日本史:江戸時代(概略)③

Ⅲ.江戸時代の流れ・続き

 

4)幕政の改革:8~10代将軍(1716~1843年)

享保の改革:8代将軍徳川吉宗の時代(在職:1716~1745年) 

ⅰ.人材登用とその著書

大岡忠相:旗本(のち江戸町奉行など)

荻生徂徠:儒学者(古文辞学派)。政治意見書『政談

室鳩巣:儒学者(朱子学派)

田中丘隅:川崎宿の名主、農政家。『民間省要

 

ⅱ.財政再建

・倹約令

 

上げ米の制):1722~1730年実施

 →大名は石高1万石につき100石を献上。見返りに参勤交代の在府期間を半減

 

足高の制:少ない財政負担で人材登用するため。在職中のみ不足分を支給

 

相対済し令…金銀貸借訴訟(金公事)を不受理とし、当事者間で解決させる

目安箱:庶民の意見を聞くための投書箱を設置

 →町火消の創設、貧民用医療施設の小石川養生所の創設など

公事方御定書:裁判の基準を定める

 

・年貢:検見法を改め定免法を採用。年貢率の引き上げ

 

町人請負新田:町人の経済力を利用した新田開発

・漢訳洋書の輸入緩和:実学を奨励

 

・オランダ語の習得:青木昆陽野呂元丈

 →のちの蘭学の発展につながる

 ※青木昆陽は甘藷(サツマイモ)の普及を実現

 

田沼意次の政治:1772~1786年

・1772年、田沼意次老中就任:10代将軍徳川家治の信任

 

ⅰ.田沼意次の政策

株仲間を積極的に公認:営業税(運上冥加)の増収をはかる

新田開発:下総の印旛沼手賀沼の大規模干拓工事

 →利根川の大洪水により失敗

 

 

・1772年、南鐐二朱銀の発行:初の計数銀貨

 

ⅱ.失脚

浅間山の噴火天明の飢饉の発生

 →百姓一揆打ちこわしの多発

・1784年、子の田沼意知が刺殺される

  ※犯人の旗本佐野政言:「世直し大明神」

・1786年、将軍家治の死去にともない、田沼意次は老中を罷免される

・1787年、江戸・大坂などで天明の打ちこわしがおこる

 


漢字の読み方 

 

享保の改革:きょうほうのかいかく

徳川吉宗:とくがわよしむね

大岡忠相:おおおかただすけ

荻生徂徠:おぎゅうそらい

・室鳩巣:むろきゅうそう

・田中丘隅:たなかきゅうぐ

・民間省要:みんかんせいよう 

上げ米:あげまい

足高の制:たしだかのせい

相対済し令:あいたいすましれい

目安箱:めやすばこ

・町火消:まちびけし

・小石川養生所:こいしかわようじょうしょ

公事方御定書:くじかたおさだめがき

・検見法:けみほう

定免法:じょうめんほう

青木昆陽:あおきこんよう

・野呂元丈:のろげんじょう

・甘藷:かんしょ

 

田沼意次:たぬまおきつぐ

徳川家治:とくがわいえはる

・運上:うんじょう

冥加:みょうが

印旛沼:いんばぬま

手賀沼:てがぬま

南鐐二朱銀:なんりょうにしゅぎん

田沼意知:たぬまおきとも

・佐野政言:さのまさこと