白鳳文化(概略)


白鳳文化:7世紀後半から8世紀初め

天武天皇の時代が中心

 

1.寺院

大官大寺 

薬師寺:天武天皇が建立

 →薬師寺東塔(写)が有名


2.仏像など

薬師寺金堂薬師三尊像(写)

興福寺仏頭(写)

法隆寺金堂壁画(写)

高松塚古墳壁画(写)

 

(写)とあるものは写真でも確認しましょう!


漢字の読み方(タップで開きます) 1.寺院
白鳳文化:はくほうぶんか
・大官大寺:だいかんだいじ
薬師寺:やくしじ
薬師寺東塔:やくしじとうとう

2.仏像など
・薬師寺金堂薬師三尊像:やくしじこんどうやくしさんぞんぞう
・興福寺仏頭:こうふくじぶっとう
・法隆寺金堂壁画:ほうりゅうじこんどうへきが
高松塚古墳壁画:たかまつづかこふんへきが