やる気が出ないとき

・やる気が出ない

・先延ばしにしてしまう

・わかっちゃいるけどやめられない・・・。

 

やる気が出ないので、やれない・やれない。。

 

というのはよくあることですが、

 

実際には、

脳は

やる気があるから何かをやる

のではなく、

 

何かをやり始めると、

やる気(続けようとする気)

が出てくる

そうです。

 

少しだけと思ってゲームを始めたら

何時間もやってしまった

とか、

 

部屋の掃除を始めたら

いつの間にか何時間も続けてしまった

というのも、

 

続ける脳」によるものです。

 

 

ですので、

まず5分やってみる。

 

それでも無理なら

1分でいいからやってみる

 

あるいは

テキストを1ページだけ読む

問題を1問だけ解く

でもOKです。

 

そこからもっと続けられそうなら

少しずつやっていけばいいのです。

 

このサイトの学習項目も、1つ数分で読めるようにしています。

 

 

追伸)

例えば、大好きなゲームを何時間もやってしまった。

というとき、

ゲームをやるのに「やる気」は必要ないですよね。

 

「やる気を出して、ゲームをバリバリやってやった」

と言う人はいないです。

 

やる気が必要なことって、

要するに「やりたくないこと」なわけですよ。

 

本当にやりたいことであれば、

やる気とか関係なく行動しているわけです。

 

だから勉強好きな人が伸びるのは当然のこと。

でも勉強が好きな人は少ないので、

いろいろなコツや工夫が必要なわけですね。

 

 


続きを読む

勉強したことを確実に身につける方法


学校で各教科の授業を受けたあと、どうしていますか?

 

授業受けっぱなしはダメ。

という話です。

 

これは学校の授業に限らず、

塾でも通信教育でも映像授業でも同じです。

 

 

復習をする必要があります。

 

復習をしないと、どんどん忘れてしまいます。

 

これは本当にもったいないことです。

 

 

では、どんな復習をすればいいのかというと、 

 

学校や塾の場合は、

 

テキスト、ノートがあるでしょう。

 

まずはそれを見返すだけでいいです。

 

これなら5~10もあればできるのではないでしょうか。

 

記憶も新しいので、すぐに思い出すことができます。

 

その5~10分をサボらずにやることが大事です。

(頭カッカした状態で流し読みとかはダメですよ)

 

テキストやノート(どちらか片方でいいです)を見返しながら、

 

「あー、これはこうだったよねー、そうだそうだー」

 

と思い出しながら、

脳に定着していくイメージで。

 

 

 

問題集を解く、

というのも大事だし、

やった方がいいけど、

(これはまた別の記事で書きます)

 

 

その前に、

インプットした内容を再確認する

 

ということを意識してほしいです。

 

 

この5~10分をケチると、

 

授業で頭に入ったはずの内容を

 

どんどん忘れていってしまいます。

 

そうなると定期テスト前に

 

余計な苦労をすることになります。

 

ゼロに近い状態から学び直さなければなりません。

 

 

ですので、

早い段階で復習しましょう。

 

授業を受けたその日、

遅くても週末に復習すれば、

 

やったばかりのことなので、

 

頭に定着しやすくなります。

 

 

5分でいいから、復習しましょう。

もちろんもっと時間がとれればやりましょう。

 

 

復習のタイミングは、

 

放課後学校を出る前でもいいし、

家に帰ってからでもいいし、

寝る前でもいいし(けっこうオススメ)、

朝起きて学校に行く前でもいいです。

 

 

主要教科に関しては、復習をおろそかにしてはいけない。

 

たまにまとめて数時間勉強するよりも

こういうコツコツやる習慣が大事だし

成績も確実に上がりますよ。

 

 

 

PS.

実は、成績をあげるのに必要なことって

 

やろうと思えば誰でもできるけど、

やる人が少ないこと

 

がほとんどです。

 

何も難しいことはありません。

 

難しいことではないけど、

やる人が少ない。

 

そういったことの毎日の積み重ね

なんです。

 

これから書いていくことも、

そういうことばかりです。

続きを読む

2019年10月の時事問題・ニュース


2019(令和元)年10月のニュース・時事問題

続きを読む

2019年9月の時事問題・ニュース


2019(令和元)年9月のニュース・時事問題

続きを読む

中学理科:血液の循環(基礎)

1.血液の循環

①血管と血液

ⅰ.動脈

心臓から送り出された血液が流れる血管

動脈血酸素を多くふくむ血液。あざやかな赤色

 

ⅱ.静脈

・心臓にもどる血液が流れる血管

静脈血二酸化炭素を多くふくむ血液。黒ずんだ赤色

 

②血液の循環経路

ⅰ.肺循環

・心臓→→心臓にもどる

※肺で二酸化炭素を放出し、酸素を受け取る

 

ⅱ.体循環

・心臓→体の各部分→心臓にもどる

※全身の細胞に酸素や栄養分を与え、二酸化炭素・不要物を受け取る 

 

2.心臓のつくり 

・4つの部屋:右心房右心室左心房左心室

左心室の壁は厚い筋肉がある:全身に血液を送り出すため

続きを読む

中学理科:呼吸と排出(基礎)

1.呼吸

細胞による呼吸(細胞呼吸)

・細胞内で、酸素を使ってエネルギーをとり出す活動

 

※栄養分(ブドウ糖など)からエネルギーがとり出されると、二酸化炭素ができる

酸素栄養分→(細胞呼吸)→二酸化炭素

 

による呼吸(肺呼吸)

ⅰ.肺呼吸とは

・体外から酸素をとりこみ、二酸化炭素を体外に放出する

ろっ骨横隔膜のはたらきで呼吸運動が行われる

肺には筋肉がない

 

ⅱ.肺胞

・気管支の先にある小さなふくろ

二酸化炭素と酸素の交換(ガス交換)を行う

・肺の内部には多くの肺胞がある

表面積が大きくなり、効率よくガス交換が行われる 

 

2.排出

・不要物を体外に出すはたらき

※不要物:二酸化炭素アンモニアなど

 

①二酸化炭素の排出

・呼吸でから排出される

 

②アンモニアの排出

肝臓で無害な尿素に変わる

じん臓尿素や余分な水分などをこしとり、尿をつくる

ぼうこうにためられ、体外に排出 


続きを読む

中学理科:消化と吸収(基礎)


続きを読む

2019年8月の時事問題・ニュース


2019(令和元)年8月のニュース・時事問題

続きを読む

中学理科:生物と細胞(基礎)


続きを読む

中学理科:化学変化と質量・熱(基礎)


続きを読む