· 

歴史7-6 高度経済成長(まとめ)

ポイント解説

日本は1955年から高度経済成長期を迎え、一気に先進国の仲間入りを果たしました。1973年第四次中東戦争をきっかけに(第一次)石油危機が発生し、その影響で高度経済成長は終わり、日本は安定成長の時代に入りました。


1.高度経済成長とは

・1955~1973年まで続いた、年平均10%程度の経済成長

→日本は先進国、経済大国へ発展

 

①高度経済成長期のできごと

・1960年、池田勇人内閣所得倍増をスローガンに掲げる

・1964年、東京オリンピックが開かれる

・1968年、国民総生産(GNP)が資本主義国のなかでアメリカに次いで世界第になる

 

②家庭電化製品の普及

・「三種の神器」:白黒テレビ電気洗濯機電気冷蔵庫

→続いて3Cが普及:カラーテレビ自動車クーラー

 

2.公害問題の深刻化

①四大公害裁判

新潟水俣病四日市ぜんそくイタイイタイ病水俣病

→いずれも原告住民が勝訴

 

②政府の公害・環境対策

ⅰ.公害対策基本法

・1967年制定

→1993年、環境基本法に改正

 

ⅱ.環境庁

・1971年設置

→2001年、環境省になる

 

3.高度経済成長の終わり

①きっかけと影響

・1973年、第四次中東戦争が起こる

→産油国が原油価格を引き上げ

石油危機(オイルショック)の発生

・先進工業国は不況におちいる

日本の高度経済成長も終わる

 

②日本の対応と安定成長

・日本は経営の合理化省エネルギー化を進め、いち早く不況を乗り切った

→輸出がのびて貿易黒字が増加

→欧米諸国との貿易摩擦が発生

※日本は経済大国としての役割を求められるようにもなった


漢字の読み方

池田勇人:いけだはやと

・GNP:ジーエヌピー

・三種の神器:さんしゅのじんぎ

水俣病:みなまたびょう