日本史:室町時代(概略)③

Ⅲ.室町時代の流れ・続き

 

6)戦国時代の始まり

戦国時代の特徴

応仁の乱をきっかけに、戦乱が全国に拡大

下剋上の風潮:下の者が実力で上の者をしのぐこと

 ※各種の一揆も発生:既存の権威への対抗

戦国大名の登場

 

②さまざまな一揆

ⅰ.1485年、山城の国一揆

畠山を追放

・8年間にわたる南山城の自治を実現 

 

ⅱ.1488年、加賀の一向一揆

・加賀の一向宗浄土真宗)門徒が国人と結び、守護の富樫政親を滅ぼす

 ※国人…地元で力をつけていた武士。守護に従う者、反抗する者がそれぞれいた

・背景:蓮如(兼寿)の布教による勢力の拡大

・約100年にわたる自治を実現

 →1580年、織田信長に制圧される

 

③幕府権威の失墜

下剋上により政治の実権が次々と移り変わる

 →管領細川氏 から三好長慶、さらに松永久秀

 ※松永久秀は13代将軍足利義輝を殺害

 

 

④おもな戦国大名

ⅰ.北条早雲(伊勢宗瑞)

・足利政知から堀越公方を継いだ茶々丸を追放し(のち自害)、伊豆をうばう

 →さらに北条氏は相模に進出し、小田原を本拠とする

・以後、子・北条氏綱、孫・北条氏康が継ぎ、関東の大半を支配

 

ⅱ.武田信玄(武田晴信)

・鎌倉時代から甲斐の守護。甲斐・信濃を領有

上杉謙信との5回に渡る戦いが有名(川中島の戦い)

 

ⅲ.今川義元

・駿河・遠江・三河を領有

・1560年、桶狭間の戦い織田信長に討たれて以後、今川氏は衰退

 

ⅳ.毛利元就

・安芸の国人から下剋上で台頭

・下剋上:大内義隆陶晴賢毛利元就の順に支配者が移る

・山陰地方の尼子氏と抗争

 

ⅴ.長宗我部元親

・土佐の豪族から身を起こし、四国全土を領有

 

ⅵ.伊達政宗

・戦国時代末期に奥州を平定

 

分国法(家法)の制定

・『朝倉孝景条々』:越前を支配した朝倉氏が制定。家臣団の城下集住の規定など

・『今川仮名目録』:今川氏親とその子・今川義元が制定

・『甲州法度之次第信玄家法)』:武田信玄が制定。「喧嘩両成敗」の規定など

・『塵芥集』:伊達氏が制定。現存する分国法の中で条文が最多の171条

  

⑥戦国大名の家臣団と領国経営

貫高…国人や地侍の収入額をに換算した基準

貫高制…戦国大名が国人や地侍に対し、貫高に見合った一定の軍役を課した

寄親・寄子制…地侍など下級家臣は、有力な上級家臣に預けられる形で組織化された

 →足軽(雑兵)…鉄砲や長槍を使用した集団戦が可能となった

 

検地土地を調査し、農民の耕作する土地の面積と年貢の量などを検地帳に記録

 ※形式は指出検地:家臣や名主が支配地・耕作地の面積、収入額を自己申告

 

城下町の建設:領国の政治・経済・文化の中心となる

 例)北条氏の小田原、大内氏の山口、島津氏の鹿児島

 

 

7)ヨーロッパ人の来航

鉄砲の伝来

・1543年、ポルトガル人を乗せた中国船種子島に漂着

 

キリスト教の伝来

・1549年、イエズス会耶蘇会)の宣教師フランシスコ・ザビエルが、鹿児島に上陸して伝わる

コレジオ…宣教師の養成学校

セミナリオ…神学校

キリシタン大名の出現:洗礼を受けた戦国大名

 

南蛮貿易

南蛮人ポルトガル人スペイン人)との貿易

・輸出品:、硫黄など

・輸入品:中国産の生糸鉄砲など

 

天正遣欧使節

・1582年、大友義鎮大村純忠有馬晴信の3大名が派遣

 ※イタリア人宣教師ヴァリニャーニのすすめ

・派遣された4人の少年

 …伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルチノ

 


漢字の読み方

下剋上:げこくじょう

山城の国一揆:やましろのくにいっき

南山城:みなみやましろ

加賀の一向一揆:かがのいっこういっき

富樫政親:とがしまさちか

蓮如(兼寿):れんにょ(けんじゅ)

・失墜:しっつい

三好長慶:みよしながよし

・松永久秀:まつながひさひで

足利義輝:あしかがよしてる 

北条早雲(伊勢宗瑞):ほうじょうそううん(いせそうずい)

・茶々丸:ちゃちゃまる

・北条氏綱:ほうじょううじつな

・北条氏康:ほうじょううじやす 

武田信玄(武田晴信):たけだしんげん(たけだはるのぶ)

・甲斐・信濃:かい・しなの

・上杉謙信:うえすぎけんしん

・川中島の戦い:かわなかじまのたたかい

今川義元:いまがわよしもと

・駿河・遠江・三河:するが・とおとうみ・みかわ

桶狭間の戦い:おけはざまのたたかい

毛利元就:もうりもとなり

・安芸:あき

・国人:こくじん

・大内義隆:おおうちよしたか

陶晴賢:すえはるかた

・尼子氏:あまごし 

・長宗我部元親:ちょうそかべもとちか

伊達政宗:だてまさむね 

分国法(家法):ぶんこくほう(かほう)

・朝倉孝景条々:あさくらたかかげじょうじょう

今川仮名目録:いまがわかなもくろく

・今川氏親:いまがわうじちか

甲州法度之次第(信玄家法):こうしゅうはっとのしだい(しんげんかほう)

・喧嘩両成敗:けんかりょうせいばい

・塵芥集:じんかいしゅう

貫高:かんだか

・銭:ぜに

・寄親・寄子制:よりおや・よりこせい

・地侍:じざむらい

足軽(雑兵):あしがる(ぞうひょう)

・長槍:ながやり 

指出検地:さしだしけんち

 

種子島:たねがしま

・耶蘇会:やそかい

南蛮貿易・南蛮人:なんばんぼうえき・なんばんじん

天正遣欧使節:てんしょうけんおうしせつ

・大友義鎮:おおともよししげ

・大村純忠:おおむらすみただ

・有馬晴信:ありまはるのぶ

・伊東マンショ:いとうまんしょ

・千々石ミゲル:ちぢわみげる

・中浦ジュリアン:なかうらじゅりあん

・原マルチノ・はらまるちの