· 

日本史:縄文時代(概略)

Ⅰ.縄文時代の年代

・約1万3000年前~BC4世紀頃

 

Ⅱ.縄文時代の特徴

1)気候・自然

氷河時代が終了

完新世になると、温暖になり海面が上昇

→現在の形に近い日本列島ができる

 大型動物の絶滅、植生の変化

 

2)さまざまな道具

・石器:磨製石器を使用

 →縄文時代は新石器時代に属する

 ※打製石器も引き続き使用

縄文土器:厚手、低温で焼かれ黒褐色。表面に縄目のような文様

弓矢:小型のすばやい動物(シカ・イノシシなど)をとらえるため

 

3)交易された岩石

黒曜石:石器の原材料

ひすい(硬玉)

サヌカイト(讃岐石)

 

4)生活・遺跡など

・数軒の竪穴住居を広場に建て、集団で生活

貝塚…食べ物の残りかすなどを捨てた

 例)大森貝塚(東京都)

 

抜歯…大人になったことを示す儀式・通過儀礼

屈葬…手足を折り曲げて埋葬した

 ※死者の霊による災いを防ぐため

 

土偶…豊かな生産を願ってつくられた土製の人形

アニミズム…すべての自然物や動物に霊魂が存在すると考える信仰

・遺跡:三内丸山遺跡(青森県)

 


漢字の読み方

 

完新世:かんしんせい

磨製石器:ませいせっき

・黒褐色:こっかっしょく

黒曜石:こくようせき

・硬玉:こうぎょく

・讃岐石:さぬきいし

 

竪穴住居:たてあなじゅうきょ

大森貝塚:おおもりかいづか

抜歯:ばっし

屈葬:くっそう

土偶:どぐう

 

アニミズム

 ※注意:「アミニズム」と書かないように

三内丸山:さんないまるやま

 


前:旧石器時代 

次:弥生時代  

 

ざっくり高校日本史に戻る