· 

歴史7-7 冷戦の終結、その後の国際社会(まとめ)

ポイント解説

第二次世界大戦後に本格化した冷戦は、1989年に米ソ首脳によって終結が宣言されました。さらに、ベルリンの壁が崩壊東西ドイツの統一ソ連の解体と、冷戦は完全に終わりを迎えました。しかし、今度は地域紛争が各地で起こるようになり、さらに21世紀に入ると今度は「テロとの戦い」が始まりました。


1.冷戦の終結

①アメリカとソ連

・1989年、アメリカ・ソ連の首脳会談

冷戦の終結を宣言

※ソ連のトップはゴルバチョフ

 

②ヨーロッパの動き

・1989年、ベルリンの壁が取り壊される

・1990年、東西に分かれていたドイツが統一

 

③ソ連の動き

ゴルバチョフ政権の改革(ペレストロイカ)

 →失敗に終わる

・1991年、ソ連解体

 →ロシア連邦を中心に[独立国家共同体(CIS)を形成

 

2.国際協調・地域統合の動き

主要国首脳会議(サミット)

・1975年に初めて開かれ、毎年開催

・日本、アメリカ、イギリスなどの先進国中心の会議

 

アジア太平洋経済協力会議(APEC)

・1989年~、毎年開かれている国際会議

 

ヨーロッパ連合(EU)

・1993年に結成

・共通通貨ユーロを使用

 

3.冷戦後の世界

地域紛争

・冷戦終結後、各地で起こるように

※冷戦は終わったが、世界は平和にならなかった

 

湾岸戦争1991年

イラクがとなりのクウェートに侵攻したことが原因

→国連決議によりアメリカなどの多国籍軍を派遣

 

③アメリカ同時多発テロ

・2001年、アメリカがテロ攻撃を受けた

→アメリカはアフガニスタンを攻撃

※アフガニスタンがテロ組織をかくまっていたという理由から

 

イラク戦争:2003年

・アメリカが中心となってイラクを攻撃

・イラクが大量破壊兵器を保有しているという理由から

 ※実際には見つからず

 

4.地域紛争を解決するための活動

①国連の平和維持活動(PKO)

・紛争当事国に派遣され、停戦の監視などを行う

・日本もPKO協力法を制定して参加

 

非政府組織(NGO)

・民間の組織による活動

・国際的に活躍するNGOも


漢字の読み方

CIS:シーアイエス

主要国首脳会議:しゅようこくしゅのうかいぎ

APEC:エーペック

EU:イーユー

湾岸戦争:わんがんせんそう

PKO:ピーケーオー

NGO:エヌジーオー