日本史:明治時代(概略)⓪ 国内政治中心

Ⅰ.明治時代の年代

・1868年から1912年まで。

 

Ⅱ.大まかな流れ

・1868年~1870年代

→国内:各種の改革、自由民権運動、士族反乱

 外交:外交関係の樹立、領土の画定、条約改正交渉

 

・1880年代

→国内:激化事件、大日本帝国憲法の発布

 外交:朝鮮問題

 

・1890年代

→国内:初期議会

 外交:条約改正、日清戦争

 

・1900年代

→国内:桂園時代

 外交:日露戦争

 

 

明治時代の概略 ※国内政治中心のまとめ

1)明治維新~大日本帝国憲法の制定(1868~1889年)

・1868~69年、戊辰戦争鳥羽・伏見の戦い五稜郭の戦い

・1868年、五箇条の誓文五榜の掲示政体書 :新しい政府の方針、枠組み

・1869年、版籍奉還

・1871年、廃藩置県

 

 ※改革:学制(1872)、徴兵令(1873)、地租改正(1873~)

     →それぞれ反対一揆がおこる

 

・1873年、明治六年の政変征韓論争の結果、政府が分裂

 →板垣退助西郷隆盛らが下野

 

・1874年、民撰議院設立の建白書の提出:板垣退助

 →自由民権運動

 

・1877年、西南戦争西郷隆盛

・1880年、国会期成同盟の結成

・1881年、明治十四年の政変国会開設の勅諭

 →政党の結成:自由党立憲改進党

 

 ※激化事件(1880年代)

 

・1885年、内閣制度:初代内閣総理大臣・伊藤博文

・1889年、大日本帝国憲法の発布

 

 

2)列強と対等の地位へ:対外戦争~条約改正(1890~1911年)

・1890年~ 初期議会:政府と政党の対立

 →日清戦争をきっかけに協力関係へ

・1894年、条約改正:領事裁判権の撤廃

・1894年、日清戦争

・1900年、立憲政友会伊藤博文が中心

・1902年、日英同盟

・1904年、日露戦争

・1910年、韓国併合

・1911年、条約改正:関税自主権の完全回復

 ※1901~1913年、桂園時代桂太郎西園寺公望

 


 

歴代内閣

1.明治時代の内閣-1

おぼえ方:イ ク ヤ マ イ マ イ オ ヤ イ

 

イ ①第1次 伊藤博文内閣(1885.12~1888.4)

ク ②    黒田清隆内閣(1888.4~1889.12)

ヤ ③第1次 山県有朋内閣(1889.12~1891.5)

マ ④第1次 松方正義内閣(1891.5~1892.8)

イ ⑤第2次 伊藤博文内閣(1892.8~1896.9)

マ ⑥第2次 松方正義内閣(1896.9~1898.1)

イ ⑦第3次 伊藤博文内閣(1898.1~1898.6)

オ ⑧第1次 大隈重信内閣(1898.6~1898.11)

ヤ ⑨第2次 山県有朋内閣(1898.11~1900.10)

イ ⑩第4次 伊藤博文内閣(1900.10~1901.6)

 

2.明治時代の内閣-2:桂園時代

おぼえ方:カ サ カ サ カ

 

カ ①第1次   桂太郎内閣(1901.6~1906.1)

サ ②第1次 西園寺公望内閣(1906.1~1908.7)

カ ③第2次   桂太郎内閣(1908.7~1911.8)

サ ④第2次 西園寺公望内閣(1911.8~1912.12)

カ ⑤第3次   桂太郎内閣(1912.2~1913.2)

 


前:江戸時代ー5 

次:明治時代- 

 

ざっくり高校日本史に戻る