日本史(テーマ):鎌倉時代の社会・経済

1.鎌倉時代の武士の生活

惣領制

惣領:宗家の首長

・庶子:嫡子以外の子

・所領の相続は分割相続が原則

 ※女性も相続可。女性の御家人・地頭もいた

 

②武芸の重視

・騎射三物:3種の馬上弓技

 ・流鏑馬…馬上から、放された犬を射る

 ・笠懸…馬上から、笠や板を的にして射る

 ・犬追物…走っている馬から、一定間隔に置いた3つの的を射る

 

③武士の土地支配

地頭の荘園侵略への対応

地頭請地頭請所…荘園領主が地頭に一定の年貢納入を請け負わせる

下地中分…土地を折半して土地や人を支配し、互いに干渉しない

 

 

2.鎌倉時代:社会の変動

①農業の発達

二毛作…同じ土地で年2回異なる作物を栽培・収穫

 ※米を表作、麦を裏作とする

 

・肥料の使用

刈敷:草を刈って田に敷き込む

 草木灰:草木を焼き、その灰を使用

 

鉄製農具の使用

牛馬耕の一般化

・大唐米の輸入:多収穫米

 

 

②商業の発達

・背景:貨幣経済の浸透

定期市の発達:三斎市(月に三度開かれる)

見世棚…常設の小売店

…商工業者の同業組

 →本所(公家・寺社)に座役を納入し、販売独占権を認められる

 

問丸):運送業者。各地の港や河川沿いの要地に発達

 

 

③金融の発達

宋銭…中国から輸入された。売買の手段、年貢納入に使用(年貢の銭納化)

為替…遠隔地間の金銭の輸送を手形で決済する制度

 

 

④地頭の荘園侵略と農民の団結

紀伊国阿河荘民の訴状:阿氏河荘の農民が、地頭の湯浅氏の非法を訴えた

 


漢字の読み方 

惣領:そうりょう

・庶子:しょし

・嫡子:ちゃくし

 

・騎射三物:きしゃみつもの

流鏑馬:やぶさめ

笠懸:かさがけ

犬追物:いぬおうもの

 

地頭請地頭請所):じとううけ(じとううけしょ)

下地中分:したじちゅうぶん

 

 

 

 

二毛作:にもうさく

・表作:おもてさく

・裏作:うらさく

刈敷:かりしき

草木灰:そうもくばい

・大唐米:だいとうまい

 

定期市:ていきいち

三斎市:さんさいいち

見世棚:みせだな

問丸):とい(といまる)

 

宋銭:そうせん

為替:かわせ

 

・紀伊国:きいのくに

・阿河荘:あてがわのしょう