中学地理:関東地方(しっかり)


1.関東地方の都県

関東地方は1都6県からなります。

県庁所在地は千葉県千葉市東京都が地図上では東京となっている(東京都庁は新宿区にあります)ほかは、いずれも県名と異なる市に置かれています。


2.関東地方の自然環境

・関東地方の大部分は、日本最大の平野である関東平野が広がっています。また関東平野には、火山灰の積もった関東ロームとよばれる赤土の層におおわれています。

 

千葉県と茨城県の県境には、流域面積が日本最大利根川が流れています。ほかにも、埼玉県・東京都を流れる荒川東京都・神奈川県を流れる多摩川などがあります。

 

・茨城県の霞ヶ浦は、滋賀県の琵琶湖に次いで全国で2番目に大きな湖です。

・西部には関東山地がそびえています。


2.気候

・関東地方は太平洋側の気候に属します。そのため、冬は乾燥した北西の季節風が吹き、晴天の日が多くなります。この冬の北西の季節風は、からっ風ともよばれます。自転車で北に向かう場合は、向かい風に苦しめられます。。

 

・東京都に属する小笠原諸島は、沖縄などと同じ亜熱帯の気候になっています。

 

・東京や横浜などの都市部では、ヒートアイランド現象が見られます。これは、自動車や建物からの排熱や、緑地の減少などを原因として、都市部の気温が周辺より高くなる現象のことです。同じ東京都内でも、都心部と西部などでは気温が数℃違うこともよくあります。

 

・近年ではせまい範囲にはげしい雨が急に降る局地的大雨(ゲリラ豪雨)も関東平野の各地で見られるようになりました。


3.東京:日本の首都

①一極集中

日本の首都である東京には、人口だけでなく、政治や経済、文化なども過度に集中しています。これを一極集中といいます。

 

周辺の県もふくめた東京大都市圏には、日本の総人口の約4分の1、3000万人以上が暮らしています。過密が進んでおり、1都3県(東京都神奈川県埼玉県千葉県)は人口が増加傾向にあります。

 

②昼と夜の人口変化

1都3県における昼と夜の人口を比較してみると、東京都は、昼間人口>夜間人口となっています(昼間人口は「ちゅうかんじんこう」と読みます)。一方、埼玉県・千葉県・神奈川県は昼間人口<夜間人口です。これは、3県から東京都へ通勤・通学する人が多いためです。

 

つまり、埼玉・千葉・神奈川で暮らし(3県の夜間人口が多い)、日中は東京都内の学校や会社に行く(東京都の昼間人口が多い)、という人が多いということです。「埼玉都民」「千葉都民」などという言い方もありますね。

 

 

③ウォーターフロント

海や川に面した地区をウォーターフロントといいます。近年は都市の再開発が進められ、臨海部にレジャー施設や高層住宅(いわゆるタワーマンション)などが建設されています。

 

 

4.おもな空港

①東京国際空港

一般には羽田空港とよばれている空港です。国内線に加えて、現在は国際線の発着もあります。

 

②成田国際空港

一般には成田空港とよばれていて、千葉県成田市にあります。輸出額・輸入額が日本最大の貿易港となっています。海の港に限らず、空港も港なので注意しましょう。

 

取り扱い品目としては、IC集積回路)の輸送が多くなっています。航空機による輸送は費用がかかりますが、航空機が利用される理由は、IC(集積回路)は軽量で高価なため、大量に運べるので航空機を利用しても採算が取れるからです。

 


5.関東地方の産業

関東地方では、特に情報通信技術ITICT)関連産業がさかんになっています。そのようなこともあり、第3次産業サービス業など)の従事者の割合は、1都3県では7割以上となっています。

 

 

6.関東地方の工業

関東地方には、いくつかの工業地帯・工業地域が形成されています。

 

京浜工業地帯

・東京都から神奈川県に広がっている工業地帯です。この工業地帯の特徴としては、印刷業がさかんなことです。工業生産額に占める印刷業の割合も、他の工業地帯・地域に比べて大きくなっています。その理由は、東京には多くの情報が集まるため新聞社や出版社が多いからです。

 

・神奈川県では横浜市自動車工業川崎市石油化学鉄鋼業がさかんとなっています。

 

 

京葉工業地域

・東京湾の東岸、千葉県の千葉港を中心に形成されています。石油の輸入に便利な沿岸部に工業地域が発達し、火力発電所もあります。石油化学工業がさかんな市原市には石油化学コンビナートが見られます。ほかに、千葉市鉄鋼業がさかんです。

 

京葉工業地域の特徴は、化学工業の割合が最も大きいということです。他の工業地帯・地域は、いずれも機械工業が最大なのですが、京葉工業地域だけは化学工業が最大ということは覚えておきましょう。

 

 

鹿島臨海工業地域

・茨城県の南東部、鹿島港を中心とする工業地域です。掘り込み式の港が整備され、工場が多く進出して形成されました。

石油化学工業が発達しており、ここにも石油化学コンビナートが集まっています。

 

日立市では電気機械鹿嶋市では鉄鋼業がさかんです。

※地域の名前は鹿島ですが、市の名前は鹿嶋なので注意しましょう(鹿島市は佐賀県にあります)

 

 

北関東工業地域

・内陸の工業地域として、埼玉県・栃木県・群馬県に広がっています。北関東自動車道が2011年に開通し、物資の輸送などにかかる時間が短縮されました。

 

・群馬県では太田市自動車工業前橋市電気機械がさかんです。 

・埼玉県秩父市セメントなども有名です。


6.関東地方の農

近郊農業

・埼玉県千葉県茨城県などの大都市に近い地域でさかんです。

 

・特に茨城県、千葉県の農業生産額は、全国でも上位にあります。茨城県は2位千葉県3~4位にランクインすることが多いです(1位は北海道)。

 

・千葉県はほうれんそうねぎ・梨(日本なし)の生産量が全国1位、にんじんは2位です。

 

抑制栽培

・中部地方の長野県などと同様、夏でも涼しい高冷地では抑制栽培が行われており、高原野菜を栽培しています。群馬県嬬恋村ではキャベツレタスなどを栽培し、都市部に出荷する輸送園芸農業がさかんです。

・群馬県はレタスはくさいの生産量が全国3位キャベツの生産量が全国2位となっています。


7.関東地方の各都県の特徴

①茨城県

・県庁所在地は水戸市です。

・農業生産額は北海道に次いで全国2位、工業でも県南部に鹿島臨海工業地域が形成されています。

レタスはくさい日本なしの生産量は全国2位となっています。

 

・琵琶湖に次いで2位の広さの湖である霞ヶ浦があります。

筑波研究学園都市が計画的につくられ、筑波大学など国の研究機関が集まっています。

 

 

②栃木県

・県庁所在地は宇都宮市です。

いちごの生産量が全国1位となっています。

 

 

③群馬県

・県庁在地は前橋市です。

嬬恋村で野菜の抑制栽培が行われています。収穫した野菜は東京などの都市部に出荷されるので、輸送園芸農業でもあります。

キャベツは全国2位レタスはくさい3位の生産量です。

 

 

④埼玉県

・県庁所在地はさいたま市。人口120万人を超える政令指定都市でもあります。

・東京に近く近郊農業がさかんで、ねぎほうれんそうはいずれも千葉県に次いで全国2位の生産量となっています。

 

・東京都に通勤・通学する人が多く、昼間人口(ちゅうかんじんこう)は夜間人口より少なくなっています

 

 

⑤東京都

・人口が全国1位で、約1400万人となっています。日本の総人口の1割以上が東京都に集中していることになります。

印刷業印刷関連業の出荷額が特に多くなっています。隣接する3県(埼玉・神奈川千葉)からの通勤・通学者が多いため、昼間人口>夜間人口となっています。

 

 

⑥神奈川県

・県庁所在地は横浜市、人口は約370万人の政令指定都市です。ほかに川崎市相模原市も政令指定都市です。

・県の中央部を相模川が流れ、西には箱根などの山がつらなっています。

 

ウォーターフロントでは横浜市のみなとみらい21が有名です。

 

 

⑦千葉県

・県庁所在地は千葉市で、政令指定都市になっています。農業・工業・漁業ともさかんな県です。

 

・農業は近郊農業としてさかんで、ほうれんそうねぎ日本なしらっかせいは全国1位にんじんは全国2位の生産量となっています。

 

・工業もさかんで、東京湾岸に京葉工業地域が形成されています。

 

・漁業では、日本三大漁港の1つである銚子港があり、漁獲量が1位になる年もあります。ちなみに、ほかの2つの港は静岡県の焼津港、北海道の釧路港です。