江戸時代初期の対外関係

1.ヨーロッパ諸国との外交

①オランダとイギリス

※いずれもプロテスタントの国

 

ⅰ.オランダ船リーフデ号の漂着

・1600年、豊後の臼杵湾に漂着

※乗組員

オランダ人航海士ヤン・ヨーステン耶揚子

イギリス人の水先案内人ウィリアム・アダムズ三浦按針

→江戸に招かれ、徳川家康の外交・貿易顧問となる

 

・オランダ・イギリスとも自由貿易の許可を幕府から受ける

 →肥前の平戸に商館を開く

 

紅毛人:新教(プロテスタント)のオランダ人イギリス人に対する呼称

南蛮人:旧教(カトリック)のスペイン人ポルトガル人

 

スペイン

・幕府と仙台藩がそれぞれ通商を模索(いずれも失敗)

サン・フェリペ号事件(秀吉の時代)以降、スペインとの関係は途絶していた

 

ⅰ.幕府の動き

・1610年、家康が京都の商人田中勝介をスペイン領メキシコに派遣

※前年上総に漂着したルソンの前総督ドン・ロドリゴを送り届ける名目

 

ⅱ.仙台藩の動き

・1613年、慶長遣欧使節

 …仙台藩主伊達政宗支倉常長をスペインに派遣

 

ポルトガル

・1604年、糸割符制度の導入

 …幕府が長崎京都の商人に糸割符仲間を結成させ、生糸を一括購入させた

 →のち大坂江戸の商人も糸割符仲間に加わり、五カ所商人とよばれる

※ポルトガル商人の利益を排除するため(白糸(中国産の生糸)を長崎で販売し巨額の利益を得ていた)

 

2.東南アジアとの外交

朱印船貿易

朱印状(幕府発行の海外渡航許可証)をもった朱印船が東南アジア各地に進出

 →移住した人々により日本町がつくられる

 

ⅰ.朱印船を出した人々

・大名:島津家久有馬晴信

・商人:長崎の末次平蔵、摂津の末吉孫左衛門京都の角倉了以茶屋四郎次郎

 

山田長政…日本町の長の1人。タイのアユタヤ朝に重く用いられ、リゴール(六昆)の太守になるが、毒殺される

 

ⅱ.おもな貿易品

・輸入:生糸、絹織物、砂糖など

・輸出:・銅など

 ※日本の銀の輸出額は世界の銀産出額の3分の1に及んだ

 

3.鎖国政策

鎖国とは…キリスト教を禁止し、幕府が貿易の利益と海外情報を独占している状態

・鎖国という用語は、ドイツ人医師ケンペルの『日本誌』を、長崎通詞の志筑忠雄が『鎖国論』と翻訳したことで定着

 

①経緯

・1600年、オランダ船リーフデ号豊後に漂着

・1604年、糸割符制度の導入

・1609年、オランダ人に通商を許可

・1612年、禁教令:直轄領に発令

・1613年、禁教令を全国に及ぼす

・1613年、イギリス人に通商を許可

・1614年、高山右近をマニラに追放。その他の宣教師もマニラやマカオへ追放

・1622年、元和の大殉教:長崎で宣教師・信徒55名を処刑

・1623年、イギリスが平戸商館を閉鎖して退去(オランダとの競争に敗れる)

・1624年、スペイン船の来航を禁止

 

②鎖国令

ⅰ.寛永十年令:1633年

奉書船以外の日本船の海外渡航を禁止

 ※奉書老中が発行した許可証(老中奉書)のこと

 

ⅱ.寛永十二年令1635年

日本人の海外渡航および在外日本人の帰国を禁止

 →東南アジアの日本町の衰退

 

※1637年、島原の乱がおこる

 

ⅲ.寛永十六年令:1639年

ポルトガル船の来航を禁止

 

③鎖国の完成

・1641年、オランダ商館平戸から長崎の出島に移し、日本人との交流を禁止

 

鎖国政策の理由

・キリスト教の布教がスペイン・ポルトガルによる日本侵略につながることをおそれたため

・信徒が団結して一揆をおこすことを危惧したため

・西国大名が貿易で利益をあげ、経済力をつけるのを抑えるため

 

⑤鎖国下の長崎貿易

ⅰ.オランダ

キリスト教の布教はせず、貿易による利益のみを求めた

 ※出島に収容され、日本人との自由な交流は禁止

オランダ商館長カピタン)がオランダ風説書を幕府に提出

 →幕府は海外の情報を独占的に得る

 

ⅱ.中国

・幕府は明との国交回復に失敗。長崎で私貿易のみ継続

・明の滅亡後はと貿易

・1685年、貿易額を制限(オランダ船・清船とも)

・1688年、清船の来航を年間70隻に限定

・1689年、清国人の居住地を唐人屋敷に限定 

 

4.朝鮮との外交

①国交回復

・1609年、己酉約条:対馬藩主宗氏が朝鮮と締結

※秀吉の出兵以来途絶えていた国交を家康が回復

雨森芳洲:対馬藩に仕え、朝鮮との外交も担当

 

②貿易

・日本人施設の居留地として朝鮮の釜山に倭館を設置

 

通信使の来日

・朝鮮から新将軍の就任を祝うために来日。計12回

※1~3回の使節は回答兼刷還使として来日:文禄・慶長の役の捕虜の返還を目的

 

5.琉球王国との外交

①琉球征服

・1609年、薩摩藩の島津家久が琉球を征服

 

②琉球からの使節の来日

謝恩使:琉球国王の代替わりごとに来日

慶賀使:幕府の将軍の代替わりごとに来日

 

③二重支配

・琉球王国は尚氏を国王とする独立国として中国に朝貢。薩摩藩の支配も受ける

 

6.蝦夷地:アイヌとの交易

①交易

商場場所にて和人とアイヌが交易

 

②アイヌの蜂起

・和人の不正に対する不満が高まる

・1669年、シャクシャインの戦い

 →松前藩松前氏が鎮圧

 

場所請負制度

・和人商人が商場を請け負って交易

・運上金を上納

 

7.日本の外交秩序

①四口

対馬口朝鮮との外交の窓口

薩摩口琉球王国との外交の窓口

松前口アイヌとの交易の窓口

長崎口オランダとの貿易の窓口

 

②通信国

正式な国交があった国

朝鮮:対馬藩の宗氏が窓口

琉球王国薩摩藩の島津氏が窓口

 

③通商国

国交はなく貿易のみを行っていた国

オランダ:ともに長崎が窓口

続きを読む

幕府の機構、朝廷との関係、宗教政策

1.幕府と藩の機構

①幕府の財政基盤

・年貢:約400万石の直轄領(幕領天領)から

・鉱山:佐渡相川金山但馬生野銀山石見大森銀山など

・直轄地:江戸京都大坂長崎、堺など

 

②幕府の軍事力

直参:将軍直属の家臣で1万石未満

 →さらに旗本御家人に分かれる

将軍に謁見(お目見え)を許されるのが旗本、許されないのが御家人

 

・諸大名の負担する軍役

 

③職制

・3代将軍徳川家光のころまでに整備

ⅰ.将軍直属の役職

譜代大名から任命

大老:最高職だが臨時に設置

 ※10万石以上の譜代

老中:常置の最高職で幕府の政治を統括

 ※2万5千石以上の譜代

若年寄:老中の補佐、目付の指揮、旗本・御家人の監察

寺社奉行:寺社の監察。金地院崇伝の死去に伴い組織化

 

京都所司代:朝廷・公家の監察、西国大名の監察など

大坂城代:西国大名の監察など

 

ⅱ.旗本から任命

勘定奉行幕領(天領)の統治

 →下に郡代代官がいる

町奉行江戸町奉行):江戸市中の行政・司法を担当

大目付:老中の配下で大名の監察

目付若年寄の配下で旗本・御家人の監察

 

城代:大坂・駿府・二条城などの留守を預かる

 ※本来は将軍の城だが将軍は江戸にいるため

町奉行:京都・大坂・駿府町奉行など

 →各地の行政・司法を担当

遠国奉行奉行):長崎、日光、佐渡などの直轄地に設置された奉行の総称

郡代:関東郡代のほか美濃・飛驒にも設置。10万石以上の幕領を支配

代官:郡代とは別に、幕領の農村を支配

 

三奉行:寺社奉行、勘定奉行、(江戸)町奉行

 →うち寺社奉行が最高格

評定所:最高司法機関。三奉行・大目付らが合議。重要な訴訟などを担当

 

④大名の地方支配

:大名の領地と支配機構の総称

 

※各藩の統治方法の変化

地方知行制…領内の有力武士に土地を与え、その領民支配を認める方式

俸禄制度:藩の領内からの年貢を蔵米として武士に支給

※有力武士も城下町に集住し、家臣団として藩政を分担

 

2.幕府と朝廷

※幕府は京都所司代武家伝奏公家から2名)を通じて朝廷を統制

禁裏御料:天皇家の領地。必要最小限にとどめられた

 

①幕府と朝廷の関係

・1611年、徳川家康が幕府の権力を背景に後水尾天皇を擁立

・1615年、禁中並公家諸法度金地院崇伝が起草。天皇の学問専念など

・1620年、徳川和子東福門院)を後水尾天皇に入内させる

 ※2代将軍徳川秀忠の娘

 

紫衣事件:1627年

後水尾天皇が幕府の許可なく与えた紫衣を、幕府が取り上げた事件

 →抗議した大徳寺の沢庵を処罰 

禁中並公家諸法度違反が理由

紫衣:高徳の僧・尼に与えられる法衣や袈裟。朝廷の収入源でもあった

 

・紫衣事件後の1629年、後水尾天皇が譲位(幕府に相談なし)

女帝明正天皇が即位:後水尾天皇の子であり秀忠の孫

称徳天皇以来の女帝。江戸時代の女帝は他に後桜町天皇がいる

 

3.キリスト教対策

禁教令

・1612年、直轄領に発令

 →1613年、全国に及ぼす

 

②宣教師らの追放

・1614年、高山右近をマニラに追放

・その他の宣教師もマニラやマカオへ追放

 

元和の大殉教

・1622年、長崎で宣教師・信徒55名を処刑

→多くの信者は改宗するが、一部は隠れキリシタン潜伏キリシタン)として信仰を継続

 

島原の乱:1637年

・島原城主松倉氏と天草領主寺沢氏の圧政や、キリスト教徒弾圧に抵抗

天草四郎時貞益田時貞)を首領とする3万人余りの一揆

原城跡にたてこもる

→幕府は九州の諸大名や老中松平信綱を派遣して鎮圧

※乱後、幕府は絵踏を強化:イエス像・マリア像を彫った踏絵を踏ませる

 

4.寺社対策

寺院法度

・1601~1616年、宗派ごとに出された寺院・僧侶統制令の総称

 

②本末制度の確立

・宗派ごとに本山・末寺を設定し、地位を序列化

本山:その宗派の中心寺院

末寺:本山の統制下にある一般寺院

 

諸宗寺院法度

・1665年、①の寺院法度を各宗派共通にして発令

 

諸社禰宜神主法度

・1665年発令。神社・神職の統制

 

寺請制度(寺檀制度)の確立

・一般民衆を檀家として寺院に所属させ、キリシタンでないことを証明させる制度

宗門改め(禁教目的の信仰調査)を実施。宗門改帳宗旨人別改帳)が作成された

→目的:キリスト教日蓮宗不受不施派の信仰禁止を徹底させるため

続きを読む

幕藩体制の成立(標準)

1.徳川家康の江戸入城

・1590年、北条氏滅亡後、豊臣秀吉の命により江戸に移る

・豊臣政権下では五大老筆頭、250万石の大大名であった

 

2.関ヶ原の戦い

①開戦

・1598年、豊臣秀吉が死去

徳川家康(東軍総大将)と五奉行の石田三成(西軍)の対立

→1600年、関ヶ原の戦いで激突

東軍の勝利

西軍の総大将は毛利輝元(参陣せず)

 

②戦後処理

ⅰ.西軍諸大名

・処刑:石田三成小西行長

改易(領地没収):西軍諸大名93家・506万石

 ※宇喜多秀家は改易後、八丈島に配流

減封(領地削減):毛利輝元(120万石→37万石)、上杉景勝(120万石→30万石)

 

ⅱ.東軍諸大名

・西軍から没収した領地を配分し、譜代大名の創出へ

 →幕府要職への就任など、幕藩体制の基礎となる

 

3.江戸幕府の成立

・1603年、徳川家康後陽成天皇により征夷大将軍に任命され、江戸幕府を開いた

・各国に国絵図郷帳の作成・提出を命じる

・1605年、家康の三男・徳川秀忠が2代将軍になる

 →家康は駿府に引退。大御所(前将軍のこと)とよばれ実権を握り続ける

 

4.豊臣氏の滅亡

※江戸幕府成立後の豊臣氏

豊臣秀頼:秀吉の子。摂津・河内・和泉60万石の一大名として存続

 

大坂の役

ⅰ.開戦の口実

方広寺鐘銘問題:豊臣家が再建した京都方広寺の鐘銘について、徳川家康が問題視

※鐘に刻まれた「国家安康」の文言を「家康を切り裂いている」などと追及

 

ⅱ.大坂冬の陣:1614年

・和議が結ばれる

 

ⅲ.大坂夏の陣:1615年

・豊臣秀頼の自害。豊臣家の滅亡

元和偃武とよばれる平和な時代へ

 

5.大名・朝廷の統制

①大名の統制

ⅰ.一国一城令:1615年

・大名の居城を1つに限らせる。領内にあるその他の城は全て破却

 

ⅱ.武家諸法度(元和令):1615年

・家康が南禅寺の金地院崇伝に起草させ、2代将軍徳川秀忠の名で発布

 

※以後、各将軍が武家諸法度を発布

→3代家光:寛永令、4代家綱:寛文令、5代綱吉:天和令

 

ⅲ.軍役

・各大名が主君である将軍に対して負う軍事的な負担

 →石高に応じて負担させた

普請役(お手伝い普請):平時の軍役として、城の修築や河川の工事などを負担

 参勤交代も軍役

 

②朝廷の統制

ⅰ.禁中並公家諸法度:1615年 

金地院崇伝が起草

・内容:天皇は学問を第一とする、など

 

ⅱ.京都所司代

・幕府の役職。朝廷の監視など

 

ⅲ.武家伝奏

公家から2名選出

・朝廷と幕府の連絡係

 

有力大名の改易

ⅰ.福島正則

・1619年、2代秀忠のとき、武家諸法度違反を理由に改易(安芸の広島城を無断で修理)

※福島正則は豊臣秀吉の武将の1人で、石田三成と対立。関ヶ原の戦いでは東軍で参陣

 

ⅱ.加藤氏

・1632年、3代家光のとき、肥後の加藤忠広を改易

加藤清正(豊臣秀吉の武将)の子

 

6.徳川家光の政治

※3代将軍(在職1623~51年)

・1632年、肥後の加藤氏を改易

 

・1635年、武家諸法度寛永令の発布:参勤交代の制度化

→大名は在府(江戸)1年・在国1年、大名の妻子は人質として江戸に在住

 

・1637年、島原の乱の発生

 →1639年、ポルトガル船の来航を禁止

 

7.幕藩体制

・強力な領主権を持つ将軍と大名(幕府と藩)が土地と人民を統治する支配体制

 

①大名の種類

大名…将軍と主従関係を結んだ1万石以上の武士

 

ⅰ.親藩

・徳川氏の一門

・親藩のなかでも三家が最高の格式(将軍家の血筋が絶えた場合、将軍を輩出)

三家尾張藩紀伊藩水戸

※三家はいずれも家康の子が祖となった

 

ⅱ.譜代大名

・三河以来の家臣(家康が三河の一大名の時代からの家臣)が大名に取り立てられたもの

・石高は少ないが全国の要地に配置

・幕府の要職にも譜代大名から就任 

井伊家彦根藩が最高の35万石

 

ⅲ.外様大名

・関ヶ原の戦いの頃から徳川氏に従った大名

・石高は多いが遠隔地に配置。幕府の政治には参加できない

前田家加賀藩(約100万石で最高)

島津家薩摩藩、伊達家の仙台藩など

 

続きを読む

豊臣秀吉(標準)

豊臣秀吉の全国統一過程

※豊臣姓を賜わる前は羽柴秀吉

 

1.天下統一までの道のり

①山崎の合戦

・1582年、山城の天王山で明智光秀を破る

→織田信長の後継者争いに名乗りをあげる

※信長死去の知らせを受け、毛利氏と和睦を結びすぐに引き返した

 

賤ヶ岳の戦い

・1583年、織田信長の最大の重臣柴田勝家を近江で破る

 →秀吉が信長の後継者の地位を確立

 

大坂城の築城

・1583年~、石山本願寺の跡地に建設。1588年完成

 

小牧・長久手の戦い

・1584年、徳川家康・織田信雄(信長の次男)連合軍と尾張で戦い、和睦

 

四国平定

・1585年、長宗我部元親を降伏させる

→四国全土を支配していた長宗我部氏は土佐一国のみ安堵

 

関白就任 

・1585年、正親町天皇から任命、全国の支配権を委任される

 

惣無事令

・1585年、関白就任後に発令。戦国大名に停戦を命令

 

豊臣の姓を与えられる1586年

太政大臣に任じられる:1586年

後陽成天皇から任命 

 

九州平定

・1587年、惣無事令に従わなかった薩摩の島津義久を降伏させる

 

小田原攻め

・1590年、最後まで抵抗し続けた北条氏北条氏政)を滅ぼす

 

奥州平定

・1590年、東北地方の諸大名(伊達政宗など)も服属

全国統一を達成

 

2.豊臣政権の確立

①天皇権威の利用

・1588年、京都の聚楽第後陽成天皇を招く

 →諸大名に天皇と秀吉への忠誠を誓わせる

 

②経済基盤

ⅰ.蔵入地

・秀吉の直轄領。約220万石

 

ⅱ.主要鉱山の直轄化

佐渡相川金山、石見大森銀山、但馬生野銀山など

天正大判の鋳造:贈答用に使用か 

 

ⅲ.主要都市の直轄化

京都大坂、伏見、長崎、博多など

 →豪商の経済力を利用

・おもな豪商:堺の千利休・小西隆佐、博多の島井宗室・神屋宗湛

 

③政権組織の整備

※秀吉は晩年に独裁体制を転換

 

ⅰ.五奉行

・事務官僚としての役割

浅野長政増田長盛石田三成前田玄以長束正家

 

ⅱ.五大老

・有力大名。五奉行の顧問役

徳川家康前田利家毛利輝元宇喜多秀家上杉景勝

※徳川家康が五大老筆頭

※はじめ小早川隆景も含め大老は6人いたが、その死後五大老となる

 

3.検地と刀狩

太閤検地

・秀吉は征服した大名の領地で検地を実施

 

ⅰ.土地面積の単位を統一

・町・段・畝・歩とした

→1町=10段、1段=10畝、1畝=30歩(1段=300歩

 

・検地では6尺3寸の棹を使用。6尺3寸四方を1歩とした

※それまでは6尺5寸四方を1歩とし、1段=360歩だった

 

ⅱ.枡の容量を統一 

京枡を採用

 

ⅲ.石高制

・村ごとに田畑・屋敷地の面積や等級を調査

 →石盛…等級化された土地1段あたりの生産力

石高…その土地の生産高を米で表したもの

石高制の確立:全国各地の生産力が米の量で換算されるようになった

 

検地帳…検地の結果を記録した土地台帳

→1591年、全国の大名に対し、検地帳御前帳)と国絵図の提出を命じる

・以後、各大名は支配する領地の石高に見合った軍役を負担する体制へ

 

ⅳ.一地一作人の原則の確立

・検地帳に実際の耕作者(農民)と屋敷地を記録し、1つの土地に1人の耕作者と定めた。耕作者が石高に応じた年貢を負担する

二公一民:年貢の納入額。石高の3分の2を領主に納入

村請:年貢納入は農民1人1人ではなく、村でまとめて納入

※1つの土地に対する複雑な権利関係や中間搾取が否定され、荘園制は完全に解体

 

刀狩

・1588年、秀吉が刀狩令を発令して実施

・農民から鉄砲などの武器を取り上げた

・理由・目的:一揆を防止し、農業に専念させるため

 

人掃令(身分統制令)

ⅰ.1591年に発令

・秀吉が発令

・身分・職業の変更を禁止

 

ⅱ.1592年に発令

・関白豊臣秀次が発令

→朝鮮出兵の人員確保のため

※1591年12月、秀吉は甥で養子の秀次に関白職を譲った

→以後、秀吉は太閤(前の関白の意味)とよばれるように

 

兵農分離

・兵・町人・百姓などの職業にもとづく身分が定められたこと

※検地・刀狩・人掃令(上の①~③)などで完成

 

4.秀吉の対外政策

①キリスト教政策

ⅰ.バテレン追放令

※バテレン:宣教師のこと

・1587年、九州平定後、博多で発令

 ※キリシタン大名の大村純忠が長崎をイエズス会に寄進したことがきっかけ 

・大名の入信を許可制にし、宣教師を国外追放

・信仰を捨てなかった播磨国明石城主高山右近の領地を取り上げ

・一般人の信仰は禁止せず

 

ⅱ.サン・フェリペ号事件:1596年

・土佐に漂着したスペイン船サン・フェリペ号の乗組員の失言がきっかけ

26聖人殉教:長崎にて宣教師・信者を処刑

 

海賊取締令

・1588年、刀狩令と同日に発令

倭寇後期倭寇などの海賊行為を禁止

 

③朝鮮侵略 

・秀吉は東アジアの新しい国際秩序の構築をめざす

高山国(台湾)、ゴアのポルトガル政庁、マニラのスペイン政庁などに服属・入貢を要求(失敗)

・明に出兵するため、対馬の宗氏を通して朝鮮に入貢と協力を要求

→拒否されたため、朝鮮に2度にわたり出兵

 

ⅰ.文禄の役1592年

・秀吉は肥前の名護屋に本陣を築く

小西行長加藤清正らが渡海して戦う

・はじめ日本側の有利、やがて不利に

 ※李舜臣の率いる朝鮮水軍(亀甲船など)、朝鮮義兵、明の援軍に苦戦

・講和のために一時休戦へ

 

ⅱ.慶長の役:1597年

・明との和平交渉が決裂し、再度出兵へ

・1598年、豊臣秀吉の死去とともに撤兵 

壬辰・丁酉倭乱:2度の戦いの朝鮮での呼び方

続きを読む

織田信長(標準)

織田信長の統一事業

※生没年:1534~82年

・織田氏は尾張の守護代から戦国大名に成長

・信長の父は織田信秀

 

1.信長の事績

桶狭間の戦い

・1560年、駿河・遠江・三河を支配した今川義元を破る

 

美濃を平定

・1567年、斎藤竜興を追放して稲葉山城を奪う

岐阜城と改名してここを拠点とする

※この頃から「天下布武」の印判を使用し、武力による天下統一の意思を示す

 

③上洛

・1568年、足利義昭を奉じて京都に入り、15代将軍に就かせる

 

姉川の戦い

・1570年、近江浅井長政越前朝倉義景の連合軍を近江の姉川で破る

 

室町幕府を滅ぼす

・1573年、15代将軍足利義昭を京都から追放

 

長篠合戦

・1575年、三河の長篠において、甲斐武田勝頼を破る

武田信玄は1573年に死去。勝頼はその息子

足軽鉄砲隊と馬防柵を用いた戦法で、武田氏の騎馬隊に勝利

※同盟を結んでいた徳川家康との連合軍で戦う

 

安土城を築城

・1576年、近江の安土(琵琶湖のほとり)に壮大な城を築く

→天下統一のための本拠地とする

 

天目山の戦い

・1582年、甲斐の武田勝頼を破り、武田氏を滅ぼす

 

本能寺の変

・1582年、京都の本能寺で家臣の明智光秀の謀叛にあい自害

※中国地方の毛利氏征討を控えて本能寺に滞在していた

 

2.信長の都市政策

関所の撤廃:交通の障害となっていたため。自由な通行を認める

楽市・楽座:安土城下町に楽市令を発し、商工業者に自由な営業活動を認める

・全国随一の経済力をもつ自治都市を直轄領とする

 

3.信長の宗教政策

・キリスト教には好意を示し、積極的に保護

・抵抗する仏教勢力には弾圧

 

延暦寺焼打ち:1571年

・浅井・朝倉氏と結んで敵対したため

 

②一向一揆との対抗

石山本願寺を頂点とする浄土真宗の寺院や、寺内町を拠点とする一向一揆と対抗

 

・1574年、伊勢長島の一向一揆長島一向一揆)を平定

・1575年、越前の一向一揆を平定

 

1580年、石山戦争石山合戦)終結

→争っていた本願寺の顕如光佐)が屈服し石山を退去

 ※正親町天皇の仲介 

続きを読む