· 

弘仁・貞観文化(概略)

・平安時代初期の文化

・唐の影響が強く見られる

 

1.平安仏教

⓪特徴

・政治から距離を置いた

加持祈祷により災いを避ける

現世利益を求める貴族の間に広まる

(庶民の生活とはかけ離れた存在)

 

最澄

・遣唐使から帰国後、天台宗を開く

比叡山延暦寺を建立

 

※最澄の死後、密教化が進む

→弟子の円仁円珍が対立・分裂 

 

空海

・遣唐使から帰国後、真言宗を開く

 ※密教としてもたらされる

高野山金剛峰寺を建立

嵯峨天皇から教王護国寺東寺)をたまわる

綜芸種智院を建てる:教育機関

 

 

2.勅撰漢詩文集

・『凌雲集

・『文華秀麗集

・『経国集

 

 

3.彫刻

一木造で仏像を彫る

薬師寺僧形八幡神像

 ※神仏習合の表れ

観心寺如意輪観音像

 

 

4.建築

室生寺金堂・五重塔

 

5.書道

三筆:書道の優れた3人

 →嵯峨天皇・空海・橘逸勢

 


漢字の読み方

 

加持祈祷:かじきとう

現世利益:げんぜりやく

最澄:さいちょう

天台宗:てんだいしゅう開く

・比叡山:ひえいざん

延暦寺:えんりゃくじ

・円仁:えんにん

・円珍:えんちん 

空海:くうかい

・真言宗:しんごんしゅう

密教:みっきょう

・高野山:こうやさん

金剛峰寺:ごんごうぶじ

嵯峨天皇:さがてんのう

・教王護国寺(東寺):きょうおうごこくじ(とうじ)

・綜芸種智院:しゅげいしゅちいん

 

・勅撰漢詩文集:ちょくせんかんじぶんしゅう

・凌雲集:りょううんしゅう

・文華秀麗集:ぶんかしゅうれいしゅう

・経国集:けいこくしゅう

 

・一木造:いちぼくづくり

・薬師寺僧形八幡神像:やくしじそうぎょうはちまんしんぞう

・神仏習合:しんぶつしゅうごう

観心寺如意輪観音像:かんしんじにょいりんかんのんぞう

室生寺金堂・五重塔:むろうじこんどう・ごじゅうのとう

三筆:さんぴつ

橘逸勢:たちばなのはやなり