日本史:江戸時代(概略)②

Ⅲ.江戸時代の流れ・続き

 

3)幕政の安定:4~7代将軍(1651~1716年)

 

①4代将軍徳川家綱の時代(在職:1651~80年) 

ⅰ.1651年、由井正雪の乱慶安の変

・事前に発覚

 

ⅱ.文治政治への転換

末期養子の禁止を緩和50歳未満の大名には末期養子を認める

 

・1663年、武家諸法度寛文令)の発布

殉死の禁止:大名に口頭で伝達

 

ⅲ.1657年、明暦の大火

→再建費用が財政を圧迫

 

②諸藩の改革

・岡山藩主池田光政:郷学閑谷学校の設立

 ※陽明学者の熊沢蕃山は藩学花畠教場を設立

・会津藩主保科正之山崎闇斎に朱子学を学ぶ

・水戸藩主徳川光圀:江戸に彰孝館を設立、『大日本史』の編纂を開始

 ※明から亡命した儒学者朱舜水の教えを受ける

・加賀藩主前田綱紀:朱子学者木下順庵を招く

 

 

③5代将軍徳川綱吉の政治(在職:1680~1709年)

ⅰ.天和の治:大老堀田正俊の補佐

・1683年、武家諸法度天和令)の発布

 →「文武忠孝を励し、礼儀を正すべき事」に改定

・1684年、大老堀田正俊が暗殺される

 →柳沢吉保側用人として登用

 

ⅱ.儒教政治

・林鳳岡(林信篤):林羅山の孫。大学頭として活躍

 

ⅲ.生類憐みの令

・1685年~、極端な動物愛護令 

 

ⅳ.幕府財政の破綻

・貨幣改鋳:慶長小判から元禄小判に改鋳

 →金の含有率を減らし、質の劣った小判

 ※勘定吟味役荻原重秀による

 

 

正徳の政治:1709~1716年

・儒学者(朱子学者)新井白石側用人間部詮房も登用

 ※6代将軍・徳川家宣:在職1709~12年

  7代将軍・徳川家継:在職1713~16年

 

閑院宮家の創設

・朝鮮通信使の待遇を簡素化

 →国書に記載の将軍の称号を「日本国大君殿下」から「日本国王」に変更

 ※8代将軍徳川吉宗が元に戻す

 

正徳小判:元禄小判をやめて金の含有率を慶長小判と同率に戻す

 →しかし、かえって混乱

 

・1715年、海舶互市新例:貿易額を制限。金銀流出を防ぐため

 

 


漢字の読み方 

 

徳川家綱:とくがわいえつな

由井正雪:ゆいしょうせつ

文治政治:ぶんちせいじ

末期養子:まつごようし

・寛文令:かんぶんれい

殉死:じゅんし 

・明暦の大火:めいれきのたいか

 

池田光政:いけだみつまさ

・郷学:ごうがく

・閑谷学校:しずたにがっこう

熊沢蕃山:くまざわばんざん

・藩学:はんがく

・花畠教場:はなばたけきょうじょう

保科正之:ほしなまさゆき

山崎闇斎:やまざきあんさい

徳川光圀:とくがわみつくに

・彰孝館:しょうこうかん

朱舜水:しゅしゅんすい

前田綱紀:まえだつなのり

木下順庵:きのしたじゅんあん

 

徳川綱吉:とくがわつなよし

・天和の治:てんなのち

堀田正俊:ほったまさとし

柳沢吉保:やなぎさわよしやす

・側用人:そばようにん

・林鳳岡(林信篤):はやしほうこう(はやしのぶあつ)

・大学頭:だいがくのかみ 

生類憐みの令:しょうるいあわれみのれい

勘定吟味役:かんじょうぎんみやく

荻原重秀:おぎわらしげひで

 

正徳の政治:しょうとくのせいじ

新井白石:あらいはくせき

間部詮房:まなべあきふさ

徳川家宣:とくがわいえのぶ

徳川家継:とくがわいえつぐ

閑院宮家:かんいんのみやけ

海舶互市新例:かいはくごししんれい

 ※漢字ミス注意:「新令」は×

 


前:江戸時代-1:初~3代将軍(~1651年)

次:江戸時代ー3:8~10代将軍(1716~1786年) 

 

 

ざっくり高校日本史に戻る