日本史:平安時代(概略)②

Ⅲ.平安時代の流れ・続き

5)院政の開始

後三条天皇の即位:1068年

・藤原氏を外戚としない天皇

大江匡房を登用

・枡の統一:宣旨枡の制定

・1069年、延久の荘園整理令を発令:藤原氏に打撃

 

院政

上皇太上天皇)が実権を握って行う政治

・1086年、白河天皇が子の堀河天皇に譲位

 →白河上皇として政治の実権を握り続けた

 

 

6)平氏政権

①2つの戦乱

ⅰ.1156年、保元の乱

・院政の実権をめぐる対立

・勝利:後白河天皇平清盛源義朝

・敗北:崇徳上皇、藤原頼長、平忠正、源為義

 

ⅱ.1159年、平治の乱

・源平の対立

・勝利:藤原通憲信西)(自殺)、平清盛

・敗北:源義朝源頼朝(伊豆に配流)

 ※その後、平氏が台頭

 

平氏政権

・1167年、平清盛が武士として初めて太政大臣になる

・娘の平徳子建礼門院)を高倉天皇に嫁がせた

 →生まれた安徳天皇が即位

 ※清盛は外戚として権勢をふるう(藤原氏と同じ)

 

日宋貿易:摂津の港大輪田泊を修築、と貿易

 

 

7)源平の争乱(治承・寿永の乱)

・1180年、以仁王の令旨、源頼政らの挙兵

・伊豆の源頼朝木曽の源義仲らも挙兵

・1181年、平清盛が死去

 

・1183年、寿永二年十月宣旨

 →源頼朝が東国(東海道・東山道)の支配権を認められる

 

・1185年、壇の浦の戦い(山口県)

 →源義経らの活躍により、平氏が滅亡

 


漢字の読み方 

後三条天皇:ごさんじょうてんのう

大江匡房:おおえのまさふさ

宣旨枡:せんじます

延久の荘園整理令:えんきゅうのしょうえんせいりれい

上皇太上天皇):じょうこう(だいじょうてんのう)

白河天皇:しらかわてんのう

堀河天皇:ほりかわてんのう

 

保元の乱:ほうげんのらん

後白河天皇:ごしらかわてんのう

平清盛:たいらのきよもり

源義朝:みなもとのよしとも

崇徳上皇:すとくじょうこう

・藤原頼長:ふじわらのよりなが

・平忠正:たいらのただまさ

・源為義:みなもとのためよし

平治の乱:へいじのらん

藤原通憲信西):ふじわらのみちのり(しんぜい)

太政大臣:だいじょうだいじん

平徳子建礼門院):たいらのとくこ(けんれいもんいん)

高倉天皇:たかくらてんのう

安徳天皇:あんとくてんのう

日宋貿易:にっそうぼうえき

大輪田泊:おおわだのとまり

 

以仁王:もちひとおう

源頼政:みなもとのよりまさ

木曽:きそ

源義仲:みなもとのよしなか

寿永二年十月宣旨:じゅえいにねんじゅうがつせんじ

 

壇の浦の戦い:だんのうらのたたかい

源義経:みなもとのよしつね