日本史:平安時代(概略)①

Ⅰ.平安時代の年代

・平安京に遷都された794年から、鎌倉幕府が開かれる1185年(または1192)年まで。

 

Ⅱ.大まかな流れ

1)平安京遷都、平安時代の始まり(794年)

2)藤原氏の台頭:他氏排斥(9~10世紀)

3)藤原氏の全盛、摂関政治(11世紀)

4)武士の出現

5)院政の開始(1086年)

6)平氏政権

7)源平の争乱(12世紀後半)

 

 

Ⅲ.平安時代の流れ

1)平安時代の始まり

①遷都:桓武天皇のとき

・784年、長岡京に都を移す

・794年、平安京に都を移す 平安時代の始まり

 

②支配地域の拡大(東北地方)

桓武天皇坂上田村麻呂征夷大将軍に任命

 →蝦夷の指導者阿弖流為を降伏させた

 

③対外関係の変化

ⅰ.遣唐使の停止

・894年、菅原道真の提案

 

ⅱ.中国

・10世紀初め、が滅亡

 →その後、が統一

 

ⅲ.朝鮮半島

・10世紀初め新羅が滅亡

 →高麗が統一

 

 

2)藤原氏の他氏排斥

ⅰ.842年、承和の変

→〇藤原良房

 ×伴健岑橘逸勢

 

ⅱ.866年、応天門の変

→〇藤原良房

 ×伴善男

 

ⅲ.901年、菅原道真、大宰権帥に左遷

→〇藤原時平

 ×菅原道真

 

ⅳ.969年、安和の変

→×源高明

 

 

3)藤原氏の全盛

摂関政治

・天皇の幼少時は摂政、成人後は関白として、政治の実権をにぎる

・娘を天皇の后にし、生まれた子を次の天皇に即位させ、外戚として勢力を伸ばした

 

②全盛期

藤原道長藤原頼通父子のとき

 

 

4)武士の出現

①地方支配の変化

・10世紀になると、地方の政治は国司に一任される

→横暴な国司の出現:藤原元命藤原陳忠

 

※地方の政治は乱れる →自衛のために武士が登場

 

②武士の反乱:10世紀前半

ⅰ.平将門の乱

・関東地方で反乱

平貞盛藤原秀郷らが鎮圧

 

ⅱ.藤原純友の乱

・瀬戸内海周辺で反乱

源経基らが鎮圧

 

③荘園の変質

不輸の権:荘園にかかる税を免除

不入の権:国司の使者(検田使)の荘園への立ち入り拒否

 

④武士団の成長

ⅰ.前九年合戦:1051~1062年

源頼義源義家父子が、清原氏の助けを得て安倍氏を滅ぼす

 

ⅱ.後三年合戦:1083~1087年

源義家清原氏の内紛に介入

奥州藤原氏の繁栄:清衡基衡秀衡、泰衡の4代

 

 


漢字の読み方 

桓武天皇:かんむてんのう

坂上田村麻呂:さかのうえのたむらまろ

征夷大将軍:せいいたいしょうぐん

阿弖流為:あてるい

菅原道真:すがわらのみちざね

:そう

 ※漢字ミス注意:「宗」は×

高麗:こうらい 

 

承和の変:じょうわのへん

藤原良房:ふじわらのよしふさ

伴健岑:とものこわみね

橘逸勢:たちばなのはやなり

応天門の変:おうてんもんのへん

伴善男:とものよしお

・大宰権帥:だざいごんのそち

・左遷:させん

藤原時平:ふじわらのときひら

安和の変:あんなのへん

源高明:みなもとのたかあきら

 

摂関政治:せっかんせいじ

摂政:せっしょう

関白:かんぱく

・外戚:がいせき

藤原道長:ふじわらのみちなが

藤原頼通:ふじわらのよりみち

 ※漢字ミス注意:「頼道」は×

 

藤原元命:ふじわらのもとなが

藤原陳忠:ふじわらののぶただ 

平将門:たいらのまさかど

平貞盛:たいらのさだもり

藤原秀郷:ふじわらのひでさと

藤原純友:ふじわらのすみとも

源経基:みなもとのつねもと

不輸の権:ふゆのけん

不入の権:ふにゅうのけん

・検田使:けんでんし

前九年合戦:ぜんくねんかっせん

・源頼義:みなもとのよりよし

源義家:みなもとのよしいえ

後三年合戦:ごさんねんかっせん

清衡基衡秀衡、泰衡:きよひら、もとひら、ひでひら、やすひら

 ※漢字ミス注意:「衝」は×