日本史:奈良時代(概略)①

Ⅰ.奈良時代の年代

・平城京に都が移された710年から、平安京に都が移される794年まで

 

Ⅱ.大まかな流れ

1)平城京遷都

(2)奈良時代の人々の負担)

(3)土地政策の変更)

(4)奈良時代の政争史)

5)長岡京遷都

 

 

Ⅲ.奈良時代の流れ

1)平城京遷都

・710年、唐の都・長安にならってつくられた

奈良時代の始まり

 

 

2)奈良時代の人々の負担

①人身の把握

戸籍:6年ごとに作成

計帳:毎年作成

 

班田収授法

・戸籍に登録された歳以上の全ての男女に口分田を与える

 →死後に国に返す

 

③さまざまな税や負担

…口分田の収穫の約%の稲を地方に納める

調…地方の特産物を中央に納める

…都の労役(歳役)のかわりとして、麻布を中央に納める

雑徭…地方で年間60日以下の労役

・兵役:防人衛士

出挙…国司や豪族から稲を借り、秋に高い利息をつけて返す

※租以外はおもに成人男性が負担

 

 

3)土地制度の変更

・背景:人口が増加し、口分田が不足

 

①722年、百万町歩の開墾計画

 

②723年、三世一身法

・新たに灌漑施設を設けて未開地を開墾

 →三世にわたり保有を認める

・旧来の灌漑施設を利用して開墾

 →本人一代限りの保有を認める

 

③743年、墾田永年私財法

・新しく開墾した土地を永久に私有することを認め、租を納めさせた

 →荘園の始まり。公地公民制がくずれた

 


漢字の読み方

戸籍:こせき

計帳:けいちょう

班田収授法:はんでんしゅうじゅのほう

口分田:くぶんでん

:そ

 ※漢字ミス注意:「祖」は×

調:ちょう

:よう

・労役(歳役):ろうえき(さいえき)

・麻布:あさぬの

雑徭:ぞうよう

防人:さきもり

衛士:えじ

出挙:すいこ

 

百万町歩の開墾計画:ひゃくまんちょうぶのかいこんけいかく

三世一身法:さんぜいっしん(の)ほう

墾田永年私財法:こんでんえいねんしざい(の)ほう