歴史5-6 明治維新(まとめ)

0.明治維新とは

・明治新政府によって進められた、日本を近代化するためのさまざまな改革、およびそれにともなう社会の変化のこと

 

1.五箇条の御誓文:1868年3月

・天皇が神に誓う形式で新政府の基本方針を示した

一 広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スヘシ

一 旧来ノ陋習ヲ破リ、天地ノ公道ニ基クベシ

 ※陋習:悪い習慣のこと。具体的には、攘夷の風潮のこと

 

2.五榜の掲示:1868年

・庶民に向けて示された。

キリスト教の禁止など、江戸幕府の政策と同様の内容

→数年後に撤去

 

3.新しい首都と年号

・江戸を東京と改称し、新しい首都とする

・年号を慶応から明治に改め、一世一元の制(天皇一代につき1つの年号を使用すること)を採用

 

3.版籍奉還:1869年

・全国の藩主が土地と人民を天皇に返上した

※大政奉還では将軍だけが返上し、藩主(大名)の支配体制はそのままだった

・返上後も、もとの藩主は引き続き各地を支配

 

4.廃藩置県:1871年

・全国のを廃止し、を設置

中央から各県に県令(のちの県知事)を派遣した

東京・大阪・京都の3府には府知事を派遣

中央集権国家の確立へ

 

5.藩閥政治

・少数の公家と、薩摩長州土佐肥前の4藩の出身者が、明治政府の実権を握って行った政治

 

6.身分制度の廃止

四民平等

・皇族以外はすべて平等とした

華族:もとの公家大名

士族:もとの武士(その後、帯刀を禁止

平民:もとの百姓や町人

→平民も名字を名乗り、華族や士族との結婚が可能に

 

解放令:1871年

えた・ひにんの身分とされた人々も平民とした

・しかし、その後も差別が残った

続きを読む

歴史5-5② 大政奉還と王政復古、戊辰戦争(まとめ)

1.江戸幕府の滅亡

大政奉還

1867年10月、江戸幕府の15代将軍徳川慶喜が政権を朝廷に返上したこと

京都の二条城で諸大名に伝える

 

王政復古の大号令

・1867年12月

朝廷が、天皇を中心とする新政府の樹立を宣言

→260年あまり続いた江戸幕府が滅亡

 

徳川慶喜に対しては、官職や領地の返上を命令

(新しい政府に徳川氏を入れない)

※薩摩藩西郷隆盛大久保利通公家の岩倉具視らが、徳川慶喜を政治から排除するために、朝廷にはたらきかけた

 

2.戊辰戦争

・新政府軍と旧幕府軍の戦い

①始まりと経過

1868年1月、鳥羽・伏見の戦いに始まる

1868年4月、江戸城の明けわたし(無血開城

西郷隆盛と幕府の役人勝海舟の会談で実現

 

②終わり

・1869年5月、函館五稜郭の戦い

→旧幕府軍が降伏し、新政府が国内統一を達成

 

続きを読む

歴史5-5① 尊王攘夷運動、薩長同盟(まとめ)

1.尊王攘夷運動の高まり

・天皇を尊び(尊王)、外国を排除(攘夷)しようとする動きのこと

 

①幕府による弾圧

安政の大獄大老井伊直弼が、幕府に反対する大名・武士・公家らを処罰

※処刑された人物:吉田松陰長州藩松下村塾出身)

 

桜田門外の変

・1860年、井伊直弼が暗殺される

→幕府の権威はますます落ちた

 

2.攘夷の挫折

薩摩藩

・1862年、生麦事件:大名行列を横切ったイギリス人を殺害

→1863年、薩英戦争:イギリスの報復を受ける

→実力差を認識し、攘夷をあきらめる

※その後、イギリスに接近

 

長州藩

・攘夷の実行:下関海峡(関門海峡)を横切る外国船を砲撃

→1864年、四国艦隊下関砲撃事件アメリカオランダイギリスフランスの報復を受け、下関砲台を占領される

→実力差を認識し、攘夷をあきらめる

 

3.そして 倒幕へ

・薩摩藩・長州藩とも攘夷の不可能をさとる

・幕府をたおして新しい政府を樹立することを考える

 

薩長同盟の成立:1866年

土佐藩出身の坂本龍馬らの仲介で成立

薩摩藩西郷隆盛大久保利通

長州藩高杉晋作木戸孝允

 

4.民衆の動き

・「世直し」を期待する農民の一揆が全国で多発

・江戸や大阪で打ちこわしの増加

ええじゃないかと人々が熱狂するさわぎが流行

 

続きを読む

歴史5-4 開国と不平等条約(まとめ)

1.開国

①ペリーの来航

1853年アメリカペリーが来航

※4隻の軍艦で浦賀(神奈川県)に来航

 

②開国

・1854年、ペリーが再び来航

日米和親条約を結ぶ

 

※条約の内容

下田(静岡県)と函館(北海道)の2港を開くこと

・日本はアメリカ船に食料石炭などを供給すること

 

2.不平等条約と貿易の開始

1858年日米修好通商条約を結ぶ

 

①条約の内容

函館神奈川横浜)、長崎新潟兵庫神戸)の5港を開き、自由な貿易を認める

・不平等な内容(日本に不利)

領事裁判権治外法権)を認める

 ※日本国内で犯罪をしたアメリカ人に対しては、アメリカがアメリカの法律で裁判を行う

日本に関税自主権がない

 ※関税率を日本側が自由に決めることができない(安い外国製品がどんどん日本に入ってきてしまう。結果、日本製品が売れず、日本の産業が成長しなくなるおそれ)

 

②大老井伊直弼

・朝廷は条約の調印を認めなかった

→江戸幕府の大老井伊直弼が反対をおさえて調印

※このことが批判をまねく

 

安政の5か国条約

・日米修好通商条約と同様の内容の条約を、オランダイギリスフランスロシアとも同様の条約を結んだ

※アメリカをふくむ5か国と条約を結んだ

 

3.貿易の状況

①貿易統計

・おもな輸出品:生糸(80%以上)、など

・おもな輸入品:毛織物綿織物、武器など

・最大の貿易港:横浜

・最大の貿易相手国:イギリス

 

②開国・貿易の影響

・大量の金貨が流出

→質を落とした貨幣を発行

・多くの品が輸出され、国内で品不足になる

物価が上昇:生活が苦しくなり、民衆や武士は不満を高める

 

続きを読む

歴史5-3 イギリスのアジアへの動き(まとめ)

1.イギリス三角貿易

続きを読む