日本史(テーマ):江戸時代の社会・経済


1.江戸時代の村、町

①村の自治

ⅰ.村方三役

名主組頭百姓代の村役人。本百姓が就く

※名主は関西では庄屋、東北では肝煎とよばれた

村法(村掟)を制定し、村を運営

→違反者には村八分などの制裁

 

ⅱ.本百姓

・自分の田畑を持つ百姓

・村方三役に就ける

・年貢を負担

 

ⅲ.水呑百姓

・自分の田畑を持たない百姓

 

②本百姓の負担

ⅰ.本途物成

・本百姓の負担の中心となる年貢

四公六民五公五民が一般的

 

ⅱ.小物成

・本途物成以外の雑税の総称

・農業以外の副業などに賦課

 

ⅲ.伝馬役

・街道周辺の村々が提供した人や馬などの負担

 

ⅳ.助郷役

・人馬不足の際に補助人足を差し出す村(助郷)の負担

 

③幕府の農村政策

ⅰ.田畑永代売買の禁止令

・1643年発令

・土地の売買・権利の移動を禁止

 

ⅱ.田畑勝手作の禁

・穀物以外の商品作物の栽培禁止

※のちに形骸化

 

ⅲ.分地制限令

・1673年発令

・耕地の分割相続を制限し、田畑の細分化を防ぐために発令

 

ⅳ.五人組

・年貢納入や犯罪防止などで連帯責任を負わせた

 

④町と町人

ⅰ.

・町人地に多数存在した共同体 

 

ⅱ.町人

・町に住む家持の住人

 

ⅲ.町の運営

・町役人の町年寄名主(町名主、庄屋)月行事が町政を担う

町法(町掟)を制定し、それらにもとづいた運営を行う


2.農業の発展

新田開発:年貢の増収を見込んで幕府・諸藩が積極的に開発

・耕地面積の変化:江戸時代初めからの100年余りで約2倍に増加 

 

①農具の発達 

ⅰ.備中鍬

・深耕用

・刃先が3~4本に分かれている

 

ⅱ.千歯扱

・脱穀用

 

ⅲ.唐箕

・選別用

・中国から伝来

・風を起こして籾殻をとり除く

 

ⅳ.千石簁

・選別用

・金網の上に穀類を流し、粒の大きさで選別

 

ⅴ.踏車

・灌漑用の小型揚水車

 

②農村の変質

ⅰ.商品作物

・四木・三草

・特産物:出羽村山(最上)地方の紅花、 駿河・山城宇治など

 

ⅱ.肥料の普及

a.刈敷

・山野から刈り取る草

 

b.下肥

・人口の多い都市周辺部で使用

 

c.金肥

・購入して使用する肥料。特に商品作物が盛んな地域に普及

・金肥には以下の例がある

 

(1)干鰯

鰯を日干しにしたもの

・房総がおもな漁獲地(養殖ではない)

 

(2)油粕

菜種から油を絞り取った残り

 

ⅲ.農書:農業技術の解説書。江戸時代に普及

a.『清良記』

・17世紀前半、最初の農書とされる

 

b.農業全書

宮崎安貞の著

・最初の本格的な農書

 

c.農具便利論

大蔵永常の著

・数十種類の農具を図示し、用法を記す

 

d.広益国産考

大蔵永常の著

・作物の栽培法・商品作物加工による農家の利益や国益を論じた


3.漁業

①上総九十九里浜鰯漁

干鰯などにも加工され、金肥として流通

 

②蝦夷地

昆布俵物の生産

俵物:さまざまな海産物を俵に詰めたもの

→17世紀末以降、にかわって長崎貿易における清への主要輸出品目に


4.陸上交通

五街道

・江戸の日本橋を起点とする5つの街道。道中奉行が管理

東海道中山道、甲州道中、日光道中、奥州道中

 

②脇街道(脇往還)

・五街道以外の主要幹線道路

 

③伝馬役

・街道周辺の村々が提供した、人や馬などの負担のこと

 ※助郷役…人馬不足の際に補助人足を差し出す村(助郷)の負担

 

④通信:飛脚制度

ⅰ.継飛脚

・幕府公用

・書状・荷物の伝達

 

ⅱ.大名飛脚

諸大名が設置

・江戸~国元の連絡用

 

ⅲ.町飛脚

・三都の商人が開始(民間の営業)

・飛脚問屋が運営


5.水上交通

①海上交通

ⅰ.南海路

・太平洋側の江戸~大坂間

菱垣廻船樽廻船が木綿・油・酒などを輸送

 →樽廻船が優位

 

ⅱ.河村瑞賢による海運の整備(17世紀後半)

a.東廻り海運

・東北地方~江戸の航路

 

b.西廻り海運

・江戸・大坂~東北の日本海側の航路

 

②河川舟運

角倉了以高瀬川富士川などを開削・整備


6.貨幣

①金貨

計数貨幣

・単位:両・分・朱4進法

・おもに東日本で流通

 

②銀貨

秤量貨幣

・おもに西日本で流通

 

③銭貨

計数貨幣

・1636年発行の寛永通宝が広く流通

 

藩札

・17世紀後半以降、各藩・旗本領内で流通した紙幣

・藩財政の窮乏を救う


7.三都の発展

①江戸

・日本最大の消費都市:人口100万で世界一

・おもな市場:神田の青物市場(野菜・果実)、日本橋の魚市場

 

②大坂

・商業経済の中心地。「天下の台所」

 

ⅰ.蔵屋敷

・諸藩・旗本が年貢米や特産物(蔵物)販売のために設置した倉庫兼取引所

 

ⅱ.納屋物

・蔵物に対する語。民間商人の手を経て大坂に集まる商品

 

ⅲ.おもな市場

堂島の米市場天満の青物市場雑喉場の魚市場

 

③京都

・幕府機構:京都所司代が朝廷・公家・寺社との関係維持、畿内周辺を支配


8.商業

①豪商

ⅰ.初期豪商:17世紀前半

・権力者と結んだ特権的商人

朱印船貿易で栄える 

例)京都の角倉了以茶屋四郎次郎

 

ⅱ.元禄豪商:17世紀後半

・三都の繁栄を背景に出現

・両替商も兼ねる 

例)大坂の鴻池家、江戸の三井家三井高利が祖)

 

②問屋仲間の連合体

ⅰ.江戸

十組問屋

 

ⅱ.大坂

二十四組問屋 


漢字の読み方(タップで開きます) 1.江戸時代の村、町
・村方三役:むらかたさんやく
名主:なぬし
組頭:くみがしら
百姓代:ひゃくしょうだい
・庄屋:しょうや
・肝煎:きもいり
・村法(村掟):そんぽう(むらおきて)
・村八分:むらはちぶ
本百姓:ほんびゃくしょう
・水呑百姓:みずのみびゃくしょう
本途物成:ほんとものなり
・四公六民:しこうろくみん
小物成:こものなり
伝馬役:てんまやく
助郷役:すけごうやく
田畑永代売買の禁止令:でんぱたえいたいばいばいのきんしれい
田畑勝手作の禁:でんぱたかってづくりのきん
:ちょう
町人:ちょうにん
・家持:いえもち
・町年寄:ちょうどしより
・月行事:がちぎょうじ
・町法(町掟):ちょうほう(ちょうおきて)

2.農業の発展
備中鍬:びっちゅうぐわ
千歯扱:せんばこき
唐箕:とうみ
・千石簁:せんごくどおし
・踏車:ふみぐるま
・四木・三草:しぼくさんそう
・紅花:べにばな
刈敷:かりしき
下肥:しもごえ
金肥:きんぴ
干鰯:ほしか
・油粕:あぶらかす
・清良記:せいりょうき
宮崎安貞:みやざきやすさだ
農具便利論:のうぐべんりろん
大蔵永常:おおくらながつね
広益国産考:こうえきこくさんこう

3.漁業
俵物:たわらもの

4.陸上交通
・脇街道(脇往還):わきかいどう(わきおうかん)
継飛脚:つぎびきゃく

5.水上交通
菱垣廻船:ひがきかいせん
樽廻船:たるかいせん
河村瑞賢:かわむらずいけん
角倉了以:すみのくらりょうい

6.貨幣
・秤量貨幣:しょうりょうかへい
・寛永通宝:かんえいつうほう
藩札:はんさつ

7.三都の発展
・天満:てんま
・雑喉場:ざこば
十組問屋:とくみといや
二十四組問屋:にじゅうしくみといや