· 

倫理:青年期-1(概略)


1.青年期

①青年期の特徴

ⅰ.青年期とは

・子どもと大人の中間にあたる時期

・14~15歳頃から24~25歳頃までの若者

・大人になるまでの準備期間

・自我を形成・確立するための期間

 自我…他者と区別された自分自身のこと

 

ⅱ.第二次性徴

・性ホルモンの活発化による身体の急激な変化

→男性らしい・女性らしい身体になる

 

ⅲ.心理的離乳

・それまで依存していた大人から精神的に自立すること

自我を強く意識することによる

 

②青年期の登場

・18世紀後半~20世紀初頭

・近代産業の発展 →修学など準備期間が必要

※見た目は大人だが社会的には一人前ではない時期

 

※近代以前

・青年期は存在しない

通過儀礼(イニシエーション)により、子どもはすぐに大人の一員になった

 

2.おもな人物と主張・学説

ルソー

主著『エミール

→「われわれはいわば二度生まれる。一度目は生存(存在)するため、二度目は生きるために」

第二の誕生:青年期の自我意識のめざめを指す

 

レヴィン

ⅰ.マージナルマン(境界人周辺人)

・レヴィンが青年期をさして言った言葉

・青年期は精神的に子どもと大人のどちらにも属すことができない

 

ⅱ.葛藤(コンフリクト)

・2つの相反する欲求が対立し、選択が困難になること

 ※両方を同時に満たすことができない

以下の3種類

接近-接近:どちらも望む

回避-回避:どちらも避けたい

接近-回避:片方を望み、もう片方を避けたい

 

エリクソン

ⅰ.ライフサイクル

・人の一生を8段階に分け、各段階における発達課題を示した

青年期の発達課題アイデンティティの確立

アイデンティティ…自分が自分である、これが自分だという自覚。自我同一性ともいう

 

ⅱ.(心理・社会的)モラトリアム

青年期は大人の責任や義務を猶予・免除されている期間

※モラトリアム人間…就職を先延ばしにして、モラトリアム(猶予期間)にとどまろうとする青年のこと

 

3.自我と自己

自我(ego)

主観的にとらえた自分

・自分が思っている自分のこと

 

自己(self)

・客観的にとらえた自分

・他人から見た自分

 

※アイデンティティ(自我同一性、自己同一性):自我と自己が重なり合ったもの

→主観的な自分と客観的な自分が同じになる=アイデンティティの確立


漢字の読み方

葛藤:かっとう

・猶予:ゆうよ