日本史:飛鳥時代(概略)

Ⅰ.飛鳥時代の年代

・推古天皇が即位する592年から、平城京に都が移される710年まで。

 

Ⅱ.大まかな流れ

1)聖徳太子の政治

2)大化改新

3)律令国家への道

4)律令国家の成立

 

 

Ⅲ.飛鳥時代の流れ

1)厩戸王聖徳太子)の政治

・593年、推古天皇の摂政となる

 ※蘇我馬子と協力

・603年、位十二階の制度

・604年、憲法十七条:役人の心構えを示した

・607年、遣隋使小野妹子を派遣

・622年、死去

 

 

2)大化改新

・645年、乙巳の変

 …中大兄皇子中臣鎌足らが蘇我氏を滅ぼす(蘇我蝦夷蘇我入鹿

 →大化改新:政治改革を実施

 

 

3)律令国家への道

・663年、白村江の戦い新羅の連合軍に敗北

・667年、近江大津宮に遷都

 

天智天皇

・668年、中大兄皇子が即位して天智天皇となる

・670年、庚午年籍:初の全国的戸籍

 

・672年、壬申の乱:天智天皇死去後の皇位継承争い

※天智天皇の子:大友皇子(敗北)

 天智天皇の弟:大海人皇子勝利

 

天武天皇

・673年、大海人皇子天武天皇として即位

 →天皇中心の政治を進める

 

・684年、八色の姓天武天皇が制定した8階の姓

 

持統天皇

・天武天皇の皇后。天武天皇の死去後に即位

・689年、飛鳥浄御原令の施行

・690年、庚寅年籍:戸籍を作成

・694年、藤原京に遷都

 

 

 

4)律令国家の成立

・701年、大宝律令の完成

 →律令国家の成立

 


漢字の読み方

 

厩戸王:うまやとおう

推古天皇:すいこてんのう

蘇我馬子:そがのうまこ

位十二階:かんいじゅうにかい

憲法十七条:けんぽうじゅうしちじょう

遣隋使:けんずいし

小野妹子:おののいもこ

乙巳の変:いっしのへん

中大兄皇子:なかのおおえのみこ

中臣鎌足:なかとみのかまたり

蘇我蝦夷:そがのえみし

蘇我入鹿:そがのいるか

大化改新:たいかのかいしん

白村江の戦い:はくすきのえのたたかい(はくそんこうのたたかい)

:とう

新羅:しらぎ

天智天皇:てんじてんのう

庚午年籍:こうごねんじゃく

壬申の乱:じんしんのらん

大友皇子:おおとものみこ

大海人皇子:おおあまのみこ

天武天皇:てんむてんのう

八色の姓:やくさのかばね

持統天皇:じとうてんのう

飛鳥浄御原令:あすかきよみはらりょう

庚寅年籍:こういんねんじゃく

藤原京:ふじわらきょう

大宝律令:たいほうりつりょう

 ※漢字ミス注意:「太宝」は×