· 

日本史:明治時代-3(概略)

1.朝鮮半島情勢と日清関係

①朝鮮をめぐる清との対立

・1882年、壬午軍乱壬午事変):朝鮮で起こる

・1884年、甲申事変:朝鮮で起こる

・1885年、天津条約:日清間で締結

 

日清戦争

ⅰ.開戦のきっかけ

・1894年、甲午農民戦争東学(党)の乱):朝鮮で反乱

 →日清戦争:朝鮮に出兵した日清両国が衝突・開戦

 

ⅱ.講和条約

・1895年、下関条約に調印:日清戦争の講和条約

※日本:伊藤博文陸奥宗光

 清国:李鴻章

 

・条約の内容

 清国は朝鮮の独立を認める:清国の宗主権を否定

 清国は遼東半島台湾澎湖諸島を日本に割譲する

 清国は賠償金2億両(約3億1000万円)を日本に支払う

 

ⅲ.三国干渉

ロシアフランスドイツとともに遼東半島の清への返還を要求

 →日本はこれを受け入れ

 

③日清戦争後の動き

ⅰ.日本の台湾統治(1895~1945年)

・1895年、台湾総督府を設置し、台湾を統治

 

 

ⅱ.朝鮮の独立

・1897年、朝鮮が国号を大韓帝国韓国)に改める

 

④日清戦争後の清国

ⅰ.義和団事件

・1899年、中国で民衆が列強に反乱(~1900年)

 

ⅱ.北清事変

・清国政府が義和団に同調

→列国に宣戦布告するが、降伏

→1901年、北京議定書を締結

 

 

2.ロシアとの対立

①イギリスとの同盟

・1902年、日英同盟協約を締結

※イギリスとの軍事同盟。ロシアに対抗

 

②開戦

・1904年、日露戦争開戦

 

③講和条約

ⅰ.ポーツマス条約調印:1905年

 ※セオドア・ローズベルト米大統領の仲介

 

ⅱ.条約のおもな内容

・ロシアは韓国に対する日本の指導・監督権を全面的に認める

・旅順・大連の租借権を日本に譲渡

・長春以南の鉄道と付属利権を日本に譲渡

北緯50度以南サハリン樺太)を日本に譲る

賠償金なし →日本国内で日比谷焼打ち事件が起こる

 

※1906年、南満州鉄道株式会社満鉄)を大連に設立

 

3.日露戦争前後の各国との関係

①韓国の保護国化

ⅰ.日韓議定書:1904年

・日露戦争への協力など

 

ⅱ.第1次日韓協約:1904年

・日本政府推薦の財政・外交顧問を置く

 

ⅲ.第2次日韓協約:1905年

・韓国の外交権を奪う。

・漢城に(韓国)統監府を設置

 ※初代統監は伊藤博文

 

ⅳ.第3次日韓協約:1907年

・韓国の内政権を奪う

・韓国の軍隊の解散

 

②アメリカとの関係

・桂・タフト協定:1905年

※相互に承認:日本の韓国指導権、アメリカのフィリピン統治

 

③イギリスとの関係

ⅰ.第2次日英同盟協約:1905年

・適用範囲をインドまで拡大

 

ⅱ.第3次日英同盟協約:1911年

アメリカを適用除外とする

 

④ロシアとの関係

・日露戦争後、改善

・第1次日露協約:1907年、締結

→ロシアと接近。1916年の第4次まで締結

 

 

4.韓国の植民地化

①ハーグ密使事件1907年

→この後、日本は皇帝を退位させる

 

②伊藤博文の暗殺:1909年

・ハルビン駅頭で安重根に暗殺される

 

韓国併合:1910年

韓国併合条約の締結

→日本は朝鮮総督府を設置

 

 

5.条約改正

①領事裁判権の撤廃

・1894年、日英通商航海条約

陸奥宗光外相

※最初にイギリスと調印、その後各国と

 

②関税自主権の完全回復

・1911年、日米通商航海条約の改正

小村寿太郎外相

※最初にアメリカと調印

 

 

6.中国の革命運動

辛亥革命

・中国で起こった革命

孫文:革命の指導者。三民主義をとなえる

 

中華民国の成立

・1912年成立

孫文が臨時大総統に就任

→その後、臨時大総統の地位を袁世凱にゆずる

 

 

 


漢字の読み方

 

壬午軍乱壬午事変):じんごぐんらん(じんごじへん)

甲申事変:こうしんじへん

天津条約:てんしんじょうやく

甲午農民戦争:こうごのうみんせんそう

・東学(党)の乱:とうがく(とう)のらん

下関条約:しものせきじょうやく

・陸奥宗光:むつむねみつ

・李鴻章:りこうしょう

遼東半島:りょうとうはんとう

・澎湖諸島:ほうこしょとう

・両:テール

三国干渉:さんごくかんしょう

台湾総督府:たいわんそうとくふ

大韓帝国:だいかんていこく

義和団事件:ぎわだんじけん

北清事変:ほくしんじへん

北京議定書:ペキンぎていしょ

 

・旅順:りょじゅん

・大連:だいれん

・長春:ちょうしゅん

樺太:からふと

・日比谷焼打ち事件:ひびややきうちじけん

・南満州鉄道株式会社:みなみまんしゅうてつどうかぶしきがいしゃ

・満鉄:まんてつ

 

・日韓議定書:にっかんぎていしょ

日韓協約:にっかんきょうやく

・漢城:かんじょう

(韓国)統監府:(かんこく)とうかんふ

日露協約:にちろきょうやく

 

・ハーグ密使事件:ハーグみっしじけん

・安重根:あんじゅうこん

朝鮮総督府:ちょうせんそうとくふ

 

日英通商航海条約:にちえいつうしょうこうかいじょうやく

・小村寿太郎:こむらじゅたろう

 

辛亥革命:しんがいかくめい

孫文:そんぶん

・三民主義:さんみんしゅぎ

中華民国:ちゅうかみんこく

・臨時大総統:りんじだいそうとう

袁世凱:えんせいがい

 

 


前: 

次: 

 

ざっくり高校日本史に戻る