日本史:室町時代(概略)②

Ⅲ.室町時代の流れ・続き

4)外交、近隣諸国の動き

①元との貿易 ※私貿易。国交なし

建長寺船…1325年、鎌倉幕府(当時の執権は北条高時)が派遣

 目的:建長寺修造の費用を得るため

 

天龍寺船…1342年、足利尊氏夢窓疎石のすすめにより派遣

 目的:後醍醐天皇の冥福を祈るための天龍寺建立の費用を得るため

 

②明との貿易

ⅰ.日明貿易の開始

1401年、足利義満が明に使者を派遣

 ※正使:僧祖阿、副使:博多商人肥富

朝貢形式:足利義満が明の皇帝から日本国王と認められたうえで貿易

 

ⅱ.勘合貿易の開始:1404年~

勘合:明から交付され、倭寇と正式な貿易船を区別するために使用

 ※倭寇:海賊集団

・輸出品:硫黄など

・輸入品:銅銭生糸など

 

ⅲ.貿易の中断と再開

・4代将軍足利義持が中止:朝貢形式を嫌う

・6代将軍足利義教が再開:貿易の利益を重視

 

ⅳ.日明貿易(勘合貿易)の変化

・15世紀後半以降、貿易の実権が有力守護に移る

 →細川氏:堺商人と結んだ

  大内氏:博多商人と結んだ

1523年、寧波の乱:細川氏と大内氏の戦い

 →勝利した大内氏が貿易を独占

 ※その大内氏も16世紀半ばに滅亡し、日明貿易は断絶

 

③朝鮮の建国と日朝貿易

ⅰ.朝鮮の建国

・1392年、李成桂が高麗を倒して建国

・日本に倭寇の禁止と通交を求め、足利義満がこれに応じる

 

ⅱ.日朝貿易

・朝鮮は三浦富山浦乃而浦塩浦)の3港を開港して日本と貿易

倭館…三浦と首都の漢城に設置。日本の使節の接待と貿易に使用された

・輸出品:硫黄、蘇木・香木など

・輸入品:木綿を中心とする織物類、大蔵経など

 

ⅲ.争乱

・1419年、応永の外寇…朝鮮軍が対馬を倭寇の本拠地とみなして襲撃

 →貿易が一時中断

・1510年、三浦の乱

 …三浦に住む日本人が、特権の縮小に不満を持ち暴動を起こす

 →以後、日朝貿易は衰退

 

④琉球の統一

三山の対抗:北山中山南山の3勢力が争う

 ※それぞれ明に朝貢

・1429年、中山王尚巴志が三山を統一。琉球王国を建国

中継貿易で栄える:明、日本、朝鮮、東南アジア諸国と貿易

 

⑤蝦夷ヶ島(現在の北海道南部)

和人が進出し、交易を開始

アイヌ…古くから北海道に住む人々。漁労・狩猟、交易などで生活

道南十二館:12あった和人の城館。アイヌとの交易や領域支配の拠点とした

・1457年、大首長コシャマインの蜂起:不利な交易・圧迫に不満

 →蠣崎氏が鎮圧

 

 

5)室町幕府の動揺:15世紀

①4代将軍足利義持の時代(在職:1394~1423年)

・日明貿易(勘合貿易)の一時中断

・1416年、上杉禅秀の乱…前関東管領上杉禅秀の反乱。幕府が鎮圧

 

②土一揆の発生

ⅰ.1428年、正長の徳政一揆(正長の土一揆)

近江の馬借徳政(借金の帳消し)を求めて蜂起

・京都近郊の農民たちも京都の土倉酒屋を襲った

 ※襲われた理由:土倉・酒屋は高利貸しを営んでいたため

私徳政の展開:借金の一方的な踏み倒し

 

ⅱ.1429年、播磨の土一揆

・播磨の「土民」が蜂起

・守護(赤松満祐)が鎮圧   

 

③6代将軍足利義教の時代(在職:1429~1441)

ⅰ.1438年、永享の乱

・鎌倉公方足利持氏と関東管領上杉憲実の対立

 →足利義教は上杉氏を支援し、足利持氏を討伐

 

ⅱ.1440年、結城合戦

結城氏朝が足利持氏の遺児を担いで挙兵

 →鎮圧される

 

ⅲ.1441年、嘉吉の変

・有力守護赤松満祐が将軍足利義教を暗殺 

 →幕府の権威が大きく動揺。幕府の実権が有力守護に移る

 

ⅳ.1441年、嘉吉の徳政一揆

・6代将軍足利義教の死後、京都で発生

・「代始めの徳政」を要求 

→室町幕府は初めて徳政令を発令。一揆は終息

 

④8代将軍足利義政の時代(在職:1449~1473年)

ⅰ.1454年、享徳の乱

・鎌倉公方足利成氏上杉憲忠を殺害

鎌倉公方の分裂

 古河公方足利成氏が鎌倉から下総古河に移る

 堀越公方足利政知が鎌倉に入れず伊豆堀越に留まる

 

※関東管領(上杉氏)も分裂

山内上杉家:のち、長尾景虎に関東管領職を譲る(→上杉謙信)

扇谷上杉家:のち、北条氏康に滅ぼされる

 

ⅱ.1467年、応仁の乱

a.発端

・8代将軍足利義政とその妻日野富子の間に男子なし

・義政は弟の足利義視を還俗させ後継ぎとした

・日野富子が足利義尚を出産

 →守護大名を巻き込んだ争いが発生

 

b.守護大名の対立

・東軍総大将:細川勝元

・西軍総大将:山名持豊宗全) 

斯波氏、畠山氏も一族内で対立

 

※応仁の乱は1477年に一応終結するが戦乱は全国へ広がる

 →戦国時代

  


漢字の読み方

建長寺船:けんちょじせん

天龍寺船:てんりゅうじせん

夢窓疎石:むそうそせき

・冥福:めいふく

祖阿:そあ

・肥富:こいつみ

倭寇:わこう

生糸:きいと 

足利義持:あしかがよしもち

足利義教:あしかがよしのり 

寧波の乱:ニンポーのらん

 

李成桂:りせいけい

・三浦(富山浦、乃而浦、塩浦):さんぽ(ふざんほ、ないじほ、えんぽ)

倭館:わかん

・漢城:かんじょう

・蘇木・香木:そぼく・こうぼく

・大蔵経:だいぞうきょう 

応永の外寇:おうえいのがいこう

三浦の乱:さんぽのらん

・三山:さんざん

・北山・中山・南山:ほくざん・ちゅうざん・なんざん

尚巴志:しょうはし

琉球王国:りゅうきゅうおうこく

中継貿易:なかつぎぼうえき

・蝦夷ヶ島:えぞがしま

和人:わじん

・道南十二館:どうなんじゅうにたて

・大首長:だいしゅちょう

・蜂起:ほうき

蠣崎氏:かきざきし 

 

上杉禅秀:うえすぎぜんしゅう

 

正長の徳政一揆:しょうちょうのとくせいいっき

・土一揆:つちいっき

・馬借:ばしゃく

・私徳政:しとくせい

・播磨の土一揆:はりまのつちいっき 

永享の乱:えいきょうのらん

足利持氏:あしかがもちうじ

上杉憲実:うえすぎのりざね

結城合戦:ゆうきかっせん

・結城氏朝:ゆうきうじとも

・遺児:いじ

嘉吉の変:かきつのへん

赤松満祐:あかまつみつすけ

足利義政:あしかがよしまさ

享徳の乱:きょうとくのらん

足利成氏:あしかがしげうじ

・上杉憲忠:うえすぎのりただ

古河公方:こがくぼう

・下総:しもうさ

堀越公方:ほりごえくぼう

足利政知:あしかがまさとも

山内上杉家:やまのうちうえすぎけ

・長尾景虎:ながおかげとら

・上杉謙信:うえすぎけんしん

・扇谷上杉家:おうぎがやつうえすぎけ

応仁の乱:おうにんのらん

日野富子:ひのとみこ

足利義視:あしかがよしみ

・還俗:げんぞく

足利義尚:あしかがよしひさ

細川勝元:ほそかわかつもと

山名持豊宗全) :やまなもちとよ(そうぜん)