· 

日本史:古墳時代(概略)

Ⅰ.古墳時代の年代

・3世紀中頃~7世紀

 

Ⅱ.古墳時代のまとめ

1.概要

古墳…王や各地の豪族の墓

・大規模なものは前方後円墳とよばれる形状が多い

埴輪…墳丘上に置かれた焼き物

 ※円筒型、人物、家屋、動物などさまざまな形がある

 

2.古墳時代の区分と特徴

①出現期

箸墓古墳(奈良県):出現期最大の前方後円墳

 

②前期

・石室:竪穴式石室

・副葬品:銅鏡・農工具など呪術的・宗教的

 →被葬者は司祭者的性格

 

③中期

大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)(大阪府):最大の古墳

・石室:竪穴式石室

・副葬品:武具・馬具が中心

 →被葬者は武人的性格

 

④後期

・石室:横穴式石室

 

群集墳とよばれる小古墳が増加

 ※被葬者は有力農民層

装飾古墳…彩色画や彫刻がほどこされている古墳

 

 

3.ヤマト政権の成立

①概要

・3世紀後半頃、奈良盆地に成立。近畿地方の豪族を中心にした連合政権

大王…ヤマト政権の王

・5世紀には、九州地方から東北地方南部までの各地の豪族をしたがえた

 

②中国・朝鮮半島との交流

ⅰ.朝鮮半島のようす

・北部:高句麗

・東部:新羅

・西部:百済

・南部:加耶(加羅)諸国が分立

 倭(ヤマト政権)は百済・伽耶諸国と結びつきを強めた

 

高句麗好太王碑の碑文

 →倭が高句麗と交戦した記述あり

 

ⅱ.『宋書』倭国伝の記述

倭の五王が、中国の南朝にたびたび使いを送る

 

ⅲ.文化・文物の伝来

渡来人…中国や朝鮮から日本に移住し、技術や文化を伝えた人々

百済から儒教仏教が伝来

須恵器…高温で焼いた、硬質で灰色の土器

 ※土師器…弥生土器の系譜をひく土器。赤褐色

 


漢字の読み方

 

前方後円墳:ぜんぽうこうえんふん

埴輪:はにわ

 

箸墓古墳:はしはかこふん

・竪穴式石室:たてあなしきせきしつ

・被葬者:ひそうしゃ

大仙陵古墳:だいせんりょうこふん

・仁徳天皇陵古墳:にんとくてんのうりょうこふん

群集墳:ぐんしゅうふん

 

大王:おおきみ(だいおう)

高句麗:こうくり

新羅:しらぎ

百済:くだら

加耶(加羅)諸国:かや(から)しょこく

好太王碑:こうたいおうひ

『宋書』倭国伝:そうじょわこくでん

倭の五王:わのごおう

渡来人:とらいじん

須恵器…すえき

・土師器:はじき