日本史:安土桃山時代(概略)

Ⅰ.安土桃山時代の年代

・1573年から1603年まで

 

Ⅱ.大まかな流れ

1)織田信長

・1560年、桶狭間の戦い:今川義元を破る

・1573年、室町幕府を滅ぼす

・1575年、長篠合戦:武田氏を破る

・1582年、本能寺の変

 

2)羽柴秀吉(豊臣秀吉)

・1582年、明智光秀を討つ

・関白・太政大臣に就任

・太閤検地、刀狩

・1590年、天下統一を達成

・朝鮮出兵

・1598年、 死去

 

 

Ⅲ.安土桃山時代の流れ

1)織田信長

①信長の事績

・1560年、桶狭間の戦い:駿河の今川義元を破る

・1568年、足利義昭を奉じて(従う形で)京都に入り、15代将軍に就かせる

・1570年、姉川の戦い:近江の浅井長政と越前の朝倉義景の連合軍を破る

・1571年、延暦寺焼打ち

・1573年、室町幕府を滅ぼす:15代将軍足利義昭を京都から追放

・1575年、長篠合戦:三河の長篠において、甲斐の武田勝頼を破る

  ※足軽鉄砲隊と馬防柵を用いた戦法で、武田氏の騎馬隊を撃破

・1576年、安土城を築城:天下統一のための拠点。琵琶湖のほとりに築く

・1582年、本能寺の変…京都で家臣の明智光秀の謀叛にあい自害

 

②都市政策

関所の撤廃:交通の障害となっていたため。自由な通行を認める

楽市・楽座:安土城下町に楽市令を発し、商工業者に自由な営業活動を認める

・自治都市を直轄領とする:経済力に着目

 

③宗教政策

ⅰ.仏教勢力:対立

石山本願寺を頂点とする浄土真宗の寺院と対立

・寺内町を拠点とする一向一揆と対立

・1574年、伊勢長島の一向一揆を鎮圧

・1580年、石山戦争終結:本願寺の顕如光佐)が屈服し石山を退去

 

ⅱ.キリスト教:保護

キリスト教には好意を示し、積極的に保護

 

 

2)羽柴秀吉豊臣秀吉

①天下統一まで

・1582年、山崎の合戦:天王山で明智光秀を破る

・1583年、賤ヶ岳の戦い:織田信長の重臣柴田勝家を破る

・1583年、大坂城を築城:石山本願寺の跡地に建設。1588年完成

・1584年、小牧・長久手の戦い徳川家康らと戦い、和睦

・1585年、四国平定:長宗我部元親が降伏。長宗我部氏は土佐一国のみ安堵

・1585年、関白に就任:全国の支配権を委任される

 →惣無事令を出し、全国の戦国大名に停戦を命令。「私闘」の禁止

・1586年、太政大臣に就任。豊臣の姓を与えられる

・1587年、九州平定:惣無事令に従わなかった薩摩の島津義久を降伏させる

・1590年、小田原攻め:最後まで抵抗し続けた北条氏北条氏政)を滅ぼす

 ※東北地方の諸大名(伊達政宗など)も服属

全国統一を完成

 

②豊臣政権の確立

ⅰ.天皇権威の利用

・1588年、京都の聚楽第後陽成天皇を招く

 

ⅱ.経済基盤

蔵入地:直轄領。約220万石

・主要鉱山の直轄化

 ※天正大判の鋳造

 

ⅲ.政権組織の整備

五奉行長束正家浅野長政石田三成前田玄以増田長盛

五大老徳川家康前田利家毛利輝元上杉景勝宇喜多秀家

 ※はじめ小早川隆景も含め大老は6人いたが、その死後五大老となる

 

③秀吉の国内政策

ⅰ.太閤検地

・土地面積の単位を統一:

 ※1段=300とした(それまでは360歩)

京枡:枡の容量を統一

石高制:全国各地の生産力を米の量で換算

一地一作人の原則:1つの土地に1人の耕作者と定めた

 

ⅱ.兵農分離

・兵・町人・百姓などの職業にもとづく身分が定められたこと

検地太閤検地)、刀狩人掃令身分統制令)により完成

 

刀狩令:1588年に発令。一揆を防止し、農民を農業に専念させるため

 人掃令身分統制令):1591年に発令。身分・職業の変更を禁止

 →1592年、関白豊臣秀次も発令:朝鮮出兵の人員確保のため

 

④秀吉のキリスト教政策と対外政策

ⅰ.バテレン追放令

・1587年に発令

・大名の入信は許可制にし、宣教師を国外追放

・信仰を捨てなかった播磨国明石城主高山右近の領地を取り上げ(取り潰し)

・一般人の信仰は「その者の心次第」として禁止せず

 →禁教は不徹底に終わった

 

ⅱ.サン=フェリペ号事件:1596年

・スペイン船サン=フェリペ号の乗組員の失言がきっかけ

26聖人殉教:秀吉の指示により、長崎にて宣教師・信者を処刑

 

ⅲ.海賊取締令

・1588年発令

倭寇後期倭寇)などの海賊行為を禁止

・刀狩令と同日に発令。「海の刀狩令」ともいわれる

 

 

⑤朝鮮出兵

ⅰ.1592年、文禄の役

・秀吉は肥前名護屋に本陣を築く

・朝鮮水軍や明の援軍により戦局は不利に

 ※李舜臣が考案した亀甲船など

 

ⅱ.1597年、慶長の役

・日本軍ははじめから苦戦。士気も低い

・1598年、豊臣秀吉の死去により撤兵 

 


漢字の読み方 

 

桶狭間の戦い:おけはざまのたたかい

今川義元:いまがわよしもと

足利義昭:あしかがよしあき

・奉じて:ほうじて

姉川の戦い:あねがわのたたかい

・浅井長政:あざいながまさ

・朝倉義景:あさくらよしかげ

延暦寺焼打ち:えんりゃくじやきうち

長篠合戦:ながしのかっせん

・武田勝頼:たけだかつより

・馬防柵:ばぼうさく

安土城:あづちじょう

本能寺の変:ほんのうじのへん

明智光秀:あけちみつひで

・謀叛:むほん 

楽市・楽座:らくいち・らくざ

石山本願寺:いしやまほんがんじ

・伊勢長島の一向一揆:いせながしまのいっこういっき

顕如(光佐):けんにょ(こうさ)

 

・天王山:てんのうざん

賤ヶ岳の戦い:しずがたけのたたかい

柴田勝家:しばたかついえ

小牧・長久手の戦い:こまき・ながくてのたたかい

惣無事令:そうぶじれい

島津義久:しまづいえひさ

・北条氏政:ほうじょううじまさ

聚楽第:じゅらくてい

後陽成天皇:ごようぜいてんのう

蔵入地:くらいりち

天正大判:てんしょうおおばん 

・五奉行:ごぶぎょう

・長束正家:なつかまさいえ

・浅野長政:あさのながまさ

石田三成:いしだみつなり

 ※漢字ミス注意。「光成」は×

・前田玄以:まえだげんい

・増田長盛:ましたながもり

・五大老:ごたいろう

前田利家:まえだとしいえ

毛利輝元:もうりてるもと

上杉景勝:うえすぎかげかつ

・宇喜多秀家:うきたひでいえ

・小早川隆景:こばやかわたかかげ

太閤検地:たいこうけんち

・町・段・畝・歩:ちょう・たん・せ・ぶ

京枡:きょうます

石高制:こくだかせい

一地一作人の原則:いっちいっさくにんのげんそく

兵農分離:へいのうぶんり

人掃令身分統制令):ひとばらいれい(みぶんとうせいれい) 

刀狩令:かたながりれい

豊臣秀次:とよとみひでつぐ 

高山右近:たかやまうこん

・26聖人殉教:にじゅうろくせいじんじゅんきょう

文禄の役:ぶんろくのえき

・名護屋:なごや

李舜臣:りしゅんしん

・亀甲船:きっこうせん 

慶長の役:けいちょうのえき