· 

日本史:旧石器時代(概略)

Ⅰ.旧石器時代の年代

・約3万6000年前~約1万3000年前(日本の場合)

 

Ⅱ.日本の旧石器時代の特徴

1)気候・自然

①更新世(約1万年前まで)

・地球は氷河時代寒冷な氷期と比較的温暖な間氷期をくり返す

 

②日本列島のようす

大陸と陸続き:大型動物の渡来

 

 

 例)ナウマンゾウマンモスなど

 

2)生活・遺跡

狩猟採取で食料を獲得

打製石器を使用

 細石器:旧石器時代の終わりごろに登場

 

岩宿遺跡(群馬県

 →1946年、相沢忠洋関東ローム層から打製石器を発見

 

3)更新世の化石人骨

浜北人:静岡県で発見

港川人:沖縄県で発見

 


漢字の読み方

 

・更新世:こうしんせい

氷期:ひょうき

・間氷期:かんぴょうき

・狩猟:しゅりょう

・採取:さいしゅ

打製石器:だせいせっき

細石器:さいせっき

岩宿遺跡:いわじゅくいせき

相沢忠洋:あいざわただひろ

・関東ローム層:かんとうろーむそう

浜北人:はまきたじん

港川人:みなとがわじん