· 

公民4-5 労働者の権利 まとめ

ポイント解説

弱い立場にある労働者は、労働三法をはじめとする法律でその権利が保障されています。かつての日本では終身雇用制年功賃金が一般的でしたが、近年はくずれていて、非正規労働者が増加しています。また、働き方改革がさけばれているように、ワーク・ライフ・バランスの実現が課題となっています。


1.労働三法

・労働者の権利を保障した3つの法律

労働基準法

・労働条件の最低基準などを定めた法律

・労働時間は1日時間1週40時間まで

・1週間に最低でも1日の休日

 

労働組合法

労働組合の組織や権限について規定

労働組合弱い立場にある労働者が団結し、労働条件の改善などを企業側に要求するために結成した団体

 

労働関係調整法

・労働者と企業側の対立の予防や解決法を規定

 

3.労働に関する用語

ワーク・ライフ・バランス

仕事と生活の調和のこと

(仕事と家庭生活の両立)

・実現のために、育児・介護の支援、在宅勤務の実施などが必要となってくる

 

労働災害

・過重な労働や不十分な安全管理によって生じる事故

・例:労働者の過労による自殺、過労死

 

ワーク・シェアリング

・1人あたりの労働時間を短縮し、より多くの人が働けるようにすること

例:24時間かかる仕事を3人でやると、1人あたり8時間の労働時間

 →4人でやると、1人あたり6時間の労働時間。給料は減るが雇用は増える(失業率が下がる)

 

④外国人労働者

・グローバル化の進展にともない、100万人近くが日本で働いていると推定される

 

4.労働の多様化

①日本の雇用の慣行

※現在はくずれてきている

ⅰ.終身雇用制

就職した企業に定年まで勤めること

 

ⅱ.年功賃金(年功序列(型)賃金)

・年齢や勤続年数に応じて賃金が上昇する制度

※近年は能力主義成果主義で賃金を決める企業が増加

 

非正規労働者の増加

・アルバイトパートタイム労働者派遣労働者、契約労働者など

・日本の労働者の約3人に1人が非正規労働者

・企業にとっては雇用を調整しやすい(解雇しやすい)

※非正規労働者の反対は正規労働者(正社員)→企業は正社員を簡単に解雇できない

 

2008年の世界金融危機の際には、多くの派遣労働者・契約労働者が契約期間の途中で雇用を打ち切られた


漢字の読み方

終身雇用制:しゅうしんこようせい

年功序列(型)賃金:ねんこうじょれつ(がた)ちんぎん