日本史:鎌倉時代(概略)②

Ⅲ.鎌倉時代の流れ・続き

 

3)鎌倉幕府の動揺

①モンゴル民族の統一と元の建国

ⅰ.チンギス・ハン(成吉思汗)

・13c初め、モンゴル民族を統一

 

ⅱ.フビライ・ハン(忽必烈汗)

・中国に進出。1271年、国号をとする

・日本に服属を要求するが、幕府の8代執権北条時宗は拒否

 

元寇(蒙古襲来)

・1271年、異国警固番役:元の襲来に備え、九州北部の御家人が要地を警備

 

ⅰ.1274年、文永の役

・元の武器や戦い方に苦戦

てつはう:火薬を用いた元軍の武器

 集団戦法:日本は一騎打ちが主流

 

・『蒙古襲来絵巻』:肥後の御家人竹崎季長の奮戦する姿が描かれる 

 

・再度の襲来への備え

→異国警固番役の強化

 防塁(石築地、石塁):博多湾沿いに構築

 

 

ⅱ.1281年、弘安の役

・元は1279年に南宋をほろぼし、再度襲来

・東路軍・江南軍あわせて14万の軍勢

・暴風雨の発生:元軍は上陸できないまま敗退

 

・元寇の影響:御家人の窮乏

 ※戦費負担が大。恩賞不足

 →幕府への不満が高まる

 

 

④蒙古襲来後の国内政治

・9代執権北条貞時:1284~1301年

 

ⅰ.得宗専制政治の確立

得宗…北条氏の嫡流の当主のこと

御内人…得宗の家臣

内管領…御内人の中心人物

 

ⅱ.得宗専制強化の過程

・1285年、霜月騒動…内管領平頼綱が、有力御家人安達泰盛を滅ぼす

・1293年、北条貞時が平頼綱を滅ぼす

 

ⅲ.その他の政策

・1293年、鎮西探題の設置:九州地方の政務・裁判、御家人の指揮

 ※鎮西奉行の役割は縮小

・1297年、永仁の徳政令

 

⑤ 御家人の窮乏

ⅰ.窮乏の要因

・戦費の自己負担、恩賞不足 →幕府に対する不満増大

・分割相続による所領の細分化

・貨幣経済の浸透 →所領を失う(質入れ・売却)

 

ⅱ.幕府の対応

・1297年、永仁の徳政令:御家人の救済をはかる

→御家人の所領の質入れ・売却の禁止

 売却後20年以内の所領の無償返却

 金銭貸借の訴訟の不受理 

※かえって混乱を招く

 

 

⑥惣領制の崩壊

単独相続への切り替え

悪党の出現:荘園領主に抵抗する地頭・非御家人など

 

 

4)鎌倉幕府の滅亡

①14代執権北条高時の時代:1316~26年

・北条高時の下で、内管領長崎高資が政治独占

 

②皇室内の対立

後嵯峨上皇の死後、本格化:二系統の対立

ⅰ.持明院統

後深草天皇の系統

後白河上皇以来の荘園群・長講堂領を保有

 ※のちの北朝

 

ⅱ.大覚寺統

亀山天皇の系統

鳥羽上皇以来の荘園群・八条院領を保有

 ※のちの南朝

 

ⅲ.幕府の介入、解決策

両統迭立二系統が交代で皇位につく方式

 

 

後醍醐天皇(大覚寺統)の討幕計画

ⅰ.正中の変(1324年)

・事前に発覚して失敗

 

ⅱ.元弘の変(1331年)

・武力討幕を再計画、密告により発覚して失敗

・後醍醐天皇は隠岐に配流

鎌倉幕府は光厳天皇(持明院統)を即位させる

 

 

④各地で討幕運動が活発化

後醍醐天皇が隠岐を脱出

護良親王(後醍醐天皇の皇子)の挙兵

楠木正成の挙兵:赤坂城、千早城で戦う

足利高氏六波羅探題を滅ぼす

新田義貞鎌倉を攻める:北条高時とその一族自殺

1333年、鎌倉幕府滅亡

 


漢字の読み方 

北条時宗:ほうじょうときむね

元寇(蒙古襲来):げんこう(もうこしゅうらい)

異国警固番役:いこくけいごばんやく 

文永の役:ぶんえいのえき

竹崎季長:たけざきすえなが 

防塁(石築地、石塁):ぼうるい(いしついじ、せきるい) 

弘安の役:こうあんのえき

東路軍・江南軍:とうろぐん・こうなんぐん

・窮乏:きゅうぼう

北条貞時:ほうじょうさだとき

得宗専制政治:とくそうせんせいせいじ

御内人:みうちびと

内管領:うちかんれい

霜月騒動:しもつきそうどう

平頼綱:たいらのよりつな

安達泰盛:あだちやすもり

鎮西探題:ちんぜいたんだい

永仁の徳政令:えいにんのとくせいれい 

悪党:あくとう

 

北条高時:ほうじょうたかとき

長崎高資:ながさきたかすけ 

後嵯峨上皇:ごさがじょうこう

持明院統:じみょういんとう

後深草天皇:ごふかくさてんのう

長講堂領:ちょうこうどうりょう

・北朝:ほくちょう

大覚寺統:だいかくじとう

亀山天皇:かめやまてんのう

八条院領:はちじょういんりょう

・南朝:なんちょう

・両統迭立:りょうとうてつりつ 

後醍醐天皇:ごだいごてんのう

正中の変:しょうちゅうのへん

元弘の変:げんこうのへん

光厳天皇:こうごんてんのう

・護良親王:もりよししんのう

楠木正成:くすのきまさしげ

足利高氏:あしかがたかうじ

 ※この時点では「高氏」。「尊氏」ではない

新田義貞:にったよしさだ