中学地理:資源・エネルギー


1.鉱産資源

・エネルギー源や工業の原料として使われる鉱物

例:石油(原油)石炭鉄鉱石


2.鉱産資源と日本

①1960年代まで

・国内の石炭を採掘し利用

→その後、安価で高品質の外国産の資源を多く輸入

 

②現在の状況

・ほとんどを輸入に頼る

エネルギー自給率は低い

 

③おもな資源の輸入先

ⅰ.石油の輸入先

1位サウジアラビア(35~40%)

2位アラブ首長国連邦(約30%)

 

ⅱ.石炭の輸入先

1位オーストラリア(約60%)

2位インドネシア

 

ⅲ.鉄鉱石の輸入先

1位オーストラリア(55~60%)

2位ブラジル(約25%)


3.さまざまな発電

水力発電

ⅰ.特徴

・水の落下エネルギーを利用する発電

ダムの水を利用

 

ⅱ.発電所の立地(日本)

・山間部、内陸部に多い

 

ⅲ.問題点

・発電量が安定しない

ダム周辺の環境や生態系に影響を及ぼす

 

火力発電

ⅰ.特徴

・化石燃料(石油石炭)を燃やして発電

 

ⅱ.発電所の立地(日本)

・資源の輸入に便利な臨海部

・電力需要の多い工業地域・大都市周辺

 

ⅲ.問題点

温室効果ガスが発生し、地球温暖化につながる

 

原子力発電

ⅰ.特徴

ウランを原料とする

・温室効果ガスを排出せず、安定した電力が得られる

 

ⅱ.発電所の立地(日本)

・冷却水の得やすい沿岸部

大都市から離れた地域が多い

 

ⅲ.問題点

・安全性に課題がある

※2011年、東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故など

放射性廃棄物の処理問題

 

再生可能エネルギーを利用した発電

ⅰ.特徴

・永続的に得られるエネルギー

環境への影響が少ない:二酸化炭素や有害な物質を出さない

・資源がなくなる心配がない

例:太陽光風力、水力、地熱、バイオ燃料

 

ⅱ.問題点

・発電コストが高い

・発電量が安定しない

・発電所建設による環境破壊(例:森林を伐採して太陽光パネルを設置する)


4.発電の割合

①日本

ⅰ.現在

火力発電85~90%で最も多い

水力発電:7~8%

原子力発電:5%未満

※2011年の東日本大震災後、大きく減少

再生可能エネルギー:2~3%

 

ⅱ.東日本大震災の前

火力発電65~70%で最も多い

原子力発電:約25%

水力発電:7~8%

再生可能エネルギー:1%前後

 

②諸外国の発電割合

ⅰ.フランス

原子力発電が最も多い(約70%)

※主要国で原子力発電の割合が最も高い

 

ⅱ.ブラジル、カナダ

水力発電が最も多い

※ブラジル:60~65%

 カナダ:55~60%

 

ⅲ.その他

火力発電が中心の国が多い

アメリカ:60~70%

中国:70~75%

ドイツ:50~55%

※ドイツ再生可能エネルギーの割合が約30%と高い


5.資源の活用と環境保全

持続可能な社会の実現をめざす

リサイクル:資源の再生利用

 例:不要になった携帯電話からレアメタルを回収して再利用

・省エネルギーの技術:環境にやさしい素材の開発