朝貢

 →皇帝から親魏倭王の称号と金印銅鏡100枚などを授けられた

 

邪馬台国

・3世紀、30余りの小国が連合してできた

卑弥呼の死後は、同族の女性・壱与が王となった 


漢字の読み方

 

 

 

銅鐸:どうたく

銅剣:どうけん

銅矛:どうほこ

銅鏡:どうきょう

宝物:ほうもつ

石包丁:いしぼうちょう

高床倉庫:たかゆかそうこ

環濠集落:かんごうしゅうらく

吉野ヶ里遺跡:よしのがりいせき

唐古・鍵遺跡:からこ・かぎいせき

 

高地性集落:こうちせいしゅうらく

伸展葬:しんてんそう

方形周溝墓:ほうけいしゅうこうぼ

・支石墓:しせきぼ

甕棺墓:かめかんぼ

 

『漢書』地理志:かんじょちりし

 ※「誌」は×。「志」が○

:わ

楽浪郡:らくろうぐん

『後漢書』東夷伝:ごかんじょとういでん

奴国:なこく

後漢:ごかん

光武帝:こうぶてい

漢委奴国王:かんのわのなのこくおう

 ※刻まれた文字は「倭」ではなく「委」

金印:きんいん

志賀島:しかのしま

帥升:すいしょう

・生口:せいこう

・奴隷:どれい

『魏志』倭人伝:ぎしわじんでん

邪馬台国:やまたいこく

卑弥呼:ひみこ

魏:ぎ

・親魏倭王:しんぎわおう

壱与:いよ