· 

記述-歴史:江戸時代-2


・設問

1.田沼意次は、商業ではどのような政策を進めたか。簡単に説明しなさい。

 

2.1825年、幕府は異国船打払令(外国船打払令)を出した。その目的を簡単に説明しなさい。

 

3.1837年に起こった大塩平八郎の乱に対し、幕府は衝撃を受けた。なぜ衝撃を受けたのか簡単に説明しなさい。

 

4.1858年に調印した日米修好通商条約は、日本にとって不平等な内容があった。その内容を2つ書きなさい。


・解答例

1.株仲間(の結成)を積極的に認めた。

 

2.鎖国を守るため。

※「日本に接近した外国船を砲撃する」という答えは、異国船打払令の目的ではなく内容の説明となるので×です(内容を説明しなさい、という問題ならOK)。

 

3.(大塩平八郎は)幕府の元(もと)役人だったから。

 

4.アメリカに領事裁判権(治外法権)を認めたことと、日本に関税自主権がなかったこと。