初期議会、条約改正


I.初期議会 ※第一議会~第六議会

※内閣を中心にまとめ

 

1.黒田清隆内閣:1888.4~89.12

大日本帝国憲法の発布

超然主義演説:政府の政策は政党の意向にさゆうされない


2.第1次山県有朋内閣:1889.12~91.5

※超然主義内閣

 

第1回衆議院議員総選挙

※定員300名

・結果:民党の勝利

民党171立憲自由党130、立憲改進党41

吏党129:大成会79、国民自由党5、無所属45

 

第一議会

・政府は超然主義:民党と対立

ⅰ.政府の動き

・軍拡予算を提出

主権線(国境)と利益線(朝鮮)の防衛を主張

 

ⅱ.民党の動き

・「政費節減、民力休養」を主張

 ※行政費を節約し地租軽減・地価の修正を要求

 

ⅲ.政府の工作

自由党土佐派(植木枝盛ら29名)を切り崩して予算を成立


3.第1次松方正義内閣:1891.5~92.8

第二議会

・海軍大臣樺山資紀の蛮勇演説:民党の軍事予算削減要求に対し藩閥政府を擁護

 ⇒衆議院解散、総選挙へ

 

②第2回総選挙:1892年

・内務大臣品川弥二郎による激しい選挙干渉

⇒それでも民党が勝利

 

③第三議会

・終了後、内閣退陣


4.第2次伊藤博文内閣:1892.8~96.9

※「元勲内閣」 

①第四議会

・民党が軍事予算の削減を主張、政府と対立

天皇の詔書自由党の協力

 ⇒海軍軍備拡張予算成立

 

第五議会

※民党の分裂

ⅰ.自由党

・政府に協力:準与党化

 

ⅱ.立憲改進党

・条約改正問題で政府と対立

もと吏党の国民協会と連合し、対外硬派連合の成立

 

第六議会

・外交政策・財政などで政府弾劾上奏案可決、解散へ

 ※間もなく日清戦争がおこる


II.条約改正

・目的:江戸幕府が欧米諸国と締結した不平等条約(安政の五カ国条約)の改正

法権回復領事裁判権(治外法権)の撤廃

税権回復関税自主権の回復

 

※改正交渉の担当者の覚え方

イテイオアムコ

・イ:岩倉具視

・テ:寺島宗則

・イ:井上馨

・オ:大隈重信

・ア:青木周蔵

・ム:陸奥宗光

・コ:小村寿太郎


1.岩倉具視 ※右大臣、特命全権大使

・1871~73年、岩倉使節団として派遣

・目標:おもに法権回復

・経過:予備交渉(アメリカ)失敗

 ⇒米欧の視察に切り替え


2.寺島宗則(1873~79年) ※外務卿

・目標:税権回復

 ※税権優先ときたら寺島宗則 

・経過:アメリカが同意するが、イギリス・ドイツの反対で無効


3.井上馨(1879~87年) ※外務卿→外相

欧化主義

・東京日比谷に鹿鳴館を建設

 ※イギリス人コンドルの設計

 

②経過

・1882年予備会議⇒1886年正式会議

 ※各国別交渉から一括交渉に転換

 

③条件つきで領地裁判権の撤廃の了承を得る

条件

・内地雑居:日本国内を外国人に開放

・近代的法典の整備

外国人が被告の場合、外国人判事を過半数任用

 

④挫折:ノルマントン号事件(1886年)

・領事裁判によりイギリス人船長が無罪に

⇒政府内外から反対の声、条約改正交渉は失敗 

※自由民権運動で三大事件建白運動(外交失策の回復)が起こる


4.大隈重信(1888~89年) ※外相

①国別交渉

・アメリカ、ドイツ、ロシアの賛成を得て、調印に成功

⇒報道で大審院に限り外国人判事の任用が明らかに

 

②挫折

玄洋社の青年の襲撃で大隈重信が負傷

 ⇒条約改正交渉は振り出しへ


5.青木周蔵(1889~91年) ※外相

イギリスの接近

・ロシアの南下政策を警戒。日本に好意的に

 

大津事件:1891年

・来日中のロシア皇太子ニコライ2世を、警備中の巡査津田三蔵が襲撃

 ⇒交渉中止(失敗)

※政府は死刑を要求したが、大審院長児島惟謙は無期徒刑の判決を下させ、司法権の独立を守った


6.陸奥宗光(1892~95年) ※外相

①条約改正に成功

・駐英公使青木周蔵イギリスと交渉

1894年日英通商航海条約に調印

 ※日清戦争の直前

 

②改正条約の内容

領事裁判権の撤廃に成功

関税自主権の一部回復:関税率の引き上げ

・相互対等の最恵国待遇

 

※他の各国とも改正条約を調印

 ⇒1899年から同時に施行


7.小村寿太郎(1908~11年) ※外相

日米通商航海条約の改正1911年

関税自主権の(完全)回復に成功

 ⇒各国とも調印

・日本は条約上、列国と対等の地位になった

 

※領事裁判権の撤廃イギリスから

 関税自主権の回復アメリカから