· 

日本史:昭和時代(戦前)-3(概略)

戦時体制の強化、開戦前夜

1)第1次近衛文麿内閣(1937.6~1939.1)

①統制の強化

・1937年、企画院の設置

矢内原事件:東京帝国大学教授矢内原忠雄が批判を受け辞職

・1938年、国家総動員法

 …政府は議会の承認なしに、勅令で物資や労働力を動員できる

 →この法律に基づき、1939年に国民徴用令価格等統制令などを発令

 

・1940年、切符制:砂糖、マッチなど

・1940年、大日本産業報国会:全ての労働組合が解散して結成

・1941年、米の配給制が開始

  

②日中戦争終結の失敗と長期化

・日本寄りの汪兆銘汪精衛)が重慶を脱出

 →南京に新国民政府を樹立

・日本は新国民政府を正式に承認するが、日本の傀儡で弱体

 

補足)国民政府は日本と徹底抗戦の構えを見せているので、日中戦争を終わらせたい日本は、国民政府にかわる新たな中国政府(新国民政府)を承認して講和しようとしたが、結局失敗。

 

2)平沼騏一郎内閣(1939.1~8)

・1939年7月、アメリカが日米通商航海条約破棄を通告

 →翌年失効

・1939年8月、独ソ不可侵条約が結ばれる

 →平沼内閣総辞職:「欧州情勢は複雑怪奇」

 

3)阿部信行内閣(1939.8~1940.1)

・1939年9月、ドイツポーランドに侵攻

 →イギリスフランスドイツに宣戦、第二次世界大戦が勃発

 

4)米内光政内閣(1940.1~7)

・1940年、フランスがドイツに降伏

 →日本では、ドイツへの接近、南方進出論が強まる

 

新体制運動近衛文麿が中心となって進められた

 →米内内閣退陣

 

5)第2次近衛文麿内閣(1940.7~1941.7)

・外相:松岡洋右 →積極政策への転換

 

①1940年のうごき

・9月、北部仏印に進駐

 →目的:援蔣ルートの遮断、南進

・9月、日独伊三国同盟

 →アメリカの経済制裁:航空機用ガソリン、屑鉄鉄鋼の対日輸出禁止

・10月、大政翼賛会の成立

 

②1941年の動き

・4月、国民学校:小学校を改称。「小国民」の育成をめざす

・4月、日ソ中立条約:北方の安全を確保し、南進政策を進めるため

 ※有効期間5年

・6月、独ソ開戦:ドイツが不可侵条約を破ってソ連に侵攻

 →米英はソ連を支援

・7月、関東軍特種演習関特演):70万人を満州に動員

 

6)第3次近衛文麿内閣(1941.7~10)

※対米強硬派の外相松岡洋右を除外して再組閣

・1941年7月、南部仏印進駐

 →アメリカは対日石油輸出を禁止

 →軍部はABCD包囲陣(米英中蘭)の打破を訴える

 

 


漢字の読み方

 

近衛文麿:このえふみまろ

企画院:きかくいん

・矢内原忠雄:やないはらただお

国家総動員法:こっかそうどういんほう

・国民徴用令:こくみんちょうようれい

・価格等統制令:かかくとうとうせいれい

・切符制:きっぷせい

・大日本産業報国会:だいにっぽんさんぎょうほうこくかい

・配給制:はいきゅうせい

汪兆銘(汪精衛):おうちょうめい(おうせいえい)

 

平沼騏一郎:ひらぬまきいちろう

・日米通商航海条約:にちべいつうしょうこうかいじょうやく

・独ソ不可侵条約:どくそふかしんじょうやく

 

阿部信行:あべのぶゆき

 

米内光政:よないみつまさ

 

松岡洋右:まつおかようすけ

・北部仏印:ほくぶふついん

日独伊三国同盟:にちどくいさんごくどうめい

屑鉄:くずてつ

大政翼賛会:たいせいよくさんかい

・小国民:しょうこくみん

・関東軍特種演習(関特演):かんとうぐんとくしゅえんしゅう(かんとくえん)

 〇特種 ×特殊

 

ABCD包囲陣:エービーシーディーほういじん

 


前: 

次: 

 

ざっくり高校日本史に戻る