にほんブログ村 受験ブログ 高校受験情報へ  


中学理科:回路と電流・電圧、オームの法則(基礎)

1.回路

・電流の流れる道すじのこと

・電流の向きは+極から-極へ

 

ⅰ.直列回路

・1本の道すじでつながっている回路

 

ⅱ.並列回路

・枝分かれしてつながっている回路

 

2.電気用図記号 

続きを読む

2019年12月の時事問題・ニュース


2019(令和元)年12月のニュース・時事問題

続きを読む

文章記述問題の解き方

1.文章記述問題のダメなやり方

 

次のような取り組み方はNGです。

 

・いきなり解答欄に書く

・頭の中で考えて、下書きもせずに書く

 

学校のテストを採点したり、試験監督で見ていたりするのでよくわかるのですが、

こういう解き方(解く姿勢)をしている生徒が本当に多い。

 

20~30字程度でも、こういうやり方はやめた方がいいです。

まして、100~200字になると、こんなやり方でできるわけがないです。

 

 

で、結局何も書けなくて、白紙で出す。

 

0点。

 

・・・もったいない

 

採点する方はラクでいいですけど。。

 

 

2.採点する側の立場はこんな感じ

 

記述・論述問題には採点基準があって

 

その基準に照らし合わせながら

 

文章の内容を1つ1つ見ています。

 

そうでないと、採点できません。

 

 

もっとわかりやすくいえば

 

・採点基準1:この用語・人物名が書かれていれば1点

 

・採点基準2:この内容が書かれていれば1点

 

といった感じです。

 

 

ですから、なんとなく よさげに書いただけの文章は点数になりません。

 

あなたはしっかり書いたつもりでも、点数がもらえない理由はだいたいこれです。

必要な用語や人物、内容が入ってないのです。

 

 

ということで、解答欄に書く前に、

問題用紙の余白を使って、メモをとりましょう。

 

 

「○○について説明しなさい」

という問題であれば、

 

解答に必要な用語・人物・要素は何かを考え、

1つ1つメモに書き出すのです。

まだ文章にしなくていいですよ。

 

 

3.具体的な取り組み方

例として、

「承久の乱について説明しなさい」

という問題に取り組んでみましょう。

 

①関連する人物や用語をメモに書き出す

(採点基準1を満たすために必要)

ⅰ.関連する人物は?

後鳥羽上皇

北条政子

は必須でしょう。

 

ⅱ.年代は?

歴史なので、年代も必要ですね。

1221年

 

ⅲ.その他の用語・内容

・承久の乱の結果は、幕府の勝利

六波羅探題

 

 

②次に、書き出した人物や用語を肉付けします

(採点基準2を満たすために必要な内容)

ⅰ.人物

後鳥羽上皇

→挙兵した理由・目的は?

政治の実権を幕府から朝廷に取りもどすため

 

北条政子

演説により御家人が団結

 

 

ⅲ.その他

幕府の勝利

幕府の支配は全国に広がった

 

・六波羅探題

府が京都に設置

 設置理由:朝廷を監視するため

 

④メモした人物・用語、内容を文章にする

まだ解答欄に書くのは早いです。

問題用紙の余白を使って、文章化する準備をしましょう。

 

①②③のメモで書き出した人物・用語・内容を、

線でつないだり、言葉をおぎなったりして、文章にしていきます。

 

書き出したメモ(赤太字)は以下の通り

後鳥羽上皇

B 北条政子

C 1221年

D 幕府の勝利

E 六波羅探題

F 政治の実権を幕府から朝廷に取りもどすため

 

G 演説により御家人が団結

 

H 幕府の支配は全国に広がった

府が京都に設置

朝廷を監視するため

 

これらを適切につなげていけばいいのです。

 

そうすると、

A+C+F

1221年後鳥羽上皇政治の実権を幕府から朝廷に取りもどすため、兵をあげた。

 

B+G

北条政子演説により、御家人は団結して戦った。

 

D

幕府の勝利に終わった。

 

H+I+J

幕府は朝廷を監視するため京都に六波羅探題を置いた。また、幕府の支配は全国に広がった

 

となります(A~Jは説明のために付けました。実際に問題を解く時は書く必要はないですよ)。

上の文章の赤字はメモで書き出した言葉です。

黒字はおぎなった言葉です。

 

もうこのまま書いてもある程度の点数はもらえます。もしかしたら満点かもしれません。

 

⑥仕上げ

最後に、文章として完成させます。

 

(解答例)

1221年後鳥羽上皇政治の実権を幕府から朝廷に取りもどすため、兵をあげた。こうして、承久の乱が始まった。幕府側は、北条政子演説により御家人が団結して戦った。この戦いは幕府の勝利に終わった。承久の乱後、幕府は朝廷を監視するため京都に六波羅探題を置いた。また、幕府の支配は全国に広がった

 

これでだいたい150字に収まる文章量です。

 

ついでに言うと、この解答例の赤字部分が書いてあれば、採点するときに点数としてカウントされます。

 

これが30字、50字、100字などであれば、文章をけずる必要があります。

 

逆に200字、300字であれば、内容を足さないといけません。「源実朝が暗殺された」とか。

 

 

30字でどうやって書くのかって?

そういう場合は、ちゃんと30字で書ける問題内容になっています。

 

例えば「承久の乱は、だれが、何のために起こしたのか、説明しなさい」とか。

→解答例は、後鳥羽上皇政治の実権を幕府から朝廷に取りもどすために起こした。」(32字)となります。

 

「30字程度で説明しなさい」という問題であればこれでOKですね。「30字以内」だったら「取りもどすため。」まで書けば収まります。

 

 

4.まとめ

文章記述問題(論述問題)でやってはいけないことは、

・メモもしないで、いきなり解答用紙に書く

・白紙で提出する

 

文章記述問題(論述問題)の解き方の手順は、

(1):解答に必要な人物・用語・内容を問題用紙の余白にメモとして書く

 

(2):(1)で書いたメモについて、関連する内容を肉付けしていく

 

(3):(2)を適切な文章になるようにつなげる

文字数も数えておきましょう

→字数制限をオーバーしていたらけずる足りなすぎであれば、内容を足すか、他に書くべき人物・用語がある、ということ。

 

(4):実際に解答用紙に書く

 

以上です。

 

慣れてくると、パズルみたいな感覚になってきて、けっこうおもしろいですよ(そんなことはない?)。


続きを読む

計画を実行するために

計画は大事です。

計画を実行することも大事です(やらないと意味がない)

 

学校の中には生徒に

試験勉強の計画を立てさせて

提出させているところもありますね。

 

ほかにも、自主的に

冬休みの宿題をやる計画、

2学期までの復習の計画

 

などを立てている人もいるのではないでしょうか。

 

が、しかし・・・

・計画表を見なくなる、

という問題があります。

 

 

 

なぜ計画を立てても

その通り続けられないのかというと、

 

大きな要因として

忘れてしまう」ということがあると思います。

 

計画表を見ることを忘れる。

計画そのものを忘れる。

 

 

なので、忘れてしまわないように

計画表を必ず目につくところに貼っておく

スマホの待ち受け画面に表示する

 

などをしておくと良いです。

 

 

しかし、ここで新たな問題が。。

 

見ることを忘れてしまう、

ということがあります。

 

 

どうやら脳は新しいことをやりたくなくて、

(多くのエネルギーを使うから)

 

やらないためにはいろんな妨害をするし、

素晴らしい言い訳を思いついてきます。

 

ですので、

忘れないための対策をとる。

 

だけでなく、

 

忘れないための対策を忘れないための対策をとる。

 

ことも必要になります。

 

 

忘れないこと、

忘れないことを忘れないこと。

 

 

忘れてしまったら、

忘れないことを忘れてしまったら

 

思い出した時にまたやり直せばいいのです。

 

 

 

今回の内容は、

・計画通りにできている人、

・計画しなくてもできる人

はあまり気にしなくていいです。


続きを読む

コツコツ復習しよう

以前も書きましたが、

勉強はやりっぱなしでは意味がありません

 

繰り返すことが必要です。

 

学校の授業の復習もそうだし、

今日やった勉強の復習などもそうです。

 

 

1回(50分)の授業内容であれば

ノートを見返す程度なら

5分もかからないですよね。

 

授業を受けっぱなしにしてしまい

テスト前に初めて復習する、

となってしまうと

かなりの部分を忘れてしまっています。

 

これだと、ゼロに近い状態から

やり直すことになるので、

 

非常に手間と時間と労力がかかります。

 

復習するのは面倒かもしれませんが、

最初の面倒を惜しまずに取り組みましょう。

 

 

 

自学自習についても同様で、

今日おぼえ(ようとし)た内容や

取り組んだ問題集なども

 

次の日か、遅くてもその週末には、

覚えたことの覚え直し、

間違えた問題の解き直し

 

をするべきです。

 

これもほんの短い時間ですむのではないでしょうか。

 

こういうことを意識して

実行するだけで

確実に点数が上がりますよ。

 

 

コツコツの積み重ねが大きな差になります。

 

やらなきゃ意味ないよ。


続きを読む

世界史:アメリカ独立革命(概略)

ポイント解説

本国(イギリス)による印紙法茶法の制定に対して不満を強めた植民地(アメリカ)は、1775年に独立戦争を起こしました。1783年、イギリスはパリ条約アメリカ合衆国の独立を承認。その後、1787年にアメリカ合衆国憲法が制定され、初代大統領ワシントンが就任しました。 


続きを読む

世界史:産業革命(概略)

ポイント解説

18世紀イギリス綿工業から始まった産業革命により、イギリスは世界の工場となったほか、資本主義体制が確立しました。工業が発展し、ベルギーフランスなどにも産業革命が波及した一方、労働問題・社会問題が深刻化し、やがてその解決をめざす社会主義思想も登場することになりました。


続きを読む

中学理科:動物の分類と進化(基礎)

1.セキツイ動物

・背骨のある動物のこと

 

①セキツイ動物の分類

・5種類:魚類両生類ハチュウ類鳥類ホニュウ類

 

ⅰ.魚類の例

・フナコイ、サメなど

 

ⅱ.両生類の例

・カエルイモリなど

 

ⅲ.ハチュウ類の例

ヤモリワニ、カメ、ヘビなど

 

ⅳ.鳥類の例

・ハトペンギンなど

 

ⅴ.ホニュウ類の例

・ヒト、サル、コウモリクジラなど

 

②ふえ方

ⅰ.卵生

・子が卵からうまれる

魚類両生類ハチュウ類鳥類

ホニュウ類以外は卵生

 

ⅱ.胎生

・子が母体内である程度育ってからうまれる

・胎生はホニュウ類のみ

 

③体温

ⅰ.変温動物

・外界の温度の変化にともなって体温も変化する動物

魚類両生類ハチュウ類

 

ⅱ.恒温動物

・外界の温度が変化しても体温がほぼ一定の動物

鳥類ホニュウ類

 

④呼吸

ⅰ.えら呼吸

・水中で、えらで行う呼吸

・魚類

※両生類の幼生(子)も、おもにえらで呼吸

 

ⅱ.肺呼吸

・肺で行う呼吸

・ハチュウ類鳥類ホニュウ類

両生類の成体は、肺呼吸皮ふ呼吸を行う

 

 

2.無セキツイ動物

背骨のない動物

 

おもな無セキツイ動物

節足動物

ⅰ.昆虫類

・からだが頭部・胸部・腹部の3つに分かれている

・からだ・あしに節(ふし)がある

胸部にあしが6本羽が4枚ついている

・例:セミ、チョウ、ハチなど

※クモは昆虫類ではない

 

ⅱ.甲殻類

・例:エビ、カニ、ダンゴムシなど

 

②軟体動物

・内臓を外とう膜がおおっている

・からだ・あしに節(ふし)がない

・例:イカ、マイマイ、アサリなど

 

 

3.生物の進化

進化

・生物が長い年月をかけて変化すること

・例:水中生活から陸上生活へ。えら呼吸から呼吸へ

 

相同器官

・形やはたらきは異なるが、骨格の基本的な構造が同じ器官

→進化の証拠になる

・例:コウモリのつばさ・クジラのひれ・ヒトの手


続きを読む

記述-歴史:鎌倉時代


・設問

1.1221年、後鳥羽上皇承久の乱を起こした目的は何か。

 

2.元寇の後、御家人は鎌倉幕府に対して不満を強めた。なぜ不満だったのか答えなさい。

 

3.元寇で戦った御家人に対する恩賞が不十分だったのはなぜか。

続きを読む

2019年11月の時事問題・ニュース


2019(令和元)年11月のニュース・時事問題

続きを読む