· 

国風文化(概略)

1.特徴

・遣唐使の廃止により、文化の国風化が進んだ

・日本の風土や文化、日本人の感情に合った貴族文化

・藤原氏による摂関政治が行われた時代に最も栄えた

 

2.文学

かな文字:漢字をもとに成立

→多くの文学作品が生み出された

 

①和歌集

紀貫之らが編集した『古今和歌集

 

②物語

・『竹取物語』:かぐや姫の伝奇的な説話

 

・『伊勢物語』:歌物語。在原業平の恋愛談を中心とする短編集

・『源氏物語』:紫式部による小説

 

③日記・随筆

・『土佐日記』:紀貫之が国司の任を終えて京都に戻るまでの日記。自身を女性に仮託して記述

・『蜻蛉日記』:藤原道綱の母の作。自叙伝的物語

 

・『枕草子』:清少納言の随筆

・『更級日記』:菅原孝標の女の作。一生の回想録

 

3.貴族の建築・衣服

寝殿造…平安時代の貴族が住んだ住居の建築様式

束帯…貴族の男性の正式な服装

女房装束十二単)…貴族の女性の正式な服装

 

4.仏教と建築

末法思想を背景に浄土教が流行

浄土信仰念仏を唱えて阿弥陀如来にすがり、来世で極楽浄土に往生することを願う信仰

空也市聖として活動

源信:『往生要集』を著す

平等院鳳凰堂藤原頼通が宇治(京都府)に建てた阿弥陀堂

 

5.彫刻

寄木造:仏像の大量需要にこたえて普及

※弘仁・貞観文化は一木造

 

6.書道

和様の発達

三跡三蹟):小野道風藤原佐理藤原行成の3人

 


漢字の読み方

 

紀貫之:きのつらゆき

古今和歌集:こきんわかしゅう

竹取物語:たけとりものがたり

伊勢物語:いせものがたり

・在原業平:ありわらのなりひら

源氏物語:げんじものがたり

紫式部:げんじものがたり

・土佐日記:とさにっき 

・蜻蛉日記:かげろうにっき

・藤原道綱の母:ふじわらのみちつなのはは

枕草子:まくらのそうし

清少納言:せいしょうなごん

・更級日記:さらしなにっき

・菅原孝標の女:すがわらのたかすえのむすめ

 

寝殿造:しんでんづくり

・束帯:そくたい

・女房装束(十二単):にょうぼうしょうぞく(じゅうにひとえ)

 

・末法思想:まっぽうしそう

・浄土教:じょうどきょうが流行

浄土信仰:じょうどしんこう

空也:くうや

・市聖:いちのひじり

・源信:げんしん

・往生要集:おうじょうようしゅう

平等院鳳凰堂:びょうどういんほうおうどう

・寄木造:よせぎづくり

一木造:いちぼくづくり

・和様:わよう

三跡(三蹟):さんせき

・小野道風:おののみちかぜ

・藤原佐理:ふじわらのすけまさ

・藤原行成:ふじわらのゆきなり